ギリギリ探偵白書

ギリ探金曜日「好事 魔多し」

---------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------
////・・〜〜〜〜
////----□□■     「 ギ リ ギ リ 探 偵 白 書 」
<><><><>
<><><><>     2007 / 01 / 19 金曜日版
<><><><>
<><><><>     関連サイト:http://www.go-tiu.com/ T.I.U.総合探偵社
--------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
「ギリギリ探偵白書」は、T.I.U.総合探偵社のメンバーが、実際に体験した
調査をご依頼者様の許可を得て作成されています。

また、ストーカーに遭わない方法や浮気の見抜き方など、
探偵的リスクマネージメントについての紹介をしていきます。

「面白い!」「役に立つ!」と思ったら、友達にも転送して勧めて下さいね!


   <<<<<<<<<<<<<<<<<<---------------->>>>>>>>>>>>>>>>>>


<<目次>>


・「探偵サザビーのちょっくら良い話GT」
・ お知らせ
・ メルマガ紹介
・ 編集後記

______________________________________
______________________________________

■「探偵サザビーのちょっくら良い話GT」
======================================

   「好事 魔多し」


こんにちわ、サザビーです。

運やツキって信じますか?

運がいいとか悪いとか
人は時々、口にするけど
そういう事って確かにあると、あなたを見ててそう思う。

と、さだまさしも言ってますからね。


まあ、流れってものがあると思うのですよ。
調子の良い時、悪い時と。

悪い時ってのは、何をやってもうまく行かないし
足掻けば足掻くほど、沈んでいく感じでね。

逆に良い時は、何をやってもうまく行くんです。

ただ気をつけましょう。
そういう時に限って罠が待ち構えているものです。

流れ的には下り坂なのに、調子が良いと過信して
失敗してしまう事が多々ありますからね。


って、何の話じゃい!!ギリ探スタート!





 私は、その日、明け方までの調査を終え、事務所で寝ていた。
 横では、同行した田中も大きなイビキをかいている。

 電話の音で目が覚めた。
 田中のイビキは止まる所を知らない。


サザビー 「ほえ?」

阿部   「ほえ?じゃないよ」

サザビー 「おう、どうした?遅刻か?」

阿部   「は?調査だよ、調査」

サザビー 「お、順調か?」

阿部   「いや、それがな・・・」


 あべちゃんは、この日、新人の調査員をつれて
 浮気調査に出ていた。
 それが、どうもしっくり来ないらしい。


阿部   「もう少し慣れさせてからだったかな・・」

サザビー 「いや、奴は十分やれるはずだ」

阿部   「いや、俺が大変なんだよ。
      って事で、ヘルプ頼むよ、今○○だから」

サザビー 「そりゃ、無理だな。って切れてるのかよっ!!」

田中   「どうしたんですか?」

サザビー 「あべちゃんが田中に調査を手伝って欲しいってさ」

田中   「嘘つかないでくださいよ、聞いてましたよ」

サザビー 「ち、聞いてたのかよ、そういうわけだからよ
      とりあえず、メシでも食いに行くか・・・」

田中   「えっ、良いんですか?ヘルプは?」

サザビー 「ああ、まだ声が余裕だったからな。
      それに、新人君のためにならんだろう」

田中   「そうですかねぇ」

サザビー 「今頃、手伝いが来ると思って、肩の力が抜けてるさ」

田中   「まあ、普通にやれば、できますからね」


 それから、私と田中は、ゆっくりと朝ご飯(時間的には昼ごはん)
 を食べ、事務所に戻ってきた。

 すると、帰ってくるのを待っていたかのように電話がなった。

 (ぬほっ!ストーカー?)


サザビー 「なんだい?」

阿部   「あれ?田中がこっち向かってるの?」

サザビー 「ん、田中?ここにいるけど・・・」

阿部   「あれ、じゃあヘルプは?」

サザビー 「え?ヘルプ?何かあったのか?」

阿部   「おいおい、俺がさっき電話したろ」

サザビー 「電話?そんなの無いよ」

阿部   「あれ、電話してなかったっけなぁ・・・」

サザビー 「おいおい、大丈夫か?もうボケが来てんのかよ」

阿部   「いや、電話したぞぉ・・・たぶん」

サザビー 「で、調査は、どうなんだよ」

阿部   「んあぁ、順調さ、新人君の動きもよくなったし」

サザビー 「そうか、そりゃ良かった」

阿部   「それでな、○○さん(依頼者)から電話があって・・・」


 この依頼者の依頼は行方調査であった。
 息子が家に帰らなくなって1週間、当社に電話をかけてきた。

 調査を開始してから4日が過ぎている。

 この日、息子が銀行預金から、お金を引き出したらしい。
 そして、早速、お金を下ろした場所に行ったようだ。


阿部   「ま、近くにはいなかったようだけどな・・・」

サザビー 「そうだろうな、金下ろしたら銀行に用は無いだろう」

阿部   「それで、探してくれってさ」

サザビー 「はい?」

阿部   「現地に飛んでくれ」

サザビー 「はい?」

阿部   「経費分は、すぐ払うってよ、頼んだぞ」

サザビー 「おいおい、冗談だろ。って切れてるよ・・・」

田中   「・・・今からですか?」


 我々は、早速、現地に向かった。
 高速を飛ばし4時間。
 陽は落ちて、辺りはすっかり暗くなっている。

 JR線の駅の近くで、依頼者と落ち合った。
 依頼者の話が終わるのに2時間かかった。
 依頼者は、そのまま電車で帰京した。


田中   「ハァ・・・、メシにしましょ、メシに」

サザビー 「だな、疲労がピークだぜ」

田中   「爆睡してたくせに・・・」

サザビー 「ん、何か言った?」

田中   「いえいえ、別に・・・」


 その後、立ち寄った店に、聞き込みをかけたが不発だった。
 翌日、依頼者の指示通り、朝から、その銀行で張り込んでいた。
 
 (普段、こんな事はしない)

 昼の1時を少し過ぎた辺りだった。
 私たちの車に一人のオジサンが近付いてきた。


おじさん 「ねえ、さっきからここにいるけど・・・」

サザビー 「それが、何か?」

おじさん 「いや、そのね、どうしたのかなぁ・・と」

サザビー 「なんだ、おじさん、心配してくれてたの
      いやぁ、感激だなぁ。
      もしかして銀行強盗とでも思われてるのかと思った」

おじさん 「・・・そんな、銀行強盗って」

サザビー 「でも、心配してるなら、缶コーヒーの差し入れぐらい」

田中   「そこまでしないでしょう普通」

サザビー 「そう?都会と違って、田舎の人は人情に溢れてる
      って言うけど、ありゃ、嘘か?嘘なのか?」

田中   「嘘じゃないでしょうけど
      誰彼構わずってわけでもないですよ」

サザビー 「そうか、余所者には冷たいんだな・・・」

おじさん 「あ、あの・・・」

サザビー 「ああ、失礼、ところで、この方、知りませんか?」


 私は、対象者の写真を見せた。
 おじさんは写真を見て、頭を横に振った。


おじさん 「もしかして、刑事さんですか」

サザビー 「もし、見かけたら電話ください」

 
 銀行員のおじさんに携帯番号を教え
 その場から離れる事にし、銀行の近くのパチンコ屋に車を停めた。

 (パチンコ屋か・・・)

田中   「サザビーさん、調査中ですからダメですよ」

サザビー 「いや、パチンコでもやってるんじゃないかなと・・・」

田中   「ギャンブルは全くやらないって事ですが・・・」


 それを言ってのは依頼者である。
 対象者、つまり依頼者の息子は高校を卒業と同時に
 一人暮らしをはじめている。

 依頼者の情報が全てあっているとは限らない。
 現に、対象者の部屋に競馬新聞が置いてあったのを見ている。

 昨日、銀行から下ろした金額が5万円。
 生活費とも考えられるが、パチンコ代ととらえる事も出来る。


サザビー 「当然、この店は見てないよな」

田中   「依頼者ですか?見てないでしょうね」


 その時、携帯電話がなった。

 (銀行員のおじさんか!?)

 あべちゃんだった。


阿部   「おい、新情報だ」

サザビー 「何?」

阿部   「元同級生が、その近く住んでるぞ」

サザビー 「ほほう・・・」

阿部   「あとなぁ、この間、やっぱ電話しただろ」

 (はい、なんの電話?)

