人事のブレーン社会保険労務士レポート

人事のブレーン社会保険労務士レポート第137号 マイナンバー制度による企業実務への影響


カテゴリー: 2015年02月15日
平成27年2月15日 第137号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
企業の実践的な残業対策だけではなく、経営実務の入門書としても好評を頂いている
山本法史の著書「社長!残業手当の悩みこれで解決」絶賛発売中!!
是非ともお読み下さい!!
http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E9%95%B7-%E6%AE%8B%E6%A5%AD%E6%89%8B%E5%BD%93%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%A7%E8%A7%A3%E6%B1%BA-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%B7%B5%E7%9F%A5%E8%AD%9834-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E6%B3%95%E5%8F%B2/dp/4774513717/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1347275203&sr=8-1

アルバイト情報誌「an」のサイトanreport「プロに聞け」で「適正
な人件費の管理方法」についての取材記事が公開されました。
http://weban.jp/contents/an_report/repo_cont/pro/20120507.html

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168

ブログ「人事のブレーン社会保険労務士日記」
http://ameblo.jp/y-norifumi/
アメーバに移りました!!

旧ブログは残っています。
http://norifumi.cocolog-nifty.com/blog/
是非見てみて下さい!

Twirrer
http://twitter.com/yamamoto_roumu

facebook
http://www.facebook.com/yamamotoroumu


***********************************

マイナンバー制度による企業実務への影響

***********************************

1.はじめに
 平成28年1月よりマイナンバー制度の運用が始まります。
マイナンバー制度とは、住民票コードが住民票に記載されている日本国籍を持
つ者、および中長期滞在者、特別永住者等の外国人住民と法人に番号をつけ、
その番号で税務や社会保障などを管理していく制度です。

 税金の申告や社会保険などの手続きを適正に行うための制度といえるでしょ
う。
日本人であっても海外に在住している場合には対象となりません。
個人には市町村長により12桁の個人番号、法人には国税庁長官より13桁の
法人番号が付番されます。
 マイナンバー制度とは、ひとことで言えば「行政効率を高めるための制度」
です。
複数の手続きをまとめたり、添付書類を省略することが出来、また電子申請に
も対応しやすい制度です。
 しかし今まで行政がコストを掛けてやっていた確認作業を、企業が労働者よ
りマイナンバーを取得する課程の中で行う事となります。

 企業にとっては非常にコストがかかるものなのです。

今回はこの点を掘り下げてみたいと思います。

2.個人のマイナンバー取得の際にかかる企業のコスト
(1)概要
 マイナンバーというのは個人情報の塊です。
これを絶対に知るべき立場にない人に漏らしてはならない。
これがマイナンバーの考え方です。
これだけ聞くと当たり前だとおもいます。
しかし掘り下げてみると企業側の負担は非常に大きいのです。
 例えば年末調整の際に必要となる扶養異動申告書。
今は総務担当者の机の上にポンとおいて提出するやり方をとっている企業が多
いでしょう。
 しかしこれからはそれが出来なくなります。
扶養異動申告書にマイナンバーが記載されますと、この書類はその書類が見ら
れないようにしなければなりません。鍵のついたポストに入れてもらったり、
直接受け取ったりする必要があります。
 
(2)本人確認をしなければならない
 マイナンバー取得の際には、本当に本人かどうかの確認をしなければなりま
せん。
マイナンバーの通知は平成27年中に来る予定です。
 そして希望者は平成28年1月以降市町村役場において番号カードを作るこ
とが出来ます。
この番号カードは写真付きで有り、このカードがあれば、これ一枚で本人確認
が出来ます。
 このカードがない場合には、マイナンバーの通知書と合わせて本人確認書類
が必要になります。
 運転免許証やパスポートなどの顔写真入りの証明書があれば、これで本人確
認が出来ます。
 しかし持っていない人も大勢います。幼児などは持っていない人が多いでし
ょう。
この場合には、健康保険証や国民健康保険証などの証明書一つと、住民票など
で一つの2種類の書類で本人確認をしなければなりません。

 この実務が大変になってきます。

 この本人確認は、原則として手続きごとに行わなければなりません。
これもまた大変な実務です。

(3)個人情報の管理
  マイナンバーが記載されている書類は「特定個人情報」として、個人情報
法護法よりも厳しい管理が求められます。
 本人の同意があったとしても法に定める範囲以外の第三者提供は禁止されて
います。
企業には「目的外利用の禁止」「提供の求めの制限」「本人確認の措置」「情
報の安全管理」が求められています。
 マイナンバーは取得の際に明示した内容以外に使えません。
例えば取得の際、年末調整で使うと明示した場合、健康保険の手続きでは使え
ません。
健康保険の手続きで使う場合には、改めて取得の手続きを行わなければならな
いのです。
 マイナンバーを取得する際には、企業として何に使うのか、もれなく明示す
る必要があるのです。
 マイナンバーを記載した書類やファイルは、それを閲覧できる権限を持った
人しか見ることが出来ないようにする必要があります。
 これも企業にとっては負担が大きいです。

 そしてその書類やファイルは手続きが終われば破棄をしなければなりません。
マイナンバーは目的外保管が禁止されており、書類の保管期限、例えば扶養異
動申告書は7年、社会保険の取得手続き書類は2年、雇用保険の手続き書類は
4年といった保管期限が過ぎた場合には、その書類やデータを廃棄しなければ
法令違反になってしまいます。
 その書類をどうしても保管する必要がある場合には、マイナンバーが記載さ
れている箇所を複製できないような形で消して保管する必要があるのです。
 番号漏洩のリスクを考えると企業の負担は非常に重たいものがあります。

3.まとめ
 今回はマイナンバー制度の概要をお話ししましたが、ガイドラインを掘り下
げたものを年内にまとめたいと思います。
 社会保障関係の運用がどうなるのか。
果たして間に合うのかということも含めて厚生労働省が準備をしている様です。
 本人確認の問題は大きく、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金保険法、
雇用保険法及び労災保険法を改正しなければ対応できないと個人的には思って
います。
 理念先行で実務を全く無視した制度ですので、混乱が生じると思います。
行政効率の為に、企業が背負うコストやリスクは大変に大きく、現在は広報不
足ということもあり問題が大きくなっておりませんが、運用間近で混乱が生ず
る事が無いようにしっかりと準備をして行かなければなりません。
 参考にして頂ければ幸いです。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
             ~我々は相談業である~
        ~我々の商品はお客様への安心感の提供である~
             社会保険労務士法人山本労務
東京都八王子市元横山町2丁目5番6号 tel 042-643-5830(代)
  社会保険労務士9名(うち特定社会保険労務士4名)
合計18名のスタッフで皆様をサポート致します!!
           人事のことなら何でもお任せ下さい!

インターネットTV「覚悟の瞬間」に出演しています
http://www.kakugo.tv/index.php?c=search&m=detail&kid=168


===================================

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/08/15
部数 770部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

人事のブレーン社会保険労務士レポート

RSSを登録する
発行周期 月刊
最新号 2018/08/15
部数 770部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング