赤十字国際ニュース

赤十字国際ニュース第33号

カテゴリー: 2006年07月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              赤十字国際ニュース 第33号(通巻579号)
□□■□□  +++ 助けあう心、そこに赤十字がいます。 +++ 
□■■■□     
□□■□□	 	     発行日:2006年7月25日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
--------------------------------------------------------------
*イスラエル・レバノン:
緊迫する情勢の中でも守らなければならないルール
--------------------------------------------------------------

*イスラエル・レバノン:
緊迫する情勢の中でも守らなければならないルール


イスラエル軍によるレバノンへの攻撃が始まって2週間あまり。
レバノン国内での死者は300人を超え、数千人が負傷、避難民も
50万人に達している模様です。

一般市民の犠牲が増えていく中で、赤十字は武力攻撃に加わる
全ての人に対してルールを守るように呼びかけています。

武力紛争という極限の状況の中でも守らなければならないルー
ル。それは、ジュネーブ諸条約を中心とする国際人道法です。

武力攻撃に関わる人が国際人道法を尊重することによって、攻
撃に加わらない一般市民の犠牲を少なくすることができるので
す。


■武力攻撃の原則:「軍事目標」と「それ以外の人や物」とを
区別すること

イスラエル軍の攻撃が続くレバノンでは一般市民の犠牲が増え
ており、また住宅地への爆撃で住居も多数破壊されています。
そのような緊迫する状況の中で、赤十字が常に呼びかけている
重要な原則が「戦闘員と一般市民の区別」。

武力攻撃にあたっては、何でも攻撃して良いわけではなく、戦
闘に参加しない人や物には犠牲が出ないようにする必要があり
ます。「攻撃に加わらない一般市民や一般市民が使用する施設」
と「軍事目標」を明確に区別して、攻撃は軍事目標に限定しな
ければなりません。

イスラエル北部に対してはイスラム教シーア派組織ヒズボラが
ロケット弾による攻撃を続け、一般市民に多くの死者や負傷者
を出しています。ヒズボラも国際人道法で定められたルールを
守る必要があり、一般市民が住む地区を攻撃の対象にすること
はできません。


■攻撃による利益と損害のバランスを考慮しなければなりませ
ん。

多くの一般市民が犠牲になり、公共インフラへの被害が深刻に
なるにつれて、武力攻撃時における「均衡性の原則」の尊重が
いかに重要であるかが浮き彫りとなっています。

国際人道法は武力紛争自体を禁止するものではありませんが、
「軍事上の利益」に対して「攻撃による損害や犠牲」が過度に
ならないように考慮することを求めています。「攻撃の軍事的
な必要性」と「攻撃により生じる損害や犠牲」のバランス=均
衡性を考慮しなければならないのです。これを「均衡性の原則」
と呼び、国際人道法を貫く重要な原則の一つとなっています。

 
■海上封鎖も一般市民の生活に影響がないようにしなければな
りません。

国際人道法では「戦闘の方法として一般市民を餓死させること
は禁止する」という原則のもとに、食糧や食糧生産のための農
業地域、かんがい設備など一般市民の生存に不可欠なものへの
攻撃を禁止しています。

したがって、13日にイスラエル軍が開始したレバノンでの海上
封鎖では、一般市民による食糧や生活必需品の入手を妨げるよ
うなことがあってはなりません。


■医療救援スタッフへの攻撃も禁止されています。

赤十字は、現地で活動する医療救援スタッフの安全確保も呼び
かけています。

レバノン国内に50以上の診療所と42カ所の救急ステーションを
抱える赤十字は、2,400人のボランティアを動員して、いち早く
活動を開始。国内全域で避難民に対する医療サービスを提供し
ています。

現在求められているのは、傷病者が安全に避難できるようにす
ることと、医療チームによる活動の安全を確保することです。
このことは国際人道法でも明確に定められています。


▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
発行者:日本赤十字社事業局国際部                           
〒105-8521 東京都港区芝大門1-1-3			
電話:03-3437-7087						      
FAX:03-3435-8509                                                
E-mail:kokusai@jrc.or.jp					      
URL:http://www.jrc.or.jp/		
インターネット版 赤十字国際ニュース:http://www.jrc.or.jp/ 
(写真入りのニュースがご覧になれます!是非アクセスしてみてください)
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

ついでに読みたい

赤十字国際ニュース

発行周期:  不定期 最新号:  2019/03/20 部数:  2,267部

他のメルマガを読む