文具で楽しいひととき

■pen-info「用途にあわせて「すぐログ」できる」

カテゴリー: 2018年02月06日
 
━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
            
               399(2018.02.06)

   「用途にあわせて「すぐログ」できる」

         ダイゴー
    すぐログ IDEA PLAN THINK
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     

鉛筆がセットされていることで、
いつでもどこでもサッと書き出せる手帳「すぐログ」。

スマホでもメモはできるという時代ではあるが、
やはり紙の上に鉛筆をこすり付けて文字をのせていくという感覚は
アナログ文具ならでは。
書くという体験がしっかりと記憶に刻みこまれていくように感じる。

私が今使っている「すぐログ」は33冊目(ジェットエースからの累計)。
いつもズボンの後ポケットに入れて肌身離さず持ち歩き、
何か思いついたら「すぐログ」に書きとめている。

「すぐログ」に書こうと思うより先に手が無意識のうちに
「すぐログ」をポケットから出すというのがすっかり染みついている。
もはや「すぐログ」は私の考えるということにセットになった道具になっている。 

この2月で発売からちょうど1年目を迎える。
おかげ様でよく売れているようで、すでに5回もリピート生産を繰り返している。

一周年を記念して、
このたび新たなサイズが展開されることになった。

従来のサイズより少し大きな2サイズが加わる。
これまでのサイズはIDEAと呼ぶことにし、中くらいのサイズをPLAN、
一番大きいサイズがTIHNKとなる。

それぞれのオススメの使い方をご紹介していこうと思う。 


■ IDEA 

従来の「すぐログ」として展開してきた一番小さなサイズ、IDEA。
名刺サイズほどのコンパクトさで、
ポケットにも楽々入る携帯性が特長。

このIDEAは、キーワードなどちょっと書くのに適している。
私自身このサイズを長年愛用してきて色々な使い方をしてきたが、
不意にひらめいたアイデアや、
やるべきToDoといったことをササッとキーワードだけ、
あるいは文章を書くとしてもほんのワンセンテンスほど書くというのが多い。

たったそれだけでも書いておくことで忘れずにすんで、
確実に次のステップへと進んでいける。 


■ PLAN 

IDEAより少しばかり大きいPLAN。

大きさの比較の意味でPLANの上にIDEAを重ね合わせてみると、
横方向より縦方向の方が長くなっているのがわかる。
つまり、IDEAより大きいだけでなく、
少しスリムスタイルになっているのだ。
握った時の収まりもよい絶妙なサイズ感。

このサイズをPLANと名付けたのは、
リストアップに適していると考えたからだ。
アイデアややるべきことをいくつもリストップしてPLANするのに、
少し細長いこのサイズがちょうどよい。 

このPLANもIDEAのようにポケットに入れておくことも十分できる。
「すぐログ」のIDEAを使ってみたけど、
書くところがちょっと小さすぎると感じた方にもオススメだ。 


■ THINK 

文字通り、じっくりと考えられるTHINKサイズ。

いわゆるスケジュール帳あたりでも見かける大きさだ。
もっとわかりやすくこのサイズを説明するには
MOLESKINEのポケットサイズと比べるのがよいだろう。
重ねてみると、縦横共に5mmほど小さいくらい。
ただ厚さは半分くらいなので、コンパクトさはある。 

使用シーンとしては、
たとえば企画の構想をじっくりと練る。
マインドマップやスケッチを描くなどたっぷりと書いていくのにいい。

しかもあくまでも手の平サイズなので、
電車での移動中やカフェでひと休みしながらなど、
オフィス以外の場所でも使える機動性は、
このサイズでも健在。

私は、もっぱらこのTHINKを展示会の取材手帳として使っている。 

* 

気になる価格は、
IDEAが600円、PLANが650円、THINKが700円(いずれも+Tax)。
つまり50円きざみ。

中でも一番大きいTHNINの割安感を感じられるかもしれない。
まぁお買い得感というのも大事だが、
皆さんの用途にピタリとくるサイズを選んでいただければと思う。 

ただ、3サイズをじっくり使ってみると
サイズの違い以外の個性みたいなものがじわりじわりと見えてきた。

どういうことかと言うと、
書き出す際に鉛筆を取り出すスピーディさが少し違うのだ。

縦に一番長いTHINKはしおりを引き上げ、
鉛筆を引き出すのも当然ながら、少しばかり時間がかかる。

もし、とにかくスピーディに書きとめたいならIDEAがよいと思う。
スピーディさよりもタップリと書きたいならTHINKという具合になる。

THINKが時間がかかるとは言え、
別のポケットからペンを取り出すのに比べれば、
セットされている鉛筆だからスムーズではある。

あくまでもIDEAとの比較レベルだ。
こうした点も考慮に入れてお選びいただけれと思います。 


□編集後記

 今回のご紹介した「すぐログ」の3サイズ。
 先月、パリで開催された展示会「メゾン・エ・オブジェ」で
 出展されました。
 初のヨーロッパデビューです。
 現地のバイヤーの反応も上々で
 注文も結構入ったそうです。

 ちなみに
 英語の名前は
 そのまま「SUGU LOG」です。
 ただそれだけだと、海外の方にわかりづらいので
 「SUGU LOG」Log it now!としました。

 海外の方が今後
 「スグログ〜」なんて話しているところを
 いつか聞いてみたいものです。
 


□フレームマンスリー手帳 4月はじまりの販売がはじまりました。
 https://shop.daigo.co.jp/frame-monthly-4/

□新刊本「暮らしの文房具」
 私の日頃からの文具との向きあい方を紹介しています。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

□「時計式ToDo管理ふせん ブルーダイヤル」
 http://www.pen-info.jp/library/all/note/20160920_10593.html
 
□「pen-info」のFacebookページ
 http://www.facebook.com/PenInfojp


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「暮らしの文房具」
   https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適に働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________

文具で楽しいひととき

発行周期: ほぼ隔週 最新号:  2019/01/22 部数:  1,724部

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

発行周期:  ほぼ隔週 最新号:  2019/01/22 部数:  1,724部

他のメルマガを読む