文具で楽しいひととき

■pen-info「色の層が美しいボディ」


カテゴリー: 2017年11月07日
━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        文具ウェブマガジン 
     
    「pen-info_文具で楽しいひととき」
            
               393(2017.11.07)

      「色の層が美しいボディ」
        サクラクレパス
       SAKURA craft_lab
  001 5,000円+tax 、002 2,200+tax 
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━     
 

新入社員として働きはじめた頃、
文具店で見かけ使い始めた一本のボールペンがあった。

その書き味に驚いた。
ボールペンなのにサラサラと軽く書いていけるのだ。
当時サラサラと書けるペンと言えば、水性ボールペンがあったが、
それとは全く違っていた。

筆跡はにじまず細くクッキリとしていた。
これまでにない書き味のボールペンだなと強く印象に残った。

それがサクラクレパスの「ボールサイン」。
あまり知られていないが、世界初の水性ゲルインクボールペンである。 

私の中でボールペン革命は2つある。
ひとつは三菱鉛筆の「ジェットストリーム」、
そしてこの「ボールサイン」だ。
約30年前に80円+Taxだったが、今も同じ価格で売られている。 

その水性ゲルインクのリフィルを採用した大人向け筆記具が発売された。
SAKURA craft_labの001と002だ。
メタルをふんだんに使ったボディ、
画材メーカーならではの色へのこだわりも感じられる
ライティングツールに仕上がっている。 


■ 真ちゅう+ダークカラーの001 

ボディには真ちゅうを使い、
その真ちゅうらしさをそのまま見せている001。

真ちゅうはペンのボディではよく使われる素材だ。
多くのものは塗装されているが、
最近は真ちゅうならではの素朴な黄銅色を全面に出したものも増えている。
001がユニークなのは、
その真ちゅうとカラーアクリルを組み合わせているところだ。 

このペンを見て、
最初に心に浮かんだのは
アンティークな雰囲気な中にも新しさがあるところ。

その懐かしさは、
クリップとツイストダイヤルからも醸し出されている。
クリップはヴィンテージ眼鏡のテンプルを、
そしてツイストダイヤルはヴィンテージカメラの
ダイヤルをモチーフにしているという。 

そして新しさの感覚はボディの上半分のカラーリングからやってくる。
これがとても渋いカラーで真ちゅうによく似合っている。

ここにはアクリル素材が使われている。
アクリルというと、透明感のあるものが多い。
しかし、これはすりガラス状になっている。
中央には真ちゅうボディがあり。
パイプ状のアクリルが包み込んでいるのだ。

これにより光の加減で渋めのカラーの
アクリル越しに真ちゅうの色がわずかに透けて見える。
これまでお目にかかったことのない独特の色味だ。 

角がこなれたツイストダイヤルに指をかけ、回してみる。

ややまったりとした重みを感じつつクルリと回転すると
ペン先が繰り出される。
全身真ちゅうボディということでほどよい重みがあるが、
筆記体勢に入った時のバランスはいい。

重心はほぼ中央にある。
重くなりがちな後軸にアクリルパイプを使って
軽量化を図っているのが功を奏しているようだ。

グリップの真ちゅうは触れるとサラサラとした心地よさがある。
とは言え、滑ってしまうということではない。
ギュッと力を入れて握ればフィットするグリップ性もある。 

001のボディカラーは全5色。
それぞれのボディカラーにあわせたインクがセットされている。

このグリーンブラックからは、
なるほど同じダーク系のグリーンのインクが出てきた。
かなり深みのあるグリーンなので、ビジネスシーンでも使いやすい。
それでいてさりげなく個性も表現できる。 


■ 大人のクーピー 002 

思わず手に取りたくなるカラーリングの002。

とても軽やかな印象だが、
こちらも001同様、メインボディは真ちゅう製。
そしてそのほぼ全面をすりガラス状のアクリルパイプで覆われている。

アクリル部分が多いので001より軽量。
クーピースタイルのシンプルこの上ないデザインだが、
語りどころは随所にある。 

まず、ボディカラーの見え方というか、見せ方。

001と同じすりガラス状のアクリルパイプなのに色の見え方が全く違う。
アクリルパイプにはうっすらとそれぞれの色味が付けられている。
これは001と同じだ。

違うのは、その内側の真ちゅうボディの仕上げだ。
001は真ちゅうそのままだったが、002は塗装されているのだ。
この塗装にこだわっている。
露出しているペン先とツイストダイヤルはマットな塗装。
対してこのパイプの内側はツヤツヤとした仕上げになっている。
こうすることで光の反射がほどよく生まれ、美しく見えるのだという。 

