FumioNonaka.com Newsletter

[FumioNonaka.com Newsletter: no.175]


//=========================================================================
// [FumioNonaka.com Newsletter]
//
let issue = 175;  // 第175号
let published = new Date(2018, 10, 9);  // October 9, 2018
//=========================================================================
const index = {
No_0: 「プログラミング教育」でプログラムは書けなくてもよい,
No_1: 9月の新ネタ,
No_2: セミナー,
No_3: Qiita 9月の記事
};  //_____________________________________________________________________
/*
【PR】
■2018年9・10月のセミナー・講習→No_2: セミナー
2018年10月19日金曜日「jQueryではじめるJavaScript入門」
https://www.jagra.or.jp/school/course/web/javascript_basic.html
2018年11月15日木曜日「Vue.js入門講座」
https://67.org/ws/workshop/detail/0136javascript.html

【No_0:「プログラミング教育」でプログラムは書けなくてもよい】=====
「プログラミング教育の肝は"教えない"こと 宿題より"遊び"を優先すべきワケ」
https://president.jp/articles/-/26339?fbclid=IwAR3s2aG6DsmasifU-cqyXNpNL-M-3iGCWJH4hQRo-MyALDcZjDbK8GHrovI
10月5日PRESIDENT Onlineの記事です。大きな異論はありません。ただ、分けて考えるべきことが、いくつかごっちゃになっている感じがします。たとえば、「子どものうちから、自分で考えて自力で解決するトレーニングをさせるのがいい」のは、プログラミングにかぎらない勉強全般のお話です。

他方、プロのプログラマーの「言動を見て『スゲー』と感銘を受けたり、そうしたプロの技やプロの一挙手一投足をまねしようとしたりする」のは、プログラミングに向いている子たちでしょう。得意でない子には、おもしろくもなんともありません。「スポーツや音楽」の世界と同じです。

個人的には、「社会人にとっての必須スキル」としては、別にプログラムが書けなくてもよいと考えます。必要なのは、プログラムで何ができるのか、自分の取り組んでいることのうちプログラミングで解決できるのはどこか、判断できる力です。

AIやデータ分析がますます多くの分野で活用されて、求められるのはそういう人材でしょう。プログラミングは外注すればよいことです。けれど、求める結果が必ず得られる要件定義(アルゴリズム)は、みずから考えて渡さなければならなりません。その力を育むのが「プログラミング教育」ではないでしょうか。

とはいえ、これからプログラミングの需要が増えれば、プログラムが書ける人材も育てなければなりません。さらに、理論上プログラムで解決できても、たとえば処理量が膨大になるような難しい問題に、最適なロジックを考え出す優秀な技術者は引く手数多になるはずです。「スポーツや音楽」と同じく、そういう若者には英才教育を与えるべきでしょう。

【No_1: 9月の新ネタ】=====
[HTML5新規情報]
■Vue CLI 3入門 06: CLIサービス
http://fumiononaka.com/Business/html5/FN1809001.html
Vue CLIサービスは、Vue CLIプロジェクトにインストールされるバイナリです。デフォルトで備わっているコマンドのほか、プラグインが加えるものもあります。CLIサービスの役割と使い方についてご説明します。

「Vue CLI 3入門」シリーズは、これで一応完結です。公式サイトの基本ドキュメント「Overview」と「Installation」および「Basics」にもとづいて、加筆・補正し整理して6本にまとめました。

【No_2: セミナー】=====
■jQueryではじめるJavaScript入門
http://www.jagra.or.jp/school/course/web/javascript_basic.html
HTML5でインタラクティブなコンテンツをつくるときに、CSSだけでなくJavaScriptコードも書けると表現の幅は大きくひろがります。jQueryは応用しやすく、定評のあるライブラリです。標準のJavaScriptだけでは何行にもなってしまう処理でも、jQueryを使うことで簡単に書けます。CSSの知識が活かせることも特長です。

この講座は、JavaScriptを基礎から身につけながら、jQueryも活用した効率のよいスクリプティングについて学ぶことを目的としています。実際にコードとして書く作例は、段階を踏んで解説します。できるだけ、目で見て結果が確かめられるようサンプルを選びました。

受講対象者は、HTMLとCSSの基礎を学んだ方です。JavaScriptは書いたことがなくて構いません。

【日  時】2018年10月19日金曜日5.5時間
【参加費用】20,000円(税別・教材費込)
【場  所】社団法人日本グラフィックサービス工業会
【募集人数】10名
【テキスト】オリジナルテキスト

■Vue.js入門講座
https://67.org/ws/workshop/detail/0136javascript.html
Vue.jsは、ユーザーインタフェースをつくるためのプログレッシブフレームワークです。画面の表示(View)に絞った操作を扱います。jQueryでは手間がかかるようなインターフェイスも、簡単にわかりやすく組み立てられます。

このコースはJavaScriptの文法の基礎を学んだ方が対象です。Vue.jsライブラリの設定と簡単なデータバインディングのやり方から始め、データや要素の動的な書き替え、ユーザーによるデータの操作などひとつずつ段階を踏んでコードを書き進めながら、Todoリストのアプリケーションをつくります。使う構文はECMAScript 6にもとづき、新しいキーワードや記述法、それらの利点を具体的なJavaScriptで解説します。

【日  時】2018年11月15日木曜日6.0時間
【参加費用】29,800円(税込)
【場  所】ロクナナワークショップ
【募集人数】6名

【No_3: Qiita 9月の記事】=====
■JavaScript: ボタンをすべて押したらつぎに進む ー ECMAScriptの新しめの構文を織り交ぜて
https://qiita.com/FumioNonaka/items/4e76bcdd74ad55c994e7
お題は、ボタンをすべて押したらつぎの処理に進む、というものです。組み立て方はいろいろ考えられましょう。ここで試すのは、配列とビット演算、そしてPromiseオブジェクトを用いたやり方です。そのとき、ECMAScript 2015(ES6)以降の新しめの構文も織り交ぜてゆきます。

■JavaScript: ECMAScript 2015のスプレッド構文・残余引数・分割代入を使ってみる
https://qiita.com/FumioNonaka/items/20e96ca9ede2ae157bcc
スプレッド構文と残余引数および分割代入は、ECMAScript 2015(ES6)で変数を扱う新たな構文です。もっとも、構文というものは書き方だけ説明されても、具体的にどう使うのか何が便利なのかわかりにくいことが少なくありません。本稿では、具体的に思いついたコード例をいくつかご紹介します。

■CreateJS 1.0.0: ScaleBitmapクラスでビットマップを伸縮させる
https://qiita.com/FumioNonaka/items/b36a7fcea1f5410cb44e
CreateJS Blogに2018年9月27日付で「Scaling and Stretching with the ScaleBitmap Class」が公開されました。この記事をもとに、加筆・整理してその内容をご紹介します。ScaleBitmapクラスは、名前のとおりビットマップを伸縮します。このクラスが用いるのは、ビットマップを3×3の矩形領域に分け、領域によって伸縮のし方を変える「9スライス」と呼ばれる手法です。

*/
//=========================================================================
const publisher = {
name: 野中 文雄,
mailto:fumio@mx10.ttcn.ne.jp,
web: http://www.FumioNonaka.com,
twitter: http://twitter.com/FumioNonaka,
credit: 2003-2018 (c) Fumio Nonaka all rights reserved.
};  //_____________________________________________________________________
if (wantToUnsubscribe) {  // メールマガジンの購読中止は
        // つぎのURLでお手続きください
        const url = "http://www.FumioNonaka.com/Magazine/";
        window.open(url);
}

FumioNonaka.com Newsletter

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/09
部数 417部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

FumioNonaka.com Newsletter

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 月刊
最新号 2018/10/09
部数 417部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング