カナダイブ

ダイビングのカナダイブ 34号 ダイブインストラクターとの恋

カテゴリー: 2005年10月21日
===============================
===============================
キオラナ (クック諸島マオリ語での挨拶)
 「ダイビングのカナダイブ」メールマガジン登録、ありがとうございます。
カナダイブ 第34号をお届けします。
===============================
ダイブインストラクターとの恋 その1
 
スクーバダイビング講習中に、ダイブインストラクターに恋をする、というこ
とはよくあるようだ。 

実は私も、地元のダイビングショップのオーナーインストラクターに恋をし、
まめにショップに通った結果、レスキューダイバーにまでなった、という過去
がある。

「焼けた肌に引き締まった身体、爽やかな笑顔。重いタンクを軽々持ち上げ、
水中では魚のようにしなやかな身のこなし。」

それだけでも十分魅力的なのに、彼は、正真正銘の男前だった。私の母のお墨
付き。彼のファンの女性ダイバーはいっぱいいた。モテモテなのにも関わらず、
硬派で優しい彼は、当然、男性ダイバーからも人気があった。私自身、ダイブ
インストラクターになった今でも、感謝、尊敬している人である。

それはさておき。話はダイブインストラクターとの恋に戻る。それは旅先であれ
ば、さらに拍車がかかるようである。しかもここはラロトンガ。ホワイトサンド
ビーチにターコイズブルーの海。灼熱の太陽にティアレ(花)、ココナッツの香
り。。。ロマンティックな気分はますます盛り上がる。

オープンウォーター講習というのは、特に恋に落ちやすい。水中という未知の世
界を知り尽くしたインストラクターは、生徒ダイバーにとって、とても頼もしく
見えるものだ。トラブルなんかあって、助けられたりした日には、<命の恩人>
となり、恋の炎は一気に燃え上がる。 

オープンウォーター講習をモルディブで受けた友人は、現地インストラクターに
恋をし、帰国前日の夜、彼の部屋に押しかけた。

ラロトンガでも、真夜中にインストラクターの家に押しかけた女性がいた。

そんな時、インストラクターがとる行動は?「据え膳食わねば武士の恥」という
諺があったな。。。

ラロトンガでダイブインストラクター歴2年半の私。前述の「」内の全ての条件
を満たしている(と思う)のにも関わらず、一度もそういった色っぽい話がない。
婚約中の身なので、家に押しかけられても困るが、もっとささやかな、食事に誘
われるとか、プレゼントを贈られるとか、閉店を待ちぶせされる、とか。全くな
い。インストラクターに恋する若かりし日の私がしたこと(どれも効果なかった。
トホホ。)が、インストラクターになった今、誰からも全くされたことがない。

これって、インストラクターとして、魅力に欠けるのかなあ。インストラクター
として、というよりも、人間的に?と、ここまで考えて、ちょっと悲しくなって
きたので、このへんにしときます。

他の女性ダイブインストラクターの意見が聞きたいです。


ホエールウォッチングのビッグチャンス!
ラロトンガでゲームフィッシングをするなら、

RARO SPORTS FISHING TOURS
http://gonnago.hp.infoseek.co.jp/cruises.html

 写真はこちら
http://gonnago.hp.infoseek.co.jp/photo%20top.html

バックナンバーはこちら
http://www.paradisecook.com/kana/kanadive.html

===============================
●●● 本日のダイビングログ ●●●

日付:2005年10月17日   天気:快晴
スポット:アヴァアヴァロアパッセージ   
水深:20m   水温:25度   透明度:20m
 
久々の南のポイント。ミラクルポイントアヴァアヴァロアへ。パッセージ内の
流れが強くて遠くまで行けませんでしたが、ハンマーヘッドシャークにグレイ
シャークと、レアなものが見られて、大満足のダイビングでした。疲れました
が。。。

○ハンマーヘッドシャーク
○2×ホワイトチップリーフシャーク
○グレイシャーク
○巨大ハリセンボン
○ワンスポットスナッパーの群れ
○その他各種リーフフィッシュ

===============================
●●● あとがき ●●●

3カ月ぶりの発行です。時間が経つのは本当に早いです。結婚式も気がつけば
来月。今年は既に夏模様で毎日蒸し暑い日が続いています。暑くて爽やかな時
期、ということで11月にしたのに、この調子だと、真夏の結婚式になりそう
です。

キアマヌイア

===============================
●●● おすすめメールマガジン ●●●

■旅行・観光案内 クック諸島
 時事的ネタメインのパラダイスクックと違い、クック諸島へ訪れた際の
 観光ポイント、お勧めアクティビティーのご紹介です。 (月1配信目標)
http://www.paradisecook.com/ryoko/market.html

■パラダイス クック
 クック諸島へ訪れた際の観光ポイント、お勧めアクティビティーのご紹介する
 旅行、観光案内 クック諸島と違い、
 時事的ネタメインの現地情報誌、パラダイスクックです。
http://www.paradisecook.com/Cook-Islands/mag2/index.html

===============================

■■ クック諸島 ココナッツブラ ■■
http://gonnago.hp.infoseek.co.jp/
カナダイブ発行人、クック諸島ラロトンガのカナの管理するホームページ 

■■ クック諸島: パラダイス クック ■■   
http://www.paradisecook.com/index.html
クック諸島はニュージーランド自治領、オーストラリア等のオセアニア地区
           からの旅行客が多い南国リゾート観光地です。
          秘密の楽園、クック諸島を面白おかしくご紹介!

■■ ダイブセンター ■■
http://www.thedivecentre-rarotonga.com/
クック諸島唯一の日本人ダイブインストラクター、カナの在籍するダイブセン
ターのホームページ 

===============================
  ----------------------------------------------------------------------
  このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
  発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000122842.htm
----------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む