ツイストダイヤルのフォルムも001と違う。
これを見たらきっと誰もが先端をつまんでツイストしてしまうことだろう。
決して押したり引っ張ったりはしない。
人を正しい行動へと促すフォルムの力を感じる。

001同様まったりとした感触で気持ちよく回転していく。
繰り出されたペン先を見ていてフト気付いた。
フラットなボディからペン先にいく直前にわずかに段差がある。

この形状は、子供の頃からよく手にしていた
クーピーペンシルの形そのものではないか。
パッと見てクーピーっぽいと感じたのは、
こうしたディテールによるものなのだろう。
002は全10色とカラバリが豊富。ただインクは全てブラック。 

* 

サクラクレパスらしさをしっかり活かしながら、
独自の個性も併せ持つ今回のSAKURA craft_lab 001、002。
私の年齢ならシックな001を手にすべきなのかもしれないが、
個人的には002の方にグラッときた。

ふだん鉛筆をよく手にする私には、
このシンプルなフォルムがしっくりくる。
そして真ちゅうの重みも味わえていい。

この002ボディで、
今回の水性ゲルインクボールペンタイプだけではなく、
クーピー芯や黒鉛芯を搭載したタイプがあったらいいのにと思った。 


□編集後記

 ここ数年肩書きを
 「ステーショナリー ディレクター」というものを
 使っています。

 肩書きって面白いもので
 それを付けて粛々と仕事を行っていると
 その肩書きにあった仕事が
 次第次第にいただけるようになっていくんですね。

 今年は特に商品企画のディレクション、
 売り場のディレクションの仕事をいただきました。
 また、新しいディレクションプロジェクトも現在準備中なんです。

 肩書きとは、個人にとっての「看板」ですね。
 人は看板を見てお店に行くように
 肩書きも同じような意味合いなんですね。
 そう考えると、しごく当たり前のこととも思えます。


□新刊本「暮らしの文房具」
 暮らしの中で文具をどう使い楽しんでいるかを紹介したエッセイ集です。
 https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/


□とうとう作ってしまいました「フレームマンスリー手帳」
 もう1ヶ月の外枠を囲む必要がなくなりました。
 http://www.pen-info.jp/library/all/note/20170829_12215.html


□「時計式ToDo管理ふせん ブルーダイヤル」
 http://www.pen-info.jp/library/all/note/20160920_10593.html
 

□早撃ちガンマンのように3秒でメモ体勢に入れる
 鉛筆付きミニ手帳「すぐログ」(ダイゴー)
 https://shop.daigo.co.jp/item/43912/

 
□「pen-info」のFacebookページ
 http://www.facebook.com/PenInfojp


□ウェブサイトには画像もございますので、併せてご覧ください。     
 http://www.pen-info.jp/

                        
__________________________________

   文具ウェブマガジン 「pen-info_文具で楽しいひととき」

 ■ 発行:土橋正事務所  http://www.pen-info.jp/
               info@pen-info.jp 
       
 ■ 著書 :

  「暮らしの文房具」
   https://www.amazon.co.jp/dp/4768308872/

  「仕事文具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045880/

  「文房具のやすみじかん」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4834082377/

  「モノが少ないと快適に働ける」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4492045228/

  「文具上手」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487806801/

  「文具の流儀」
   http://www.amazon.co.jp/gp/product/4487805228/ 

  「仕事にすぐ効く 魔法の文房具」
   http://www.amazon.co.jp/dp/4487804620/
  
  「ステーショナリーハック!」 
   http://www.amazon.co.jp/dp/4838720289/

  「やっぱり欲しい文房具」
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4774126098/


 ■ オールアバウトでステーショナリー ガイドもしております。
   http://allabout.co.jp/mensstyle/stationery/
__________________________________

  このメールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
__________________________________

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/08/14
部数 1,725部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/08/14
部数 1,725部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング