つれづれ音楽生活のすすめ

サンプル誌

======================================
「つれづれ音楽生活のすすめ」       VoL.00001<創刊号>
作者:ヴォーカリスト 牧野 俊浩              03/11/28     
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
======================================
1:今日のバイブレーション

 人は、音を、耳だけで聞いているのではない。

 身体中の、すべての毛穴も一緒に、耳を傾けているんだ。

       (イナヤット・カーン:イスラム神秘主義の師)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●今日のバイブレーションから思い浮かんだ事●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私たちの周りは音に満ち満ちている。
耳も身体もその音からのがれる術はない。眼のように目蓋を閉じて情報を遮断する
事さえもできないわけである。
 
つかこうへいは次の言葉を主人公の銀ちゃんにしゃべらせる事で、新しい恋人との
別れを暗示した。(映画「蒲田行進曲」より抜粋)
 今なら、これに携帯電話やら電子機器の発するピポパポピピが加わって、もう、音
の迷宮錯乱状態。辛いわなあ。

「小夏よぉ。もう終わりなんだよ、俺たち。
めぐみがよ、洗濯しにきてくれるってから、喜んで帰ると、洗濯なんかしてなくて、
あいつ、ソファーに寝そべって長電話してんだぜ。
それで、あいつ、スティービーワンダーのレコードがんがんかけんだよぉ!疲れて
るときゃ辛いぜぇ。それに俺なんか、どっちかっていうと“津軽海峡冬景色”のほう
だもんなぁ」

 銀ちゃん役の風間杜夫が、駄々っ子みたいに、小夏役の松阪慶子に甘えていたっけ。
オイシイ役どころだった。

=================================
2:音風景雑感

●サンプル版でも紹介したが、癒しの音風景に、「水音」は定番である。喜多郎が
一般にブレイクしたレコード、「天界」も浜辺に打ち寄せる波音から始まる。細かな
砂粒が波と一緒に浜へ、海へと往復する様を想像させる見事な録音である。
耳を澄ませてしばらく聴いていると、一ケ所だけこどもの声が聞こえる場所がある。
何度聴いてもハッと我に帰る!きっと、不規則なひと波が彼女の膝丈くらいまでを
ぬらした瞬間だろう。思わず上げたという感じの声、小さく「キャッ」と聞える。
なんともイトオシイ。この声が聴きたくて、また「天界」をターンテーブルへ。
(お持ちの方は是非お試しください。ほんのちいさな声です。耳をそばだてて・・・)
=================================

●編集後記● 
 さあ、いよいよメルマガの配信開始です。
メルマガ独特のルールや活用方法は、まだまだ不明のところが多いのですが、私自
身の音体験や音楽体験をお話してゆきます。末永くご購読のほど宜しくお願いいたし
ます。皆様の体験なども是非お知らせください。

●本日一番の耳ご馳走●
 携帯電話を水につけてデーターが一瞬にしてパー。500件入っていた電話番号は
もう、あきらめざるを得ない。青菜に塩の状態で買い換えた新機種のメール着信音が
予想以上にいい。鈴をふったような音色が「出直し」の姿勢をそっと後押し。本日一
番、優しい音。

  □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■「つれづれ音楽生活のすすめ」     00001号     2003/11/28
■ご意見、ご感想、音楽への日頃の思いなどのメールをお待ちしています。
 E-mail    hotdogs@jp.bigplanet.com
 HPではいろいろなジャンルの音楽や文化の情報を掲載しています。
 URL<総合サイト>         http://homepage2.nifty.com/artbox2
   <音楽家と企画者の出会い> http://homapage2.nifty.com/stanavi
 登録/解除、及びバックナンバー
             http://homepage2.nifty.com/artbox2/mailmaga1.html  
■発行者
〒359−0038
所沢市北秋津876−7 ニチモビル2F
有限会社 文化センターボックス     代表取締役  牧野 俊浩
TEL 042(998)0750   FAX  042(998)0751
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
===============================
■このメールマガジンは『まぐまぐ』( http:www.mag2.com)より発行しています。

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む