つれづれ音楽生活のすすめ

つれづれ音楽生活のすすめ 00050

カテゴリー: 2004年05月17日
======================================
「つれづれ音楽生活のすすめ」  祝!!  VoL. 00050 発刊 
作者:ヴォーカリスト 牧野 俊浩                  04/05/17     
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
音楽セラピーとしての講演会やミニコンサートの企画が好評です。
お問い合わせください。詳細はホームページをご参照ください。
======================================
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■今日のバイブレーション■

   歌について何かをいえるとしたら、それは歌を歌うことしかない
          (レナード・バーンスタイン:指揮者・作曲家)           

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●今日のバイブレーションから思い浮かんだ事●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「歌うたいは歌うたう」と口癖のようにして、それを発声練習代わりにして
本番前に声を整えていた仲間がいた。私と同世代で、当時23か24の娘さん
であった。先日、たまたま長野の仕事があった折に、彼女がその土地で女流の
指揮者として活躍をしていることを知った。実に嬉しかった。
 当時の仲間の話では、勿論、歌い手としても演奏活動を続けているらしい。
当然のことながら、私と同様、まもなく60歳の大台を目前にしているわけだ。

 今日のバイブレーションを地で行くような生き方に、私自身感動をしている
し、同じ道を歩むものとして、是非今度は、同じステージにたってもみたい。

現在、年間どれくらいの音大生が社会に出て行っているのか、手元に統計はな
いが、1万5000名くらいであろうか。1979年あたりに、当時の大平首
相がこれからは「文化の時代である」という施政方針をしたことから、80年
代には、日本全国でホールや美術館が、競って建築されたものの、「箱物」を
活用するためのアートマネージメントにまでは手が回らないまま、現在に至っ
ている。
 「歌うたいは歌うたう」ことが、こども時代からトレーニングを積み重ねて
きた声楽家のミッションであろうし、ピアニスト、バイオリニストにおいても、
同様の使命が託されていると考えてよい。しかしながら、プロとして活動をす
ることは決して容易ではないのであるから、せめてその周辺で彼らの知恵を生
かす手立てはないだろうか、と思う。

 あるいは、彼ら自身がNPO組織を考えて運営をするつもりはないだろうか。 
これだけ、インターネット上ではネットワークが張り巡らされてきてはいるが、
そういった連絡サイトは、まだまだ未開拓な部分であるようだ。
それぞれが、点としては存在しているし、心許す仲間同士のリンクも増えては
いるだろうが、より広い面を視野に入れた組織がほしい。

そんな思いを持ちながら、我が町、所沢を車で走っているときに面白い看板を
みつけた。「お仕事と大工さんを紹介します」との表示である。
つまり、そこに登録することで、大工さんは仕事を紹介してもらうチャンスが
あるし、仕事を頼みたい方はそこで、希望通りの料金や仕様にそった大工さん
と出会う機会があるということであろう。

 少し判りにくい表現ではあるが、こんな「和する」考え方を、音楽の世界で
も機能させることができないだろうか。

お互いが育ちあう関係作りは文化にとって、なによりも大切な事なのであるか
ら。

手前味噌とはなるが、私のベクトルはそちらを志向しつつ、地域の音楽家との
コラボレーションを開始して3年目となった。
 お互いの刺激で、残しあえるものに確かな手応えを感じる。
それは、文化を仲立ちにした地域おこしそのものに違いない。

====================================

■今日一番の耳ご馳走スペシャル■(周波数9:「声門」最終回)

 皆さんうまく開けましたか?「声門」のアプリケーション。
あまり反応がないので心配です。まず入り口で難儀なさっているのでしょうか。
まあ、苦労しても、結果として、「結局何のため使うの?」という索漠とした、
徒労感を味わうだけのことかもしれませんが、僕としては面白くて仕方がない
ソフトなんです。

多分、犬の気持ちを人間の言葉に翻訳する「バウリンガル」や猫用の「ニャウ
リンガル」も、こういったシステムの延長線上にあることは確かです。
録音した声を、WAVファイルとして保存して、一攫千金をねらってみるもよ
し。冷静に分析すれば、嘘発見器に匹敵する機能が発見でき、気になる相手の
本心も解明できるかもしれません。ご健闘を!



「開けな〜い」つながりで、もうひとつお役立ちソフトをご紹介しておきます。
声門とは全く関係ないのですが、PDFファイルという言葉をお聞きになった
事がありますか。最近随分活用されています。どのようなソフトでつくられた
ものでもPDFファイルに変換すれば互換性ができます。
また、驚くほどファイルが軽量化できますので、メールに添付する画像含みの
資料には最適です。ただ、その分画質的にはちょっと粗くなりますので、デジ
カメ画像の機微を競い合うには不適かもしれません。

 PDFファイルを作成するには専門のファイルが必要です。以前は2,3万
しましたが、現在では1,980円で作れるものも出回っていますので、その
向きにはご検討頂ければいいでしょう。
 今回ここで、ご紹介するのは、そうやってつくられたPDFファイルを読む
ための、無料のソフトです。

別件で送付した資料が開けないというご連絡があった方に先ほどお教えしまし
たので、御裾分けで皆様方にも。(弊社ホームページにもPDF化したページ
が沢山ありますから、どうぞご活用ください)


身元はしっかりしていますので、ダウンロードしておけば、きっとお役に立ち
ますよ。

http://www.city.ina.nagano.jp/acrobat-reader/acrobat.html

その後はPDFとしてつくられたファイルをクリックすれば、自然にこのソフ
トが立ち上がります。


====================================
■思わぬところで眼ご馳走(「女子バレー」終了!)■
 
 先ほど終了した、最終のロシア戦は残念ながらストレート負け。
でも、本当にいい試合でした。さすがに疲れが出始めてはいましたが、「志」は
相変わらず、というか、更に一層燃え盛り、彼女たちの表情は、まさに、この混
迷を極める我が国の守護神として、すべての国民に力と勇気を与えてくれました。
 アテネが楽しみです。
柳本監督もいいですね。風貌や体型から判断しているのでしょうが、あの方に、
タキシードを着せて、男声合唱団の一番前でうたわせて見たくて仕方がありませ
ん。きっといいコーラスリーダーになると思います。「和す」ことの意味をしっ
かり理解されていますから、合唱指揮者も彼を視野にいれて棒を振っている限り
コーラス全体がひきしまる結果を生み出すことになるでしょう。
 新生「東洋の魔女」たち、お疲れ様でした。このあとのスケジュールは、わか
りませんが、しばらくはゆっくりとお休みください。
 素敵な笑顔と涙を有難うございました。

 ロシアの選手の活躍を眺めながら、感慨ひとつ。
20数年前、丁度、モスクワオリンピックの前年にソ連での公演にでかけた経験
があります。私にとっては最初で最後の海外公演でした。モスクワ、レニングラ
ード、ソチ、など10ヶ所ほどの都市で1ヶ月半ほど歌い続けるなか、まだまだ
若かった僕の視線は、当然のごとく娘さんを観察することに夢中。透き通るとい
う表現がぴったりの彼女たちの肌に、どぎまぎさせられることも多々ありました。
 男たちは、ファッションなんて毛頭考えもせず、キチキチの背広を着込んで、
襟元には、たくさんのバッジを光らせているのがほとんど。(そのバッジは自分
の出身地や働いている場所を示しているとの事でしたが)そんななかでも女性た
ちは、まるで妖精のように、それこそ、これぞヨーロピアンという風情のファッ
ションで街を闊歩しているのが目に付きました。「スタイル良いのは、10代か
ぎり」なんて、いままで何度もソ連公演を経験していたメンバーたちが嘯いてお
りましたが、スレンダーな美しい娘たちは、十分な眼の保養でした。

 今回も、見方によっては、そういった感慨でおおらかに一戦を楽しめたのかも
しれませんが・・・やっぱり悔しい!

 さあ、アテネ!
今度こそ雪辱を!頼みますよ!監督!
===================================
●編集後記●

 夜中になっても暑苦しくて仕方がありません。室内の温度計は28度から降り
てくる気配もありませんし・・・
 今回はバイブレーションの展開にちょっと苦労。
まあ、こんな夜もあるということで・・・。
(まだ、女子バレーをひきずってるのかなあ)
                     (17日・・もう午前3時・・)   
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■「つれづれ音楽生活のすすめ」     00050号    2004/05/17
■ご意見、ご感想、音楽への日頃の思いなどのメールをお待ちしています。
 E-mail                hotdogs@jp.bigplanet.com
 HPではいろいろなジャンルの音楽や文化の情報を掲載しています。
 URL<総合サイト>         http://homepage2.nifty.com/artbox2
     <音楽家と企画者の出会い>    http://homepage2.nifty.com/stanavi
 登録/解除、及びバックナンバー
             http://homepage2.nifty.com/artbox2/mailmaga1.html  
■発行者
〒359−0038
所沢市北秋津876−7 ニチモビル2F
有限会社 文化センターボックス     代表取締役  牧野 俊浩
TEL 042(998)0750   FAX  042(998)0751
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
===============================
■このメールマガジンは『まぐまぐ』( http:www.mag2.com)より発行しています。







このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む