阿部   「まったく、人をボケ扱いしおって・・・」


 話が長くなりそうなので、私は電話を切った。
 田中に、住所を教え、尋ねるように指示した。

 私は、その場に残った。
 依頼者との約束上、銀行から離れるわけにはいかない。
 私はパチンコ屋の戸をくぐった。

 店内をフラフラと歩いていると携帯電話がなった。
 

田中   「サザビーさん、ビンゴです」

サザビー 「いたのか?」

田中   「今は出かけてますが、転がり込んでるみたいです」

サザビー 「そう、んじゃ、あべちゃんに連絡しとくわ」

田中   「ええ、で、サザビーさんはどうします?」

サザビー 「ああ、いつ帰ってくるかわからんからな。
      お前は、そのまま張っててくれ」

田中   「サザビーさんは?」

サザビー 「俺は仕方が無いから、この場で待機してるよ」

田中   「・・・・・パチンコやる気ですね?」


 電話を切ると、そのまま、あべちゃんに電話し
 依頼者に連絡を取ってもらう事にした。

 その後、田中から対象者を確認したとの電話が入った。

 なぜか、対象者とともにパチンコをしながら
 依頼者の到着を待つことになった。

______________________________________
■お知らせ
======================================

★「こちら探偵社」

 T.I.U.のブログです。過去のギリ探、再掲載してます。
 最近、毎日更新を目標にブログってます。
 お時間のある方は一見を。

 http://blog.goo.ne.jp/tantei-tiu/


★ギリギリ探偵団のメンバーでもある大阪のおっちゃんさんが
 「ギリ探」の感想を書いてくれたりするブログを作ってくれた!

 時には、辛口コメントも!?
 大阪のおっちゃん!秋の深さに負けず がんばれ!!

 「ギリギリ探偵団・G.T.O.F.C」
 (http://blog.goo.ne.jp/syorizumidesu)


★防犯意識に革命を!!
 ヤフーショップ「防犯王」

 防犯グッズ販売しています。

 http://store.yahoo.co.jp/bouhan-king/index.html


______________________________________
______________________________________
■メルマガ紹介


★協力していただいた皆さん、ありがとうございました!!

 あなたのメルマガで!HPで!ブログで!

 「ギリ探」を応援していただけませんか?

 ついでに「T.I.U.総合探偵社」他、当社サイトと
 相互リンクをして頂ける方、募集しています。


 相互広告?したろやないけぇ!!
 探偵社?リンク貼ったろやないけ!

 って方は、下記までメールお願いします。

  anshin@go-tiu.com

CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC

■編集後記    byサザビー

さだまさしネタでもう一つ。
去年の紅白で歌ってた「案山子」に

「金送れ」の一言でいい。

という歌詞がありますね。

最近はね、金送れの一言だけだと
振り込め詐欺だと思われてしまいますからね。
気をつけないといけません。

でも、まあ、親に定期的に連絡するのは良い事だと思いますよ。
便りが無いのは無事な証拠とは言いますがね。

一人暮らしをしている人もね。
たまには親に電話をかけてみましょう。
今の時代、携帯電話でボタン一つでかけられますから。


プルルルル、プルルルル・・・


「はい、○○です」

「あ、母ちゃん、オレオレ」


ガチャッ、プープープー。




胡散臭さが滲み出た?サザビーでした。



 「こち探」適度に更新中  http://blog.goo.ne.jp/tantei-tiu/

 

 現在、T.I.U.総合探偵社では、
 1月からのT.I.U.探偵養成学校の生徒を募集しています。
 探偵になりたい方、開業したい方、お待ちしております。

 あべちゃんの授業、受けてみませんか?

 締め切りは1月20日です。詳しくは、お問合せ下さい。

 約1年の長期育成で、本物の探偵を育てます。

 T.I.U.探偵養成学校
 http://www.tanteischool.com/


----------------------------------------------------------------------
  このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
  発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121372.htm
  ----------------------------------------------------------------------
作成:合名会社T.I.U.「T.I.U.総合探偵社」
東京都目黒区東山3−16−3
TEL03-5773-5589 FAX03-5773-5590
ご意見・ご感想  anshin@go-tiu.com

ギリギリ探偵白書

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/12 部数:  1,995部

ついでに読みたい

ギリギリ探偵白書

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/12 部数:  1,995部

他のメルマガを読む