毎日スキルアップ通信

毎日スキルアップ通信(2018-12-13)

======================================
毎日スキルアップ通信(平日日刊)
           2018年12月13日(木)

        中小企業診断士 川野圭介
【毎日スキルアップ通信Facebookページ】
 https://goo.gl/hJZpB5

『毎日スキルアップ通信アーカイブ』
 https://archives.mag2.com/0000130996/
======================================

11月のテーマ【ノート術】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第9回
『結局、アウトプットが最強の武器である』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「AIによる仕事消滅時代と言われる現代、人は
 ますます一人では生きていけなくなります。
 日々、仕事に追われているうちに、AIに職を
 奪われ、寂しく人生を終えるのか。それとも、
 人間らしく生き方を謳歌できるのか、あなたの
 これからの人生はアウトプットの有無で決まり
 ます」

 こう話すのは、35年間、ソフトウェアエンジニ
アとして活躍する一方、15年ほど前からブログや
講演によってネットとリアルの両方で積極的に
アウトプットを続けてこられた中島聡さんです。

 中島さんはブログを始める前までは地道に働く
一人のエンジニアでした。

 中島さんが「ウィンドウズ95を作った日本人」
として知られるようになったのは自らがブログで
発信するようになったからです。

 別に有名になろうと思ってブログを始めたので
はありません。

 15年ほど前、シアトルから家族向けにブログを
書き始めたのですが、ふと、プログラミングのこ
とが書きたくなり「日本語とオブジェクト指向」
というタイトルの記事を書いたら、それがエンジ
ニアたちの間で大評判になってしまったのです。

 ソフトウェアの世界に「オブジェクト指向」と
いう考え方があるのですが、それをわかりやすく
説明したのが、エンジニアたちの目にとまったの
です。

 結果として、中島さんがマイクロソフトでウィ
ンドウズ95の開発者として関わっていたことを
世の中に知らしめることになりました。

 その頃エンジニアたちの間では、はてなブック
マークというSNSサービスが流行っていました。

 中島さんのブログが人気エントリーとして評価
され、大勢の人に読まれるようになりました。

 中島さんはマイクロソフト時代の自分の仕事を
知ってもらおうと「Windows95と地上の星」を書き
ました。

「Windows95と地上の星」
 https://satoshi.blogs.com/life/2006/04/windows95.html

 その当時に書いた大量のブログ記事によって、
ソフトウェア業界の人の間で、中島さんを知らな
い人はほとんどいなくなりました。

 ブログによって技術者一辺倒であった中島さん
のその後の人生は大きく変わります。

 日本でビジネスを立ち上げる際は、ブログを
リクルーティングの道具として使うことができ
ました。

 ブログの存在が、中島さんにとって強力な武器
になったのです。

 ブログを書き続けるために、以前よりはるかに
多く、それも頻繁に勉強もするようになりまし
た。

 常に新しい知識を吸収し、それを自分なりに
消化し、独自の解釈を加えてこそ、読む人にとっ
て価値のある記事を書けるからです。


 アウトプットといっても、世の中に溢れるアウ
トプットもどきといっしょにしてはいけません。

 アウトプットもどきは、たとえば、単にネット
から集めてきた情報をそのままアウトプットした
り、浅い意見だけを加えただけの付加価値が存在
しない記事です。

 アウトプットする際に重要なことは、インプッ
トのときにできるだけ生の情報を直接受けること
です。

 自分から生の情報に触れ、それに基づいた自分
なりの解釈をする。このプロセスを繰り返すこと
がアウトプットの本当の姿なのです。

 まがい物のアウトプットを続けていると、AIの
実力を前に、足元にも及ばなくなるでしょう。

 速報性や素早いデータ分析をもとに記事を書く
という分野は、すでにAIに代替されようとしいま
す。

 AI記者ならほんの一秒もかからず、SNS上に
アップされた事件や事故、災害などの情報を
まとめ記事にして発信してくれるでしょう。

 だからこそ中島さんは、情報に自分なりの
解釈を加え、わかりやすく伝えるようにして
います。

 ブログは、パーソナルブランディングとしての
役割を果たしてくれます。

 つまり、単に会社や商品を知ってもらうのでは
なく、あなたという存在そのものを多くの人に知
ってもらい、そして信頼されることで、あなたが
会社や商品について話すことに耳を傾けてくれる
ようになるのです。

 せっかく良い仕事をしていても、誰にも知られ
ていない人(いわゆる「地上の星」)はたくさん
います。

 何が違いを分けるかというと、アウトプットで
きるかできないかにかかっているといってよい
でしょう。

 アウトプットをしていくそのプロセス自体が
ものすごく勉強になります。

 アウトプットをすることで、自分自身が成長し
ていきます。


 アウトプットに「作文」は欠かせません。
 日本人の多くはこの作文が好きではありませ
ん。

 日本の国語授業では、子どもたちに詩や小説を
読ませ、感想文を書かせます。

「自分で見たこと、感じたことを素直に書きなさ
 い」と指示されます。

 支持された子どもの馬鹿ではないので、ひと言
「別に何も」と本音は書けないので、いかにも
先生受けするような忖度をしてしまいます。

 そのうち、だんだん作文が苦手になり、国語が
嫌いになります。

 そもそも文章は、感想や感情ではなく、情報を
伝える道具であるという教え方をすると、国語を
好きになる子どもたちは増えるはずです。

 たとえば「ランドセルとは何か、見たことがな
い人に説明する文章を400字以内で書け」といった
描写力を求めるような出題をすると、子どもたち
の目はいきいきしてくるのではないでしょうか。

 アウトプットの大前提として、文章は道具で
あり、わかりやすく書くことを心がけてくださ
い。文章は自然に上達するということです。

 もっと大事なのは、「この情報を伝えたい」と
いう「熱」をもつことです。

 まず、「ハマれること」を見つけましょう。



参考図書
『結局、人生はアウトプットで決まる』
 中島聡
 1,512円(実務教育出版 2018.9.22)
 https://amzn.to/2GmUkhQ



---------------------------------------------
【新刊紹介】
 『医者が教える食事術 最強の教科書』
 牧田善二 1,620円
 (ダイヤモンド社 2018.11.9第22刷)
 https://amzn.to/2G2iAFY
---------------------------------------------

 「あいつはしょっちゅう食べてる」と言われる
人があなたの周りにもいると思います。

 食いしん坊のように言われますが、実は、しょ
っちゅう、ちょこちょこ食べている人の方が太ら
ないのです。

 空腹時にどかんと食べたりすることを繰り返し
ていると、血糖値が急激に上がり下がりをする
ようになり、太る原因となるのです。

 ほんとうは1日3食ではなく、5食、6食に分けた
方がいいのです。


 疲れたときは甘いものを食べると回復すると
いうのが世の中の共通認識のようです。

 たしかに甘いものを食べると一瞬だけ幸せな
気分になれます。

 糖質摂取で急激に上げた血糖値は急激に下がり
ます。

 血糖値が急激に下がると、いらいら、吐き気、
眠気など、さまざまな不調を呼びます。

 疲れをとるために甘いものを口にしたのに、
かえって疲れてしまのです。


 発がん性の食べ物があります。
 どの食べ物に発がん性があるかは、実はよく
わかっていないという現実があります。

 食べ物の発がん性については、何十年もかけた
私たち消費者による"壮大な人体実験"によって、
ようやく明らかにされるものなのです。

 その"壮大な人体実験"によって、ハム、ソーセ
ージ、ベーコンなどの加工肉に発がん性があるこ
とがWHO(世界保健機構)の発表で明らかにな
りました。

 だからといって、販売に規制がかかわることは
なく、あくまで消費者の自己判断にまかせられて
います。

 疑わしきは避けるという考え方をするのがいい
でしょう。


 糖質を食べれば血糖値が上がりますが、食後
すぐに運動すると、その上昇を抑えることができ
ます。

 だから、運動は食後に行うことが効率的です。

 かっては、食後は消化のためにゆっくり休めと
言われていたものですが、そもそも、食後にゆっ
くり休まなければいけないほど一度にたくさん
食べるべきではありません。

 血糖値が大きく上昇しないよう「腹七部目」を
心がけてください。


 パンやパスタなどの糖質にオリーブオイルを
加えることで、血糖値の上昇が抑えられます。

 ただし、その品質にこだわる必要があります。

 エキストラバージンオリーブオイルのみOK
としましょう。


 クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼ
ルナッツ、ビスタチオ等々、ナッツ類にはビタミ
ン、ミネラル、植物繊維、不飽和脂肪酸など体に
いい成分が詰まっています。

 糖尿病や心疾患をはじめ、様々な病気を予防し
長生きできる食べ物といえます。

 ただ、なるべく無塩のものを選びましょう。
 また、防かび剤などの添加物の少ないものを選
びましょう。


ご意見・ご要望
はこちらからから
⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S55648344/

コメント紹介者の中から今週紹介する新刊を抽選
で1名様にプレゼントします。



-------------
編集後記
-------------
仕事関係の人から、クイーンの映画「ボヘミアン
・ラプソディ」は絶対観るべきだと薦められまし
た。ご自身は今度3回目を観に行くそうです。
「川野さんたちの年代にピッタリの映画」とも
言われました。妻も同じように別の方から薦めら
れたそうです。私も妻もどちらかというと邦楽
専門でカラオケでもフォーク、歌謡曲、演歌が
中心なので、そもそも理解できるのか、どうか
・・・若い人に受けているということなので・・
自分たちに合うかどうか・・でも、考えてみれば
この歳で「ラ・ラ・ランド」を観て、体が震える
ほど感動したので、感受性だけは自信がありま
す(笑)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【毎日スキルアップ通信】

       今日も一日いい日でありますように^^

  ぐ)    メールアドレス
   ( ヲ kou の後に @johou.net を付けてね
     
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『登録:解除』
まぐまぐ 
http://archive.mag2.com/0000130996/index.html

毎日スキルアップ通信

発行周期: 平日日刊 最新号:  2018/12/13 部数:  11,886部

ついでに読みたい

毎日スキルアップ通信

発行周期:  平日日刊 最新号:  2018/12/13 部数:  11,886部

他のメルマガを読む