文具で楽しいひととき

■pen-info「立って仕事をする」


カテゴリー: 2018年03月06日
 
━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
            
               401(2018.03.06)

      「立って仕事をする」

       フリーデスク社
        フリーデスク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     

仕事をするというと、デスクに向かって椅子に座るのが一般的だ。

ただ、最近では座りすぎの弊害みたいなことも聞かれはじめてきた。
それに伴い立って仕事するための昇降デスクなども見かけるようになった。

テレビニュースなどで立ったまま打ち合わせしたり、
パソコン仕事をしている光景を目にして、
私もいつかはやってみたいものだなぁと思っていた。

しかしながら、
私の小さい事務所に大がかりな昇降デスクを導入するなんて
全く無理な話。
私には縁がないものと半ばあきらめていた。

そんな中、
フリーデスクというものがスウェーデンから輸入されることになったので、
一度使ってみませんか?という
うれしいオファーを輸入元のイーオクトさんから打診された。 


■ 今使っているデスクに置くだけ 

このフリーデスクのよいところは、
昇降デスクのようにデスクそのものを入れ替える必要はない。
今使っているデスクの上に置くだけでよい。

折りたたみ式になっていて、使用しないときはフラットになるので、
事務所の片隅に立てかけておけば邪魔にならない。

さぁ使おうとなったら、
デスクの上にそのフラットなままペタリと置く。
手前にロックがあって、それをカチリと解除する。
あとは天板を両側から持ち上げるだけでグングンと高くなって固定される。
実に簡単だ。

高さは9段階に調整できる。
ちょっと高くしすぎたかなという時は、
天板の両端に手をかけて少しばかり右側だけを
上にして斜めにするだけで高さ調整ができる。
ちょうどよいところでフラットにすれば固定させる。

しまう時も今と同じ要領で天板を斜めにしていけば、
スルスルと低くなって元のフラットな状態になる。
組立からしまうところまでほんの数秒でできてしまう。 

私がお借りしたのは「デスクライザー ライトコンパクト」というサイズ。
重さも2kgと軽量なので、
脚を収納した状態なら片手で持ち運ぶことも十分できる。

この「デスクライザー ライトコンパクト」以外に
同じ素材で一回り大きな「デスクライザー ライト」があり、
また素材がよりがっしりした「デスクライザー オリジナル」などもある。

私が試した「デスクライザー ライトコンパクト」は一番軽く、
そして小さいタイプだ。 


■ 一日の中で少しだけ使う 

果たして立って仕事をするとは一体どんなものなのだろうか。
日々の仕事の中で使ってみた。

とは、言っても一日中立って仕事をする訳ではない。
いくつかの仕事でやってみることにした。
私の場合、「時計式ToDo管理ふせん」で
一日の仕事をひとつひとつ区切って行っている。
その中のいくつかで試してみた。

どんな仕事が立ち仕事に向いているのかわからない。
とりあえず考える仕事をフリーデスクで取り組んでみた。 

打ち合わせ用のデスクの上に
フリーデスクをセットしてB5サイズのノート、
そして鉛筆と消しゴムだけを置いて、仕事をしてみた。
私は180cmと少々背が高いので、
フリーデスクは一番高くセッティングした。

そして、いつものように思いつくままアイデアなどを
ノートに書き広げていった。
劇的に何かが違うとは残念ながら感じなかった。
ただ、逆に言えば何か不便があるかと言えば、それも特になかった。 

ただしばらく使っていく中で、これはいいかも・・・という点もあった。

たとえば、パソコンからある程度の距離が生まれるので、
ついついメールをチェックし始めたり、
FACEBOOKに逃げ込んだりということがなくなって、
考えることにひたすら集中できた。

手を伸ばせば、
少し歩けばスマホもパソコンのキーボードにも手が届くのだが、
この小さなフリーデスクで仕事をしていると、
この中だけでやっていこうという気持ちに不思議となる。
つまり、強制的にオフラインに身を置くということになった。 

もうひとつは、立ったまま書いていると、
体があまり前屈みにならず済むということもあった。
ひょっとしたら、これが体にいいのかもしれない。
椅子に座ったまま書いていると、
はじめは正しい姿勢で上半身を起こしていても、
次第に集中して前屈みになっていることが多い。
立ち仕事ではそれがなくなった。 


■ パソコン仕事もやってみた 

仕事の中には企画などを考えるだけでなく、
パソコンでメールを打ったり、
ワードで資料を作ったりというものもある。

次にそうしたパソコン仕事も立って行ってみた。
私は普段iMac(21.5インチ)で仕事をしている。
フリーデスクにiMacのモニターを載せてみようと思ったが、
「ライトコンパクト」ではスペース的に足りない。

ちなみに少し大きな「ライト」でも試してが、
のっかるにはのっかるが少々不安定な印象だった。
iMacの場合は、
モニターはデスクに置いたままキーボードとマウスだけを
フリーデスクに置くのが良さそうだ。
モニターの向きを少しだけ上にむければ、
あまり前屈みにならずに済む。

iMacのようなデスクトップではなく、
ノートパソコンで試してみると、
こちら方が視線も上になるのでより立ち仕事が快適に行える印象があった。
パソコン仕事はノートパソコンの方がどうやら相性がよいようだった。 

* 

自分のホームグラウンドである事務所でフリーデスクを使い、
2週間ほど立ち仕事というものにトライしてみた。
先ほども触れたが、劇的な変化はなかった。

もう少し長い期間使ったら、もっと違いが感じられたかもしれない。
ただ、なんとなくよさそうという感触は私の中に残った。
毎日ということでなくとも、
週に何回か立って仕事をしてみるのも気分転換になっていいかもしれない。
使わない時は壁に立てかけておけば全然邪魔にならないし、
色も白で置きっぱなしにしても気にならない。

気軽に立ち仕事が今のデスク環境でできるという点では、
なかなかよいアイテムだと思った。 


□編集後記

 15:00くらいになると
 無性に甘い物が食べたくなります。

 近くのセブンイレブンに行って
 チョコレートを買ったり
 少しカロリーを控えたいときは杏仁豆腐なんかにしています。

 その中で
 お気に入りなのが
 セブンイレブンの豆大福。
 これが結構おいしいんです。
 白いお餅はフワフワしていて
 豆の存在感もしっかりしています。
 
 色々な人に
 おしいいよと勧めています。
 みんな、確かにおいしいねと喜んでくれます。

 べつに私が作ったものでもないのですが
 なんだかうれしい気分になってしまいます。
 


■トークイベント(名古屋)
 3/10(土)東急ハンズ名古屋店とANNEX店にて
 トークイベントを行います。
 http://nagoya.tokyu-hands.co.jp/topics/?label=ALL-名古屋PC
 http://annex.tokyu-hands.co.jp/topics/?label=ALL-ANNEXPC

□「フレームマンスリー手帳」4月はじまり 販売中
 https://shop.daigo.co.jp/frame-monthly-4/

□「伝書紙」販売中
 http://tsutafu.yamazakura.jp/shop/c/cy31026/

□鉛筆付きミニ手帳「すぐログ」(ダイゴー)に3サイズ
 https://shop.daigo.co.jp/product-sugulog/
 
□「pen-info」のFacebookページ
 http://www.facebook.com/PenInfojp


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「暮らしの文房具」
   https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適に働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/10/09
部数 1,724部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/10/09
部数 1,724部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング