ギリギリ探偵白書

今宵の尾行はサバイバル!ギリ探(金)

---------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------
////・・〜〜〜〜
////----□□■     「 ギ リ ギ リ 探 偵 白 書 」
<><><><>
<><><><>     2004 / 10 / 22 金曜日版
<><><><>
<><><><>     関連サイト:http://www.go-tiu.com/ T.I.U.総合探偵社
--------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------
「ギリギリ探偵白書」は、T.I.U.総合探偵社のメンバーが、実際に体験した
調査をご依頼者様の許可を得て作成されています。

また、ストーカーに遭わない方法や浮気の見抜き方など、
探偵的リスクマネージメントについての紹介をしていきます。

「面白い!」「役に立つ!」と思ったら、友達にも転送して勧めて下さいね!


   <<<<<<<<<<<<<<<<<<---------------->>>>>>>>>>>>>>>>>>


<<目次>>


・「探偵サザビーの、ちょっといい話 Z」
・ お知らせ
・ 相互広告
・ 編集後記


______________________________________
______________________________________


■「探偵サザビーの、ちょっといい話 Z」
======================================


 「俺は、お前の噛ませ犬じゃない!!」

 ってゆーか、犬じゃない! こんにちわ、サザビーです。

 いやぁ、明大一場、横浜からもお金を貰っていたんですね。
 まいった、まいった。

 しかし、その昔は、長嶋茂雄も貰ってたみたいですよ。
 南海から。

 まあ、みんな貰ってんでしょうね、多分。
 
 そんなわけで、ギリ探ですね。



 私は、わたぼんの運転する車で、依頼者の家に向かっていた。
 依頼の内容は、長男の後をつけて、居所を判明して欲しいとの事だった。

 始めに話を聞いた時は、全然、意味がわからなかった。
 
わたぼん 「ただ、尾行すれば良いんですよね」
サザビー 「そう言ってたな」
わたぼん 「じゃ、楽勝ですね」
サザビー 「なんかそうでもないみたいよ」

 依頼者は自ら尾行を敢行したことがあるらしい。
 そして、しっかりバレた。
 元々、警戒心の強かった長男は、より警戒心を高めてしまった。

 すでに素人には、どうにもならないレヴェルだという。
 東京方面の電車に乗る事は、判明している。

わたぼん 「まあ、けど、大丈夫でしょう」
サザビー 「都内に入ったら、あべちゃん達も、参戦するしね」

 我々の作戦では、尾行する人間をコロコロ変える、なんてものだった。
 (単純明快である)
 東京都内に入れば、最大6人での尾行となる。

 私とわたぼんが先鋒である。
 二人の耳には、無線機が着けられている。
 (無線機着けるとさ、踊る大走査線やりたくなっちゃうよね?)

 私達は、現地に入り、張り込みを開始した。
 張り込みから、3時間、長男が出てきた。
 
 長男は、何度も後ろを振り向いた。
 (家から、バス通りもでの数百メートルの間に)
 どうやら、駅まで、バスで行くらしい。

 私は、バスには乗らず、車でバスを尾行した。
 
わたぼん 「大丈夫っすね、余裕ですよ」

 長男は駅の一つ手前の停留所で降りた。

わたぼん 「ありゃ、どうしますか?」
サザビー 「とりあえず通過しよう」

 しかし、長男は駅とは反対方向に歩いていく。
 (なぜにっ)
 わたぼんは車を止め、長男を追いかけた。
 しかし、長男がUターンしてきた。
 (な、なんですと)
 わたぼんが長男の横を通過する。
 (わたぼん脱落!!)

 長男は、停車中の車を横目に見て、駅に向かって歩いていく。
 (車の中で必死に隠れました)
 私は無線で、わたぼんを呼び戻す。

 今度は私が尾行した。
 わたぼんは駅に先回りさせた。

 こうして、なんとか第一ラウンドを切り抜けた。
 電車の中でも長男は落ち着かない。
 席を換え、車両を換え。
 (乗客が少なかったので、ここは楽勝)

 そして、電車は東京に入った。
 この辺りで、田中が乗ってくる予定だ。

 田中は電車に乗ってくるなり、わたぼんにサインを送った。
 (親指立てて、グッドラック)
 長男の目の前で・・・。
 (ば、ばか〜)
 当然長男は、席を移動する。
 田中は肩で風を切りついて行く。
 (だれか、あいつを止めて〜)

 次の駅で、女性調査員、さらに、あべちゃんが乗ってきた。
 あべちゃんは長男の真横に座っている。
 (近っ!)
 長男は、警戒して、あべちゃんをチラチラ見ている。
 その時、突然、あべちゃんは長男のむなぐらを掴んだ。
 (なにやっとんねん!)

阿部   「何、じろじろ見とんねん、コラァ!あ?」
長男   「い、いや、あの」
阿部   「あ!?」
 (阿部脱落)

 しかし、この後、長男の態度が一変した。
 うつむき加減で、おとなしくなってしまった。
 電車を降りると、急ぎ足で、わき目も振らず歩いた。
 (これなら尾行は楽勝!)
 無事、居所を突き止めた。

______________________________________
■お知らせ
======================================


T.I.U.では、当社の活動に協力していただける「T.I.U.パートナー」を募集します。
活動協力の形は、リンク協力・相談紹介・調査補助(情報提供)などです。
※ 調査員を募集するものではありません。
詳しくは、件名に下記をコピーペーストして、
     
   件名「T.I.U.パートナー」

   anshin@go-tiu.com までお送り下さい。

______________________________________
______________________________________
■相互広告


★協力していただいた皆さん、ありがとうございました!!
 
 そんなこんなの「ギリ探」ですが、これからメルマガを発行する方・
 応援していただける方を、まだまだ大募集します。

 メールは下記までお願いします。

  anshin@go-tiu.com

CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC

■編集後記    byサザビー

 
 台風、大丈夫でした?
 今年は、多いね、しかし。

 台風かクマ、毎日ですもんね、もうビックリ。
 (毎日ぢゃねぇよ)

 そんなわけで、今週は菊花賞!
 今週も3連単で。

 1着・ホオキパウェーブ
 2着・デルタブルース
 3着・カンパニー(オペラシチー)

 で、どうですか?
 めざせ100万円!良い週末を!

 微笑の奇行師   サザビーでした。


----------------------------------------------------------------------
  このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
  発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000121372.htm
  ----------------------------------------------------------------------
作成:合名会社T.I.U.「T.I.U.総合探偵社」
東京都目黒区東山3−16−3
TEL03-5773-5589 FAX03-5773-5590
ご意見・ご感想  anshin@go-tiu.com


ギリギリ探偵白書

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/12 部数:  2,001部

ついでに読みたい

ギリギリ探偵白書

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/12 部数:  2,001部

他のメルマガを読む