ペットフード博士になろう!!

ペットフード博士になろう!! 第回

カテゴリー: 2007年10月26日
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

      ペットフード博士になろう!!  第57回 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
http://www.pet-ann.net

目次
1.『ありがとう』を猫さんに
2.ジェモセラピーがついに登場
3.イベントのお知らせ
4.アン.より新商品のお知らせ

★───────────────────────────────
   1.『ありがとう』を猫さんに
☆───────────────────────────────

先日、友人の猫ちゃんが亡くなりました。 
彼女はどうしていいか分からなかったそうですが、ホリスティックの獣医
さんに最期を看取るための優しいアドバイスをもらっていた事が心の支え
になったそうです。 

それは・・・ 
『最期は、苦しそうにしていたら、痙攣とかしていたら、そばにいて、
そっと手を添えて大丈夫だよって声をかけてあげたらいい。
そばにいてあげればいい、声をかけてあげればいいんだよ。』 
という事だったそうです。 
その獣医さんのメッセージは優しさに溢れていたそうです。 

そしてこんなメッセージも・・・。 
『私は人より多くの動物の死に立ち会っていると思いますが、いつでも満足
してお見送りできるわけではありません。
特に現代治療しか選択がなかった頃は、もっとしてあげる事がなかったかと
悔やんでいたような気がします。 
病院で死を迎える子達は、本当にかわいそうでなりません。 
皆帰りたがっている事がわかってしまうからです。』 

この最期の言葉が心に突き刺さりました。 
 『皆帰りたがっている・・・。』 
ワンちゃんも猫ちゃんも出来るなら最期はお家にいたい。
飼い主さんと一緒にいたいですよね。 

『ありがとう』の挨拶もしたいだろうし、優しい言葉もかけてもらいたい、
なでてもらいたい。 

その日は1日でも遠い方がいいけれど、その日がきたらしっかりと受け止めて
見守ってあげる事が大切だと改めて思いました。 

私の最初の猫、チロは病院から亡くなったと連絡を受けました。 
次の猫ミルクは自分で外に出て、逝ってしまいました。 
溺愛していたアンは、私のいない間の交通事故でした。 

今いるショーンとチャーリーは1日も長く生きて、寿命をまっとうして欲しい。 
そして最後に『ありがとう』を言わせて欲しい。 

友人の猫ちゃんは笑顔で虹の橋を渡っているのでしょう。 
大好きな人に見守られて、しあわせだったと思います。 


★───────────────────────────────
  2.ジェモセラピーがついに登場
☆───────────────────────────────

【ジェモセラピー】って何?
ジェモセラピーは1950年にベルギーで研究が始まり1971年にフランスで
発表されて以来、四半世紀にわたりヨーロッパの人間医療の過程で役立てている
ものです。
米国の獣医師Dr.Blakeにより動物に対する自然療法として推奨され、
日本では、先進的な獣医さんがペットに活用しているサプリメントです。

簡単に言うと植物の新芽のエネルギーです。
植物の力を借りて体の中を浄化します。

まだ日本では、ほとんど知られていませんが、ホメオパシーの一つの新しい
カテゴリーに含まれる治療法です。
ジェモセラピーはホメオパシーの解毒を特に強化したものと考えてください。

ジェモセラピーには目的別に3つの製品があります。
 ・腎臓、肝臓用に【コモンジュニパー】
 ・靭帯、骨用に【ワイルドウッドヴァイン】
 ・神経用に【ライムツリー】

新芽の力を是非、お試しください。

ワンちゃんのページからはこちらへ。
http://www.pet-ann.net/dog/food/supplement/index.html#11

猫ちゃんのページからはこちらへ。
http://www.pet-ann.net/cat/food/supplement/index.html#08


★───────────────────────────────
   3.イベントのお知らせ
☆───────────────────────────────

今ですね、ホリスティックケアカウンセラーを受講中なんですが、そちらの
事務局よりお知らせがありました。
貴重なイベントがありますのでお知らせ致しますね。
HCCと言うのは受講生の事ですので、ご了承ください。
ご興味のある方は是非どうぞ。

=================================================================

シェリル・シュワルツ先生が来日します。
 「食と健康維持」をテーマに腎臓と各臓器の関わりを考える、体・精神や
心に起こるストレスを助ける方法、マッサージテクニックなどホリスティック
ケアの内容が盛りだくさん。

 ▼シェリル先生の詳しいプロフィールはこちら
 http://www.petpatties.com/seminar/profile.html

 ■日時および場所(東京)
 日時:2007年12月1日(土)・2日(日)10:00〜16:30
 会場:東京都港区「建築会館ホール」
    (東京都港区芝5-26-20)
 講師:シェリル・シュワルツ先生

 ■日時および場所(神戸)
 日時:2007年12月8日(土)・9日(日)10:00〜16:30
 会場:「神戸動植物環境専門学校」
     (兵庫県神戸市東灘区向洋町中1-16)
 講師:シェリル・シュワルツ先生

 ■受講料
  一般.〈1日〉15,000円、〈2日間通し〉26,000円
  HCC生〈1日〉13,000円、〈2日間通し〉23,000円

 ▼HCC生専用のお申込みフォームはこちら
 https://www.hcced.jp/seminar/login.php

<参考図書>
 犬・猫に効く指圧と漢方薬―ふれるだけでペットが喜び、元気になる(著)
 シェリル シュワルツ

=================================================================

動物の統合医療の第一人者として豊富な経験と知識を持つアレン先生の来日
セミナーが東京で開催されます。

西洋と東洋の考えを統合したホリスティック・アプローチで人と動物との深い
絆を作り上げる方法が学べます。
「動物を癒し、動物に癒されるホリスティックケア」を知ることのできるまた
とないチャンスです!

 ▼アレン先生の詳しいプロフィールはこちら
 http://www.hcced.jp/course/seminar_allen.html

 ■日時および場所
 日時:2007年11月21日(水)10:00〜17:00
 会場:東京・田町「女性と仕事の未来館」
    (東京都港区芝5-35-3)
 講師:アレン・M・ショーン先生

 ■受講料
 前売11,500円 ⇒ HCC受講生・修了生は11,000円
 当日13,000円

 ▼HCC生専用のお申込みフォームはこちら
 https://www.hcced.jp/seminar/login.php

<参考図書>
 人はなぜ動物に癒されるのか−Kindred Spirits−(著)アレン・M・ショーン


★───────────────────────────────
   4.アン.より新商品のお知らせ
☆───────────────────────────────

新発売のお知らせです。

★ドイツ生まれの【スーパーブラシ】
カーペットなどに絡みついたペットの毛が驚くほど取れます。
ハンディタイプのブラシです。
カーペットやクッション、ワンちゃんや猫ちゃんのベッド、衣服、車にも。
是非、お試しください。
 カラー 5色
 価格 1本 2,625円

ワンちゃんのページからはこちら。
http://www.pet-ann.net/dog/goods/care/car_burashi.html

猫ちゃんのページからはこちら。
http://www.pet-ann.net/cat/goods/care/car_c_burashi.html


★レメディ用の【トリートメントボトル】取り扱っております。
バッチフラワーレメディをお水の中に入れて使う為のボトルです。
何種類か使っている方はトリートメントボトルを作って持ち歩くと
便利ですね。

ワンちゃんのページからはこちらへ。
http://www.pet-ann.net/dog/food/remedy/rem_botoru.html

猫ちゃんのページからはこちらへ。
http://www.pet-ann.net/cat/food/remedy/rem_c_botoru.html


ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

いつもメールマガジンをご購読頂きましてありがとうございます。
ご意見、ご感想、ご質問などありましたら遠慮なく、お知らせ下さい。

このメールマガジンは『ann.の粟野千恵』がお届しております。
只今【ホリスティックケアカウンセラー】の通信勉強中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■制作責任
 ペットフード&ナチュラルケア[アン.]
 犬&猫の安心で、デリ〜シャスなペットフード販売
 http://www.pet-ann.net
 TEL 03−5706−2260
 FAX 0120−122−513 
 info@pet-ann.net(24時間お気軽にメールして下さい。)
■お問合せ
 e-mail: info@pet-ann.net
■このメールマガジンは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
 配信解除はこちらからお願いいたします。
 http://www.mag2.com/m/0000128246.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む