文具で楽しいひととき

■pen-info「NEW ToDo全集」


カテゴリー: 2018年01月23日
 
━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
            
               398(2018.01.23)
 
      「NEW ToDo全集」

       デザインフィル
     PLOTTER ミニサイズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     
 
ToDoがあれもこれもと矢継ぎ早にやってきたりすると、
処理が追いつかず、てんやわんやになってしまう。

そんな時、ToDoなんてなければいいのに・・・、
ToDoがなくなったら、さぞスッキリするだろうなぁと思うことがある。
でも、よくよく考えてみると、
ToDoがなくなるなんてことはないのだ。

生きている限り、なんらかのToDoはあり続ける。
ToDoがなくなる時、それは人生が終わった時だ。

つまり、ToDoがあるということは生きている証であるとも言える。 

その管理が難しいのは、ToDoのちょっと変わった特長にある。
日々仕事をしていく中でひとつひとつのToDoをこなして減っていく。
しかし同時に新たなToDoも次々に生まれていくのだ。

ここがやっかいなのだが、
ToDoは減ってはいきながらも増えて常に一定量が保たれていくものなのだ。

たとえるなら、ラーメン屋さんの秘伝のスープのような感じだ。
毎日ラーメンを作ってスープは減っていくが、
継ぎ足ししながら常に一定量が保たれているように。 

そう考えてみると、
ToDoを管理するには減らせるけど増やせるツールである方が望ましい。

これまで私はATOMAというメモを使ってきた。
これは中に綴じられたメモが自由に付け外しができるというものだ。
とても便利だったのだが、
リフィルの入手が困難ということが私を悩ませていた。

そこで、システム手帳で管理してみることにした。 


■ PLOTTER ミニサイズ 

ミニサイズとは一般的に
「M6」や「ミニ6穴」サイズとも呼ばれているものである。
これまで使ってきたATOMAのA7サイズをほんの少し大きくしたくらい。

サイズとして申し分ない。
システム手帳は一枚一枚のリフィルの付け外しが自由にできるので、
ToDo管理向けでもある。

これまでATOMAではページが縦開きだったが、
システム手帳では横開きになる違いはある。
まぁこれは慣れれば問題はないだろう。 

数あるシステム手帳のM6サイズの中から、
PLOTTERを選んだのには理由がある。

なんと言っても余計なものがないのがよかった。
カバーの内側にはポケットやペンホルダーもない。
私はToDo管理だけを行いたいので、余計なものは不要。

そして、これはToDo管理とは関係のないことだが、
このグレーの色合いが気に入った。
私が選んだのは、PLOTTERの中でもリーズナブルプライスの
「シュリンク」というバージョン。
革にしなやかさがあってページもめくりやすい。 


■ リフィルは6mmルールド 

ToDoというと、なぜか5mm方眼を使うというイメージがある。

私もATOMAでは5mm方眼をずっと使ってきた。
たしかに □ のチェックボックスは書きやすい。
でも、その後は「企画書を作る」といった短い文章を書いている。
むしろ書く量としては文章の方が多い。

ならば文章向けの紙面フォーマットの方がいいのではないか。
PLOTTERには5mm方眼がなく、
ちょうどよいものはないかと、選んだのが6mmルールド(横罫線)。

私のノート人生を振り返ってみると、
横罫線に書いてきたことの方が多かった。
それらは6mmや7mm罫線。
書き慣れたフォーマットに戻った恰好だ。

この6mmルールドには
各ページの内側端に1〜20までのナンバリングがある。
ToDoをリストアップした時のひとつの目印になってくれそうだ。 


■ カスタマイズで気持ちよく使う 

私は、これまでToDoを管理していたATOMAを
「ToDo全集」と呼んでいた。

「全集」と言うように、
ありとあらゆるToDoを書きとめて管理している。
頭にToDoを記憶させておくことは絶対にやらない。
書きとめることで頭に記憶という負担を掛けないようにしている。

頭は考えることにフル活用していく。
これは「GTD」のメソッドだ。

私の「ToDo全集」は「一般」「執筆」「プロジェクト」の
3カテゴリーに分けている。

「執筆」は文字通り連載など文章を書く仕事のToDo。
「プロジェクト」は、文具メーカーさんからご依頼をいただく
商品企画ディレクション、ショップのコーナーディレクション、
講演などが入る。

そして「一般」はそれ以外のすべての仕事、
ならびにプライベートのそれこそ「洗剤を買う」という
些細な買い物リストまでも含まれる。 

PLOTTERにそれぞれのインデックスを作らなければならない。
市販のインデックスではPLOTTERのせっかくの世界観に馴染まない。

そこで自作をしてみることにした。
ベルギーの紙製品ブランド「グムンド」のグレーの紙を使って
間仕切り兼インデックスを作ってみた。
セットしてみると表紙のグレーにピッタリである。 

そして、これまでは「ToDo全集」と呼んでいた名前も、
ツールをPLOTTERに替えたことだし、
新しい名前を付けてみることにした。

色々と検討した結果「Notebook for ToDo's」にした。
それを一番始めの間仕切りにタイプライターで打ち込んでみた。
ウーン、いい感じだ! 

* 

今回、長年使ってきたToDo管理ツールを思い切ってリニューアルしてみた。

一つのものをずっと愛用していくのは楽しい。
しかし、あまりそれにこだわりすぎるのも
少しばかり自分を窮屈にしてしまいかねない。
人は生き方や仕事の仕方は少しずつ変わっていくものだ。

それに伴い手にするツールも替えていってもいいのだと思う。
ToDoリストは5mm方眼でなくっちゃという固定観念を打ち破って、
6mm罫線にしてみたら、思いの外便利だった。

文具選びにはこれで完璧!というゴールはない。
あくまでもその時にしっくりとくるものがあるというレベルである。

このPLOTTERだっていずれ違うかも、、と感じる時がくるかもしれない。
それでいいのだと思う。 



□編集後記

 最近、食材の買い物を私が行くことが多くなってきました。
 我が家は1週間分をまとめ買いしています。
 
 量も多いこともあって
 最初は、余計なものを買ったりして
 ダメにしたりと上手くいきませんでしたが、
 最近コツをつかみました。

 買い物リストを作る時に
 タマネギや鶏肉という食材ごとのリストではなく、
 メニューリストにするんです。

 ・カレー
 ・肉じゃが
 ・おでん
 ・鍋
 ・ハンバーグ
 などなど

 こうすると余計なものを買わずに済むようになりました。

 「すぐログ」に
 夕ご飯と朝食のメニューを書いて
 スーパーで「すぐログ」を開きながら
 買い物をしています。


■1ヶ月を枠で囲った「フレームマンスリー手帳」
 全国123店で販売頂いています。詳しいお店リストは以下をご覧下さい。
 http://www.pen-info.jp/memo/手帳/20171219_12819.html

□新刊本「暮らしの文房具」
 暮らしの中での文具を紹介したエッセイ集です。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

□「時計式ToDo管理ふせん ブルーダイヤル」
 http://www.pen-info.jp/library/all/note/20160920_10593.html

□早撃ちガンマンのように3秒でメモ体勢に入れる
 鉛筆付きミニ手帳「すぐログ」(ダイゴー)
 https://shop.daigo.co.jp/item/43912/
 
□「pen-info」のFacebookページ
 http://www.facebook.com/PenInfojp


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「暮らしの文房具」
   https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適に働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/07/10
部数 1,730部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/07/10
部数 1,730部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング