文具で楽しいひととき

■pen-info「考えがまとまるノート筆記法」


カテゴリー: 2017年12月05日
 
━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
            
               395(2017.12.05)

    「考えがまとまるノート筆記法」
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     
 

考えてみるとノートの書き方というのは、誰かに教わったことがない。

手帳もそうだが、
みんな思い思いのやり方でやっているのが現状だ。
ただ、一方では人それぞれ考え方のクセみたいなものがある。

ひとつの大きなルールに従いなさいというのもちょっと違うように思う。
結局は、各自が試行錯誤をくり返しつつ、
自分の脳にしっくりとくる方法を探っていくしかないのかも知れない。 

最近、この方法ちょっといいかも・・・というノート筆記法がある。
まぁこれもあくまでも私の考え方にしっくるくるやり方なので、
皆さんの参考になるかどうかはわかりませんが。。。 


■ 分割して考える 

仕事で雑誌社さんから、よくこんな依頼を受ける。
○○というテーマの文具特集をするので、
そのテーマにあうオススメ文具を10アイテムくらい
各カテゴリーでセレクトしてほしいというものだ。

私は考える時のホームグラウンドがある。
月光荘のスケッチブック ウス点だ。
これまではその1ページにセレクトする文具を
アトランダムに書いていた。

まぁこの方法でも、そうした仕事を行うことはできた。
しかし、各カテゴリーごとのバランスであるとか全体像というものが、
いまいちうまく捉えられなかった。 

そこで、
やってみたのが1ページの紙面を
そのカテゴリー数で分割するというものだ。
4カテゴリーなら十字を切って4等分、
3カテゴリーなら三菱マークのように3等分という具合だ。
なんだそんなことかと思われるかもしれない。
でもこれがとてもわかりやすくなるのだ。 

具体的なやり方はこうだ。

4等分に区切ったとしたら、
その中央にそれずれのカテゴリー名を入れる。
Pen,Note,File,Othersといった具合に。
それぞれのカテゴリータイトルが中央にあることで、
視線が中央に落ち着いて、あちこちを見なくて済む。
自ずと考えることに集中できるようになる。

そして、
カテゴリーごとのオススメ文具をそれぞれのスペースに書き入れていく。
それぞれのカテゴリースペースは同じ面積なので
アイテム数のバランスも自然にとれていく。
もし、ひとつのカテゴリーを細分化して
小カテゴリーを作る必要があったなら、さらに分割していけばいい。

なにより、これを埋めればいいという全体像、
別の言い方をするならばゴールが見えて安心して取り組んでいけるのだ。 

そして、人は何か枠組みがあると、
それを埋めようとする傾向があるように思う。
解答欄があるとそれを埋めようとするみたいに。
真っ白なところよりなんらかの枠を作ってあげる方が
脳もそのモードになるのだろう。

私はこんなやり方もよくやっている。
いつも持ち歩いている手帳「すぐログ」に
まずは枠組みだけを書いておく。

たとえば、文具のネーミングを考えることになれば、
ページの上に「商品ネーミング」と書いて
その下に大きく四角い枠を囲む。

その段階ではまだアイデアについては書かずに、
パタリと「すぐログ」を閉じてポケットにしまってしまう。
そうしておくと頭の片隅に先ほどの枠組みのイメージが残っていて、
別な仕事をしているときにフトした拍子にアイデアが浮かんでくる。

これは枠組みの力だと私は考えている。 


■ 円で構成を練る 

先ほどの方法では、
あらかじめ考えるべきカテゴリーが明確になっている時に
私がよく使うものだ。

一方、カテゴリーがどれくらいになるかわかっていないという状況ある。
たとえば、講演の依頼を受けて、お話する構成を考える時だ。
講演時間が60分であるなど決まっていて、
その中身を考えていくというものだ。

この時には1ページの紙面に大きな円を描く。
これを講演時間の60分であると考える。
まず、自己紹介を10分くらいしてと、円を少しずつ区切っていく。

この方法がよいのは、
60分間など自分に与えられた時間の枠組みの中で考えられることだ。
あれもこれもと詰め込む訳にはいかず、
絞り込まなくてはいけないということがわかってくる。

すると、何に一番力をいれるべきかが考えやすくなるのだ。
実際は円に入れる前に先に話すべきことをリストアップしておいて、
その後に円の中に落とし込んでいく方がいい。

これは企画書を考える時なんかにも使えると思う。 

* 

私の使っているノートは
紙面に1cm四方にドットがある自由度の高いフォーマット。
それこそ自由に発想を広げる時は、
そのままの自由奔放にアイデアを書き拡げていけばいい。
しかし、ちょっとまとめつつ考えたい時は、少々自由過ぎてしまう。
その時には必要な枠組みを使っていけばいいのだ。
こうしたことが自由にできるのもフリーなフォーマットのなせる技だ。 

人それぞれに「考え方のクセ」というものがあると触れたが、
私には独特なクセがあるのを改めて認識した。

それは囲むということだ。
なんでかはわからないが囲みがあるとホッと安心できる。

思い起こせば、子供の頃にレゴブロックで遊んでいる時も
いつも外枠をつくってその中に自分の世界を作り上げていた。
私の考えた「時計式ToDo管理ふせん」も
「フレームマンスリー手帳」もいずれも外枠を囲っている。

私は筋金入りの「外枠派」なのだろう。 


□編集後記

 最近、紙をテーマにした展示会に人気が集まっていますね。
 「紙博」や「紙フェス」など。

 色々な紙があって
 はじめて出会うものがあったり、奥が深くてたのしいものです。

 最近のお気に入りは
 なめらかな紙よりも
 ザラザラとした存在感があるものです。

 先日、ジャガイモのでんぷんので作ったという紙を買いました。
 それはもう、紙やすりではないの?というくらいのザラザラ具合。
 そこに鉛筆で書いていくと
 書くというよりも、
 芯を削っているというくらいのものでした。
 それがなんとも新鮮な書き心地。

 「歯ごたえ」ならず「書きごたえ」があるものが最近のお気に入りです。


□新刊本「暮らしの文房具」
 文具エッセイ集です。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/


□1ヶ月を枠で囲った「フレームマンスリー手帳」発売中です。
 1ヶ月の見え方が違います。
 http://www.pen-info.jp/library/all/note/20170829_12215.html


□「時計式ToDo管理ふせん ブルーダイヤル」
 あなただけの時間割りを作ってみてください。
 http://www.pen-info.jp/library/all/note/20160920_10593.html
 

□早撃ちガンマンのように3秒でメモ体勢に入れる
 鉛筆付きミニ手帳「すぐログ」(ダイゴー)
 https://shop.daigo.co.jp/item/43912/
 
□「pen-info」のFacebookページ
 http://www.facebook.com/PenInfojp


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「暮らしの文房具」
   https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適に働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/08/14
部数 1,722部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/08/14
部数 1,722部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング