文具で楽しいひととき

■pen-info「美しい太軸ボディ」

カテゴリー: 2019年02月05日


━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
      http://www.pen-info.jp/
            
               424(2019.02.05) 

      「美しい太軸ボディ」

         ラミー
    アイオン 万年筆 オリーブシルバー
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     


やっぱり買ってしまった。 

これまでもずっとそうだったが、
ラミーの新作が発売されても、私はすぐには買わないことが多かった。
なぜだかわからないが、
発売当初は私のペン購入を司るアンテナがあんまり反応しないのだ。

「ステゥディオ」の時もそうだったし、この「アイオン」の時もそうだった。
言葉で説明するのはなかなか難しいが、グッとくるものがなかった。
それが、半年か一年くらい時間が経過すると、
思い立ったように急に欲しくなる。
もうこうしてはいられないというくらいに。
「アイオン」の何かが変わった訳ではない。
むしろ変わったのは私の方なのだろう。 

ラミーの公式ページで「アイオン」を見たり、
文具店に行っては「アイオン」を色々な角度で見たりしているうちに、
もう買うべきだとアンテナが振り切れ、財布から一万円札を出す覚悟を決めた。 


■ M800並の太軸 

当初、あまり関心を示さなかった頃、
太いボディだなという第一印象は抱いていた。

改めて手持ちの万年筆と比べてみると、
ペリカンのM800くらいもあった。
ドッシリとした安定感がある。
ボディはアルミ製で全身マットな中、
クリップとキャップのさしこみ口の所だけは艶やかさがある。 


クリップを正面から見ると、ボディに合わせてこれまた太い。
ただ、横からみると別な印象を受ける。
クリップの付け根のところが斜めになっていて、
今にも走り出しそうな疾走感がある。
ちなみに、このクリップはラミー十八番のバネ式になっていた。
根元を押し込むとグイグイと沈み込んでいく。 

ボディはこの太軸の見た目どおりと言うべきか、重すぎず軽すぎず程よい重量感。
キャップを付けた状態で重量バランスを調べてみるとキャップ側がかなり重めになっていた。 


■ 表情の違うアルミグリップ 

キャップは引っぱると外れる仕様。
グリップ部分もアルミ製。

ただ、その加工がメインボディと大きく違う。
メインボディの方は、
ペンを立てた状態でその横方向にうっすらとヘアライン加工になっている。
一方グリップは方向のないまんべんのないサラサラ加工。
どちらがしっかりグリップできるかと言うと、
これが意外にメインボディの方だった。

ヘアラインと指の指紋がピタリとグリップする。
グリップの方はそれよりわずかにフレキシビリティさがある。
実際に書く上では、すこしくらい遊びがある方がいいのだろう。
グリップは樽状に膨らんでいるので、その握り心地はよい。 

そうそう、
こうした引っぱってキャップを外すタイプだとボディに
それをとめる突起があるものだ。
ラミー2000にもあった。
しかし、このアイオンにはそれがない。
加工の違いの境界線はあるが、目立った突起などはない。
あくまでもスラッとしている。
どうやら首軸の先端にあるわずかな突起でそれを司っているようだ。 


■ アイオン専用のペン先 

ペン先はスチール製。
一瞬、「サファリ」や「ステゥディオ」などで
よく見るラミー定番のペン先かと思ったが、微妙に違っていた。
「ステゥディオ」のペン先は先端がやや鋭角。
「アイオン」の方は、鋭角さはなくゆるやかな五角形。

ドッシリとした太軸ボディに合わせてデザインしたのだろうか。
ただそのせいか、ペン先の出具合が少々ずんぐりとした印象はある。 

書き心地は、しなりがなく硬質そのもの。
私はふだん外したキャップを尻軸にさすが、
この「アイオン」では、キャップをささずにペン単体で握るスタイルにした。
ボディはタップリとした長さもあり、この方が心地よい低重心が味わえる。 

* 

私は今回、シルバー(正式名称はなぜか「オリーブシルバー」)を選んだ。
ブラックは「ラミー2000」っぽさがあるので、
違う印象のシルバーを味わってみたかったからだ。

ただ、ひとつ気がかりなことがあった。
ボトルインクから吸入する時に、
首軸のシルバーをインクに浸して汚れてしまわないかと。
最初は、ペン先だけを7割ほどインクに浸して吸入を試みたが、
やはりインクをうまく吸い上げられなかった。

意を決してズブリと首軸をインクに浸した。
インク吸入後に引き上げてみると案の定インクがベッタリと付着している。
キムワイプでふき取ってみるとほぼインクはぬぐい去ることができた。
ほっと一安心した。 

原稿を書く時は、いつものカスタム823やM800あたりが落ちつく。
この「アイオン」は一筆箋などちょっと書くシーンで使っていこうと思う。 


□編集後記

 柳宗悦の本に
「ものの持ち方」というものがあります。
 東京の民芸館で買った藍染めの装丁版です。
 その一説。

 「工芸品は使われると活々してくる。
  またよく使われているほどそれが美しく見えることはない。
  また使い慣らすと際立って美しさが増してくる」

 文具との付き合い方にも通ずるものがあると
 とても感じます。

 私は文具の「使い手」でありたいと思います。

 
□デルフォニックスさんとコラボした
 考えるためのロルバーン「ロルバーン ランドスケープ」
 大阪のデルフォニックスショップ、蔦屋家電でワークショップを行いました。
 http://www.pen-info.jp/memo/news/20190124_14710.html
 http://www.pen-info.jp/memo/note/20190126_14770.html

□シンプルでわかりやすい「フレームマンスリー手帳」2019年版
 https://amzn.to/2FfQ7dM

□「土橋式 ハンディピック」
 特にオススメは「ID・パスワード」
 パスワードは紙に書くのが結局安心です。それを外に持ち出さなければ。
 https://www.yodobashi.com/?word=土橋式ハンディピック

□書き味が色々選べる「伝書紙」
 https://amzn.to/2jjGhvn

□「暮らしの文房具」
 pen-info をコンパクトにまとめた一冊です。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

□鉛筆付きミニ手帳「すぐログ」(ダイゴー)に3サイズ
 https://shop.daigo.co.jp/product-sugulog/
 
□「pen-info」のFacebookページ
 http://www.facebook.com/PenInfojp

□ Instagram
   https://www.instagram.com/pen_info.jp/


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「暮らしの文房具」
   https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適に働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________















ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

発行周期:  ほぼ隔週 最新号:  2019/03/19 部数:  1,712部

他のメルマガを読む