知っててよかった!人事・労務の落とし穴

知っててよかった!人事・労務の落とし穴 第46号


カテゴリー: 2010年02月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□    「知っててよかった!人事・労務の落とし穴」
■□■    2010/2/10--第46号 発行:696部
■□■     ~会社のトラブルを未然に防ぐためのメルマガ~
■□■    ~誰にでもできる!健全な労使関係を応援します~
高田社会保険労務士事務所:http://www.office-takada.biz/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



【初めてこのメルマガをお読みになられる方へ】
「小さなトラブルは小さなうちに解決しよう」という
趣旨で配信しています。

ちょっとしたことでも知っているかどうか、そこから
行動に移せるかどうかが、後になって大きな差と
なってきます。

ご相談の依頼に関してはフットワークを重視して
います。

安心設定のお見積りです。お気軽にどうぞ。


★高田社会保険労務士事務所のサービス、
 パーソナリティはこちら!
 → http://www.office-takada.biz/


【目次】
 ・育児介護休業法の準備は万全ですか?
 ・体験レポート~ESクレドの作成 その3~

--------------------------------------------------------------------
1.育児介護休業法の準備は万全ですか?
--------------------------------------------------------------------



育児・介護休業法が改正されました。
主な改正規定は、6月30日から施行されます。

ただし、常時100人以下の労働者を雇用する中小企業
について、下記の(1)(2)(7)の項目は、
平成21年7月1日から3年以内の政令で定める日から
施行されます。


少子化対策の観点から、仕事と子育ての両立支援を
進めるために、働きやすい雇用環境を整備するのが
改正の目的です。


では、育児介護休業法の改正のポイントを見て
いきましょう。


(1)短時間勤務制度が義務化されます

 3歳までの子を養育する労働者が希望すれば利用
 できる短時間勤務制度(1日6時間)を設ける必要が
 あります。


(2)所定外労働(残業)の免除が義務化されます

 3歳までの子を養育する労働者は、請求すれば所定
 外労働(残業)が免除されます(労使協定により
 対象外とされた労働者を除く)。


(3)子の看護休暇が拡充されます

 休暇の取得可能日数が、小学校就学前の子が1人で
 あれば年5日、2人以上であれば年10日になります。

 さらに、
  ・子に予防接種を受けさせること
  ・健康診断を受診させること
 が、看護休暇の取得事由に加えられました。


(4)パパ・ママ育休プラス

 母(父)だけでなく父(母)も育児休業を取得する
 場合、休業可能期間が1歳2ヵ月に達するまで延長
 されます。


(5)父親について2度目の育児休業取得が可能になります

 配偶者の出産後8週間以内の期間内に、父親が育児
 休業を取得した場合には、特別な事情がなくても、
 再度の取得が可能になります。


(6)労使協定による専業主婦(夫)除外規定が廃止されます

 専業主婦(夫)家庭の夫(妻)を含めて、すべての
 労働者が育児休業を取得できるようになります。



(7)介護休暇が新設されます

 労働者が申し出ることにより、要介護状態の対象
 家族が1人であれば年5日、2人以上であれば年10日、
 介護休暇を取得できるようになります(労使協定に
 より対象外とされた労働者を除く)。


(8)その他

 育児休業申出・撤回、所定労働時間の制限・時間外
 労働の制限や介護休業の申出などの方法について、
 書面のほか、事業主が適当と認める場合は、ファッ
 クスや電子メールによる送信(書面として打ち出せ
 るものに限る)が認められるようになります。


●さらに詳しく知りたい方は、こちらを見てください。
→ http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/07/dl/tp0701-1p.pdf
※厚生労働省ホームページ


育児休業や介護休業は労働者の権利ではありますが、
「休みを取れて当たり前」ではなく、「ありがとう」
と「感謝」の気持ちを持つ社風を作っていくことも
大切だと思います。

そうした社風作りには、「ESクレド」を活用した組織
作りがとても有効です。


●ESクレドについては、こちらを見てください。
→ http://www.office-takada.biz/jinji/credo.html


●就業規則全般を見直したいとお考えの方は、こちらを見てください。
→ http://www.office-takada.biz/kisoku/04-kisoku.html




--------------------------------------------------------------------
2.体験レポート~ESクレドの作成 その3~
--------------------------------------------------------------------


前回のメルマガで、ESクレドの作成現場をお伝えし
ました。今回はその続きです。


●ESクレドとは?

