30代女性が年金・保険とうまくつきあう方法。

神戸マネースクールの森本です!

カテゴリー: 2005年08月19日
●・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・○
∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴

 ゆっくりと着実に豊かになれるのは、しっかりと勉強した賢いあなただけ!
 ・・・のために書いています。

 ┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━┓
   30代女性が年金・保険とうまくつきあう方法。 
 ┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━┛
              
                           
 2005.8.19 第43号 基本隔週発行
 発行者:神戸マネースクール事務局
 株式会社プラウドカンパニー
 森本 泰
 関連サイト http://proud-co.net
 マガジンID:0000125906

∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴
●・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・○


 前々回は『オーブンペーパー』? という指摘。
 

 前回は、
 2000年の公的年金改正で、(S41年4月2日以降に生まれた女性の場合)が65歳
 まで年金を受け取れないのでは? という指摘をいただきました。


 おっしゃる通りです。


 なんか、最近、誤字が多くて申し訳ありません。


 やっぱり少しボーとしている森本ですが、みなさんは暑さに負けずにお元気
 でお過ごしでしょうか。


 8月はセミナー開催がなかったので、『再・個別相談』を企画したのですが、
 たくさんの方々からお問い合わせいただいたり、実際に事務所にきていただ
 いたりで、本当にありがとうございました。


 ご無沙汰してしまっている受講生の方々と、久しぶりにお会いできて楽しかっ
 たです。
 

 まだ、セミナーをはじめて2年なのですが、実際に、顔を見てお話しさせて
 いただくと、なんだか、当時のセミナー準備のこと、事務所移転のこと、セ
 ミナー会場の様子などを思い出してしまって、少ししんみりしてしまいまし
  た。


 当時、ベビーカーの赤ちゃんと一緒にセミナーに参加していただいた方から
 のメールでは、セミナー中、いきなり泣き出したりしていた赤ちゃんが、添
 付の写真では、すっかり子供になっていたりと…


 2年の重みを感じたりしています。
 でも、まだ2年ですから。
 これからも、できるだけ続けていきますね。
 

 ただ、お問い合わせのなかで『8月以外は駄目ですか?』という内容が意外
 に多かったのですが、森本は、みなさんが想像しているほど、忙しくしてい
 るわけではないですから『この日か、この日!』と具体的に指定いただれば、
 調整できると思いますので大丈夫ですよ。


 これからも、気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。


 
●・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・○

 ▼▼▼ 第43号 ▼▼▼

 『30代女性が年金・保険とうまくつきあう方法。』

 現状の確認! カンタンにできる方法(3)は?
 〜 いよいよ、出発準備! 〜


●・・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・○


 とても乱暴な方法なのですが
 まず一度計算してみてください。


 いまの年収×引退するまでの期間


 たとえば
 60歳定年の会社に勤務している現在30歳、年収400万円の方であれば
 12000万円=400万円×(60−30) となります。


 この金額をながめた感想は?


 多い?
 少ない?


 あなたが引退した時
 手元に、どのくらい残っていますか?


 もうひとつ、数字をご紹介します。


 出典は生命保険文化センター「平成13年度生活保証に関する調査」です。 


 老後を二人で暮らしていく上での「ゆとりある日常生活費」に
 ついて世帯税込年収別にアンケート調査した結果が以下です。


 税込年収が500万未満の世帯の場合、ゆとりある日常生活費の月額は?
 36.1万円 


 にもかかわらず


 65歳まで、公的年金を受け取ることができない世代の方で
 (夫は厚生年金に36年間加入・平均報酬月額35万円:
  妻は国民年金に30年間加入)


 65歳から受け取ることができる公的年金の金額は?


 夫は約15.6万円
 妻は約4.9万円
 (参考資料:『ねんきんガイド』生命保険文化センター2003.7 改訂版)


 60歳で退職すると女性の平均寿命である85歳までの生活資金は?


 2160万円
 (65歳までの生活資金=36万円×12ヶ月×5年間)
 
 3600万円 
 (65歳から85歳までの生活資金(36万円−21万円)×12ヶ月×20年間)


 合計:5760万円の貯蓄が60歳までに必要です。


 これらの金額をながめた感想は?


 多い?
 少ない?


 それとも
 ピンとこない?


 あなたが引退した時
 手元に、どのくらい残っていましたか?


 これらの金額をながめて、すこしでも不安に感じるところがあれば
 『引退までにお金を準備しておきたい!』が、
 お金を上手に管理する目標のひとつになるはずです。


 目標が明確になれば、さっそく行動です。
 いますぐできることは、以下の6つの行動です。


 1:より多くの収入をめざす  
 2:長く働く、働き続ける  


 3:もっとお金を貯める  
 4:出費を抑える  
 5:高い収益率で運用する  
 6:1から6の組み合わせを実行する


 1と2の選択肢については、僕がお話できる領域ではないので、
 あなた自身でゆっくりと考えてみてくださいね。


 僕が、ここでお話できることは、3から6の選択肢についてです。


 3から6の4つのなかからどのような行動を選択したとしても
 いくら? という具体的な数字、予算をきめる作業が必要になります。


 この作業が、あなたの経済的な現状を確認するということです。


 ファイナンシャル・プランニングの教科書には、
 現状の確認の方法として、よく2つのやり方が説明されています。


 1つは、キャッシュフロー表の完成。
 毎月、あるいは毎年の家計の収入金額と貯金や支出毎に、
 お金の流れをまとめていく作業です。


 もう一つは、バランスシートの整理。
 現在のプラスの資産(貯金や年金など)と
 マイナスの資産(住宅ローンなど)の内訳を項目ごとに整理する作業です。


 神戸マネースクールに参加された方には、この二つの作業を
 書き込みながら整理できる表をお渡ししています。


 ただ、個別相談の前にこのような質問をいただくことがあります。
 『完成できていないのですが、個別相談に伺ってもいいですか?』


 そうなんです。
 すでに経験された方は、お分かりいただけると思うのですが、
 はっきり言って、この作業は面倒です。


 だからといって、
 な〜にもしなくていい、というわけではないことを
 すでにあなたはよ〜くご存知のはず。


 この作業の目的は、数字をきれいに書き込んで表を完成させることではなく
 あなたの現状を正面から見つめることが目的です。


 面倒で難しそうだから、なにもせずに終わってしまうくらいなら、
 とりあえず表の完成を意識せず、
 一度、あなたの給与明細の数字だけでも確認してみてください。


 表は、お小遣い帳でも家計簿でも、落書き程度でも問題ないわけです。


 そして
 その結果
 いくら? という予算をきめてみてください。


 これで、目標が決まり、現状の確認ができれば、ようやく出発準備完了!
 です。


 ジャッ、ジャ〜ン!


 『これは、私たちを自由にしてくれと、神聖なるミューズに祈る物語だ。   
 さあ、女神よ、はじめなさい。あなたが、はじめたい場所から』  
 (オデュッセイア ホメロス) 


 未来のあなたのために
 いまのあなたは
 どれくらいの予算を約束することができましたか?


(つづく)

  
 
 次は、
 100万円から始める! お金が自動的に育っていく方法!? をお送りしま
 す。お楽しみに!


   
∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴
  

 最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
  
 今回の内容はいかがでしたか?


 次回は、100万円から始める! お金が自動的に育っていく方法!? をお
 伝えしますね。お楽しみください!


 皆さんからの声はとても励みになりうれしいです。
 次のメルマガを書く原動力にもなります!

 ↓こちらからメールマガジンの感想を送って下さいね。
info@proud-co.net
 楽しみにしています。


 年間100回以上の個別相談の結果、まず感じたことは、年金・保険に疑問
 や不安を感じている女性がいかに多いかということ。

 ただ、お伺いする内容が、いくつかの点に集中していることにも気づきま
 した。

 この内容を多くの方と分かち合う為に、このメルマガを発行しています。
 僕の気づいた点を少しずつ公開して行きます。楽しんで読んで下さいね。


 このメルマガを親しい人に紹介してもらえると、嬉しいです(^^)

 あっ!
 それと、30代の女性だけしか読んだら駄目!(^^)という内容ではありませ
 んので、いままでどおりかわいがっていただければ嬉しいです。
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

▼ 発行人:神戸マネースクール事務局
      株式会社プラウドカンパニー  森本 泰
▼ お金のセミナー詳細は・・・
http://proud-co.net
▼ E−Mail 
info@proud-co.net
▼ 購読・解除はご自身でお願いします。こちらからできます。
http://www.mag2.com/m/0000125906.htm
▼ 内容の転送は、ご自由です。どんどん転送していただいて構いません。
▼ ただし、掲載される場合は、ご一報下さい。
▼ 森本のブログは↓こちらからどうぞ!
http://blog.livedoor.jp/proudcompany/

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む