文具で楽しいひととき

■pen-info「キリリとした削り仕上げ」

カテゴリー: 2017年12月19日
 
━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
            
               396(2017.12.19)

     「キリリとした削り仕上げ」

      M+R 鉛筆削り 0601
        4,000円+Tax

━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     
 
ふだん鉛筆を削る時は、肥後守を使っている。

ザクザクと木軸を大胆に削り芯がほどよく現れてきたら、
刃先の角度を少し水平にして芯だけを
シャーシャーとうすくそぐように仕上げていく。
自分の好みの削り仕上げにできる良さがある。

万年筆のインクを補充するのは、とても楽しい。
それは補充するというよりも万年筆に栄養分を
飲ませてあげるというのに近い。
そして、鉛筆を削るという作業も
文具の使い手を幸せに気持ちにさせてくれるものがある。

いずれも面倒な作業と言えばたしかにそうなのだが、
言葉には言い表せない喜びがそこにある。
インクを使って減らしたもの、
そして鉛筆の芯を減らしたものだけに
許された特別な行為という点が心をくすぐるのだと思う。 

さてさて、その鉛筆削りにおいて肥後守とともに、
これも併せて使っていこうというものに出会ってしまった。

手持ち式の鉛筆削りだ。その価格なんと4,000円+taxもする。 


■ 他と違う削り仕上げ 

穴に鉛筆を差し込み、
そのまま鉛筆をグリグリと押し込みつつ
回して削っていく手持ち式鉛筆削り。

なんとなくのイメージだが、
このタイプは削り仕上げがちょっと
ずんぐりとしたものが多いという印象があった。
私は芯先を少し長めにした仕上げが好みなので、
最近はあまり使う機会がなかった。 

しかし、これは違った。
値段が高いだけではなかったのだ。

削ったものは芯先がシュッと長く、
よくよく目を凝らしてみると
心なしか削られた木軸の部分が内側に絞り込んだようになっている。

まさに「シュッ」としているのだ。
大変に美しい削り仕上げである。 


■ 何が違うのか? 

では、一体この「0601」は
他の手持ち式鉛筆削りとどこが違うのだろうか。
そこのところが気になってくる。

キリリと尖った鉛筆をいったん脇に置いて
「0601」を手に取りあちこちをなめるように見てみた。
M+Rには一般的な「0604」というタイプがある。
それと見比べてみると「0601」の方がボディも刃も長い。
いずれも一本のネジで刃が固定されている。

基本はこの刃が違うのだろうと思い、
「0601」の刃を片目をつぶってさらによく観察してみた。

すると穴の方がほんの少しだけたわんでいるように見えた。
また鉛筆が入っていく円すい状の穴もまっすぐのラインではなく、
わずかに緩やかなカーブを描いている。

おそらく、これによりあのシュッとしたラインが生み出されるのだろう。 

* 

この「0601」を使うと
肥後守では到底できないキリリとした芯先に仕上がる。

その芯を守るためには、
BLACKWINGのポイントガードというメタルキャップがいい。
文字通り芯先のポイントを守ってくれる。

ふだんアイデアを考えながら書いていく時は
肥後守で削ったくらいの芯先がちょうどよい。
しかし、たまに表などを少しばかり細かく書き込む時もある。
そうした時にはこれまで0.5mmや0.7mmのシャープペンを手にしていた。

「0601」のキリリとした芯ならその用途にも使える。
あえてシャープペンではなく「0601」を使う喜びは
そのシュッとしたラインにある。

思考の合間に芯先を指先でスリスリと触ると、
「箸休め」ならぬ、ちょうどよい「鉛筆休め」になる。 


□編集後記

 pen-info は、おかげさまをもちまして
 14周年を迎えました。
 いつもお読みいただいている皆様
 改めてお礼を申し上げます。
 ありがとうございます。

 発行号数をみてみると、396本。
 いつのまにやら
 こんなに沢山書いてきたんだと
 自分でも驚いております。

 はじめたばかりの頃
 小学生だった息子は、今や大学生。
 息子の成長の方に
 むしろ時の流れを感じます。。

 この道で行こうと梶を切ったのが
 たしか私が34〜5歳の頃。
 ちょうど人生の折り返し地点あたりをウロウロと
 していたのを感じていました。
 ここで新たなスタートを切らないと
 同じ日々が続くだけかもと思い、
 思い切って方向転換をしてみました。

 決して楽な道ではありませんでしたが、
 14年やってきたことが
 ここ数年ようやく少しだけ実を結び初めてきたように思います。

 34〜5歳の時の決断はよかったのだなぁ〜と
 今は思えます。

 来年以降も
 引き続きマイペースでやってまいりますので
 どうぞ暖かく見守ってくださいませ。

 では、
 ちょっと早いですが
 メリークリスマス、そして良いお年を!

 *年明け1月2日の更新はお休みをいただきまして
  1月9日にアップいたします。


■1ヶ月を枠で囲った「フレームマンスリー手帳」発売中です。
 全国123店で販売頂いています。詳しいお店リストは以下をご覧下さい。
 http://www.pen-info.jp/memo/%e6%89%8b%e5%b8%b3/20171219_12819.html 

□新刊本「暮らしの文房具」
 暮らしの中での文具を紹介したエッセイ集です。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

□「時計式ToDo管理ふせん ブルーダイヤル」
 http://www.pen-info.jp/library/all/note/20160920_10593.html

□早撃ちガンマンのように3秒でメモ体勢に入れる
 鉛筆付きミニ手帳「すぐログ」(ダイゴー)
 https://shop.daigo.co.jp/item/43912/
 
□「pen-info」のFacebookページ
 http://www.facebook.com/PenInfojp


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「暮らしの文房具」
   https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適に働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________

文具で楽しいひととき

発行周期: ほぼ隔週 最新号:  2018/12/04 部数:  1,721部

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

発行周期:  ほぼ隔週 最新号:  2018/12/04 部数:  1,721部

他のメルマガを読む