「ESクレド(Credo)」とは、経営理念(企業理念)
を実現する経営方針を実行するために、従業員が日常
で常に意識しておくべき行動指針、行動基準、考え方
です。

千代田図書館といった公共施設やジャパネットたかた
さんでもクレドを活用しています。


●ESクレド作成現場 2日目 第3ステージ

<前回のおさらい・・・成功体験記とは?>

ESクレド作成に当たり、皆さんに、4つのテーマで
作文を書いてもらいます。

4つのテーマうち1つを紹介すると「私が仕事を
通して感動したちょっといい話」があります。


第1日目に皆さんに書いてもらった成功体験記から
心に残る言葉を抜き出してもらい、それをフセン紙に
書いていきました。

一つのキーワードにフセン紙一枚を使用することが
ポイントなのですが、キーワードが書かれたフセン紙
がみるみるうちに増えていきます。

次のステップとして、たまったフセン紙の似たもの
どうし集めて模造紙に整理していきます。

皆さん、わいわいがやがや、楽しそうにワークをして
いました。

こうして10個程度のグループが出来上がりました。



●ESクレド作成現場 2日目 第4ステージ

いよいよESクレド作成も最終段階です。

第3ステージで出来上がったグループを文章化して
いきます。

文章化といっても、難しいことはありません。

基本的には、皆さんから書いてもらった「成功体験
記」の言葉をそのまま使っていきます。

文章を読んだ人が、どういう行動をするのか、また、
どういう行動をとってほしいのか、そのストーリーを
考えて作成するのがポイントになります。


このようにして、ESクレドが完成しました。


ESクレドが完成・・・ これですべて終わりではありま
せん。

ESクレドとは、経営理念を実現するための行動指針に
なるものですから、実際に使いこなしてこそ、価値が
あります。

そのためには、まず、会社内に周知するために
発表会を行ったり、朝礼や人事考課で活用するなど
日々使っていくことが大切なのです。

自社でどのようにESクレドの活用を図っていくか、
皆さんで話し合って、ESクレドの研修は終了しました。


●人事考課制度については、こちらを見てください。
→ http://www.office-takada.biz/jinji/es-jinji.html




--------------------------------------------------------------------
【編集後記】
--------------------------------------------------------------------


最後までお読みになっていただきありがとう
ございます。今回のメルマガは皆さまのお仕事の
お役に立ちましたか?


新年から毎朝、玄関掃除をしています。
当たり前のことですが、掃除をすると、汚れていた
ものがきれいになってきます。

そうしたきれいになった様子を見ているうちに、
「これが本来の姿なんだ」としみじみ思うようになり
自身もゴミで覆われないように、本来の姿でいられる
ようにと思えてきます。

また、色んなとこころを掃除したくなってきたりと、
だんだん行動に変化が現れてきます。

整理整頓が苦手な方は、まず、玄関掃除から始めて
みるのがよいかもしれませんね。



それでは、また次回お目にかかりましょう。

★ご意見・ご感想などありましたらお気軽にメール
して下さい。
 → info@office-takada.biz



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 *発行人      :社会保険労務士 高田順司
 *関連HP     :http://www.office-takada.biz/
 *子供しゃろうし教室:http://www.geocities.jp/srosigoto/
 *税理士紹介    :http://www.expert-net.co.jp/g/takada/
 *E-MAIL      :info@office-takada.biz

 ★私のプロフィールはこちらです
   → http://www.office-takada.biz/profile/index.html

このメルマガは転送自由です。しかし、掲載された
記事の内容を許可なく転載することを禁じます。
ご一報下さい。

掲載された情報を独自に運用されたことにより、
何らかの不都合が生じた場合、当事務所は責任を
負いかねます。あらかじめご了承下さい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■購読・解除はご自身でお願いいたします。
こちらから出来ます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000130731.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

知っててよかった!人事・労務の落とし穴

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/06/01
部数 459部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知っててよかった!人事・労務の落とし穴

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/06/01
部数 459部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング