文具で楽しいひととき

サンプル誌


□□◇
□□□
□□□                       

    ■ステイショナリー評論家■

                    □□◇
                    □□□
                    □□□ 

                          祝   第1号

━━━━━━━□━━━━━━━━━━━━━━━━━
このたびは、メールマガジン「ステイショナリー評論家」
ご購読いただき有難うございます。これからこだわりの
ある文房具を厳選し、情報を定期的に配信してまいりま
す。毎回、1つのステイショナリーにスポットライトを
あて、いろんな角度から評論(紹介)していきます。

なお、WEBもございます。
商品の画像も掲載してますので、あわせてご覧
いただければ、よりわかりやすく読んでいただけると
思います。毎回楽しみにご覧になってください。
皆様よろしくお願い致します。

ステイショナリー評論家 WEB
http://tttk5jp.hp.infoseek.co.jp/

それでは、早速第1回目のステイショナリー評論です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━

■今回お題■
ここまで来たか 日本のデザイン 
「TOMBOW デザインコレクション XPA」
2,500円

□ 2003年11月15日発売が開始された
TOMBOW デザインコレクション XPAを
早速、銀座伊東屋に買いに走りました。

伊東屋さんでもまだ正式入荷されておらず、
ショーウインドウに入っていた現品を購入することに
なりました。

□ まず、トンボさんのデザイン性の高い
ステイショナリーへの取り組みですが、
第1回目のISOT(ステイショナリーの展示会)
の時、つまり、1990年に私は始めてトンボさんの
ZOOMシリーズを見ました。
その時も大変インパクトのあるデザイン文具シリーズ
でした。調べてみたところ、それ以前の1986年
からトンボさんは日本のメーカーには
珍しく書き手の個性やこだわりにふさわしい斬新な
デザインへの取り組みを始めていました。

日本では残念ながら、知る人ぞ知るという
存在ですが、ヨーロッパでは、そのシリーズの1つ
であるZOOM707がドイツ国際デザイン賞の
「DESIGN PLUS」などいくつかの
デザイン賞を受賞しています。日本よりも
ドイツをはじめとするヨーロッパで高い評価を
されています。

そのZOOM707はそれ以降も販売が続き、
今回のデザインコレクションにもあらためて
入っていました。

□ さて、本題のデザイン コレクションシリーズ
ですが、これらはすでにヨーロッパで販売されて
いたものがこのたび、逆輸入の形で
日本に帰ってきたということです。

私としてはなぜ、もっと早く日本で販売が
始まらなかったかが疑問ですが、、、

□ 本体の説明に入る前に注目したいのが、
パッケージです。
これがまた、本体に劣らず結構いい感じです。
どことなくラミー社にイメージが似ていない
でもありませんが
ブラックのマット調の紙製のボックス。
右下には9個ドット(穴)
を配してシンプルにまとまっています。

□ 本体ペンは見た目、知らない人がみたら
はじめペンとは思わないかもしてません。
何かのパーツか工具といった印象です。

手にしてみると、それほど重さはなく
(21.7g)しかし、存在感のあるデザインです。
手触りは、金属感があふれ、つや消し独特のちょっと
ざらざらして手にフィットする感じです。

使用しない時はペンの長さが105mmで、
書くときはペン先の反対側を引っ張るとボディが
伸びると同時にペン先が繰り出して129mmと
伸びるという面白い仕掛けです。
ペン先をしまう時、つまり、ボディをちじめた
時にクリック感があり、カチッととまります。
ポケットなどにしまっている時に、ペン先が
不用意に出ないような安心設計になっています。
引っ張った状態はなにか金属製の注射器みたいな
感じです。

ペンにはクリップはなく、その代わりにヘッド部に
穴が1つあり、ペンダントのようにひもをとおして
首にかけたり、キーホルダーにつけたり、
携帯電話ホルダーにつけたりと、今までとは違った
使い方ができそうです。

□ 私が使う場合はコンパクトで
ペン先もとがっていないので、ポケットに
放り込んでおいて普段使いをしようと思ってます。

日本の文具デザインもいよいよ世界レベルになってきたと
感じさせるユニークなペンでした。


□□□□□                       

    ■ステイショナリー評論家■
   http://tttk5jp.hp.infoseek.co.jp/
   ご意見・ご感想お待ちしております。

                    □□□□□

----------------------------------------------------------------------
  発行人:T T tttk5jp@yahoo.co.jp
 □ステイショナリー評論家□ メールマガジンは
 『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121437.htm
---------------------------------------------------------------------

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/08/14
部数 1,724部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

文具で楽しいひととき

RSSを登録する
発行周期 ほぼ隔週
最新号 2018/08/14
部数 1,724部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング