人事のブレーン社会保険労務士レポート

人事のブレーン社会保険労務士レポート第181号 改正労働基準法における「フレックスタイム制」の詳細


カテゴリー: 2018年10月15日
平成30年10月15日 第181号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

***********************************

改正労働基準法における「フレックスタイム制」の詳細

***********************************

1.はじめに
働き方改革関連法案の中には「規制強化」の規定が多いのですが、中には「規
制緩和」の規定があります。
数少ない規制緩和の改正でありますフレックス制度を今回は取り上げたいと思
います。

2.フレックスタイム制の概要

(1)フレックスタイム制とは
 一般的な労働時間管理制度においては労働者の始業時刻、終業時刻は使用者
が決めます。
変則的な勤務であるシフト制なども、勤務表にて始業時刻及び終業時刻を明示
することで使用者が指定している事となります。
 フレックスタイム制とは、この始業時刻及び終業時刻を労働者に委ねる制度
なのです。
もっと分かりやすくいえば始業時刻、終業時刻及び1日の労働時間の長さを労
働者に委ねています。

 例えば1日の労働時間の長さは使用者が決定し、始業時刻を労働者に委ねる
場合、これは始業時刻を労働者が決めた瞬間に終業時刻が定まります。
 1日8時間の所定労働時間だとしましょう。この所定労働時間は決まってい
るが、何時に出勤してきてもいいという制度の場合、始業時刻は労働者に委ね
ていますが、休憩時間1時間を含めた9時間後が終業時刻となるのです。

 ですからこの制度では始業時刻のみしか労働者に委ねておらずフレックスタ
イム制ではありません。
 ただ単に始業時刻の繰り下げを委ねているに過ぎません。
この点をフレックスタム制と混同されている方も多いので触れさせて頂きまし
た。

(2)フレックスタイム制の労働時間管理
 フレックスタイム制は原則として1ヶ月を通じて一週40時間を達成させま
しょうという制度です。
 1ヶ月の所定労働時間の上限の計算については「一ヶ月単位の変形労働時間
制」と同様になります。
計算式は以下の通りになります。
(賃金計算期間の歴日数)/(一週間の歴日数である7日)
=賃金計算期間中に於ける週の数
上記計算式で計算した(賃金計算期間に於ける週の数)に(一週の法定労働時
間である40時間)を乗ずれば、その賃金計算期間に於ける所定労働時間の上
限が出てきます。

これに基づき計算すると以下の通りです。
31日の期間
31日/7日*40時間=177時間

30日の期間
30日/7日*40時間=171時間

29日の期間(閏年の二月)
29日/7日*40時間=165時間

28日の期間
28日/7日*40時間=160時間

この範囲内で労働者が始業終業時刻を自由に設定して働けば残業は発生しない
ということになります。
フレックスタイム制の残業時間は上記時間を超過した場合にのみ発生するので
す。(上記計算式では端数を切り捨てている為に正確には分単位で所定労働時
間の上限は多くなります)

(3)コアタイムとフレキシブルタイム
 フレックスタイム制においても会議等を開催する必要性などから全員の労働
者が勤務している時間帯が必要であることもあり、勤務しなければならない時
間帯を設けることは可能です。これをコアタイムといいます。始業時刻及び終
業時刻を自由に決定できる時間帯をフレキシブルタイムといいます。

自由に決定できることがこの制度の特徴ですからコアタイムの開始時刻とフレ
キシブルタイムの開始時刻が接近していると「労働者に委ねる」ことにならな
いので最低でも1時間以上は離す必要があるでしょう。これは終了時刻も同様
です。
 コアタイムに勤務していない場合には欠勤カットが可能です。

(4)休日は使用者が定める制度
 フレックスタイム制において休日は使用者が決めるものです。あくまで労働
者に委ねているのは始業時刻及び終業時刻なのです。

3.今回の改正点
(1)最大3ヶ月で一週40時間を達成できるようになりました
 今回の法改正で大きく変わったのは今までは1ヶ月を通じて一週40時間を
達成する制度でしたが、最大で3ヶ月を通じて週40時間を達成すればいいと
いう制度に変わりました。
 3ヶ月のパターンは(31日+30日+31日=92日)、(30日+31
日+30日=91日)、(28日+31日+31日=90日)、(28日+3
1日+30日=89日)、(29日+31日+31日=91日)、(29日+
31日+30日=90日)となります。

92日、91日、90日及び89日のパターンということです。

当然2ヶ月でも構いませんので、2ヶ月のパターンもありますが、計算式は同
じなので省略いたします。

これも一ヶ月単位の所定労働時間の上限と同様で2ヶ月ないし3ヶ月の歴日数
を一週間の歴日数であります7日で除して、一週の法定労働時間の上限であり
ます40時間を乗じたものが所定労働時間の上限となります。

92日/7日*40時間=525.7時間
91日/7日*40時間=520時間
90日/7日*40時間=514.28時間
89日/7日*40時間=508.57時間

特定の3ヶ月においてこの範囲内であれば残業時間とならず割増賃金を支払う
必要はありません。

(2)月平均50時間以上の特例
 原則は上記の通りですが、特定の月に所定労働時間が集中しすぎてしまうこ
とを防ぐためにその月(賃金計算期間)においての所定労働時間の平均が一週
50時間になった場合には、その時間を超えた時間については割増賃金を支払
いなさいという規定が設けられました。

単月で50時間というラインの計算については以下の通りです。

31日の期間
31日/7日*50時間=221.428時間

30日の期間
30日/7日*50時間=214.285時間

29日の期間
29日/7日*50時間=207.142時間

28日の期間
28日/7日*50時間=200時間

上記になります。
ここでは月平均をみますので月の歴日数で計算します。

(3)労使協定の届出
 今までフレックスタイム制では労使協定の締結は必須でしたが、所轄労働基
準監督署長への届け出は必要ありませんでした。
 今回の改正でも1ヶ月を期間とする場合には届け出の必要はありません。
1ヶ月を超え3ヶ月以内の期間とする場合には労働基準監督署長への届け出義
務が生じます。
 この点は注意が必要になります。

4.まとめ
 今回の改正でフレックスタイム制は使いやすくなった反面、今までは月の所
定労働時間を超過した場合にのみ割増賃金が発生しましたが、今回の改正で1
ヶ月を超える期間の制度を導入している場合、月平均週50時間を超えた時間
に対して割増賃金が発生します。
複雑な計算になりますので、勤怠管理システムなどの修正が必要になりますの
でソフトハウス等に問い合わせをしなければなりません。
 積極的に活用して残業時間の削減に繋がるように取り組んでいきたいもので
す。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
     


人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/11/15
部数 765部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/11/15
部数 765部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング