赤十字国際ニュース

サンプル誌


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      赤十字国際ニュース(メルマガ版) 第1号
□□■□□  +++ 一人ひとりの力が世界に届く +++ 
□■■■□     
□□■□□	 	     発行日:2003年9月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■目次
----------------------------------------------------------------------------
 ◇産業に深刻な影響を与えるHIV/AIDS(エイズ):アフリカ
----------------------------------------------------------------------------
 ◇エイズとの闘い:国力に応じた貢献を−デル・トロ連盟会長、国連総会で呼びかけ
----------------------------------------------------------------------------
  ◇赤十字シンポジウム:テーマはエイズ
----------------------------------------------------------------------------


*****************************************************************************
◇産業に深刻な影響を与えるHIV/AIDS(エイズ):アフリカ◇

今後10年間にHIV/AIDS(エイズ)で亡くなる人の数は、過去50年間のすべての戦争で失われた
人の数より多いといわれています。すでに2,500万人もの人々が命を失い、2001年だけで、
新たに500万人がこの病気に感染しました。しかも、これらの人々の多くは、職場や家庭に
なくてはならない働き盛りの人たちです。現在、エイズの被害が最も深刻なのはアフリカの
国々、特にサハラ以南地域です。これらの国々では、エイズによって産業に深刻な影響が
出始めています。
  
南アフリカでは、鉱山労働者の3人にひとりがHIV感染者であると推定され、ケニアでは、
中規模の企業で働く人々の1割が感染しているといわれます。国連の報告によると、
ケニアでは、病気や死亡による退職が高齢による退職を上回りました。欠勤や雇用者の
入れ替えが頻発するため、これまで職場に蓄積された技術や知識が失われ、職場の士気が
下がり、生産性が落ちてしまいます。東アフリカでは、欠勤による負担が企業コスト全体の
25〜54%にも上っています。

また、エイズは家計にも深刻な影を落としています。患者を抱えた家庭では、医療費の増大が
極端に家計を圧迫するだけでなく、伝統的慣習から、地域によっては葬儀にかかる費用が
家族にとって多大な出費となる場合もあります。「何も手を打たなければ、仕事をする人も、
できた製品を買う人もいなくなってしまいます」とケニア赤十字の保健・社会サービス部長
のアシャ・モハメド医師は警鐘を鳴らしています。

危機感を感じた企業では、エイズに感染した従業員の医療費を補填するなどの対策に取り組み
始めました。知らぬふりを決め込んで生産性を落とすより、積極的な取り組みによる利益の方
が大きいことに気付いたからです。ケニア赤十字では、このような企業からの資金助成を受け
て、従業員に対するエイズ教育や、エイズ対策のための政策提言など、企業向けの総合エイズ
対策事業を開始しました。アフリカでは、他にもいくつかの国の赤十字社で同様の事業を
始めています。

*****************************************************************************
◇エイズとの闘い:国力に応じた貢献を−デル・トロ連盟会長、国連総会で呼びかけ◇

「1日わずか1米ドル足らず。人間の尊厳を守るのに高すぎる額でしょうか?エイズに苦しむ
何百万という人々の望みを取り戻すのには重すぎる負担でしょうか?」9月22日、国連総会の
エイズ特別会議において、国際赤十字・赤新月社連盟(連盟)会長のホアン・マニュエル・
スアレス・デル・トロ会長が各国政府に対して呼びかけを行いました。

エイズとの闘いに、2005年までに少なくとも100億米ドルを投資するとした、2年前の国連臨時
総会での取り組み宣言が遵守されていないことに触れ、「エイズとの闘いには息の長い取り組み
が必要です。エイズを始め、結核、マラリア等の伝染病撲滅のために設立された世界的な基金
(グローバル・ファンド)を確実に維持運営していくためには、各国がその経済的国力、
つまりGDPの規模に応じた公平な貢献を行うような仕組みが必要です」と訴えています。
「1日あたり1米ドル」とは、世界中で現在エイズに感染している人の数を非常に控えめに
見積もって4,000万人とし、100億米ドルを等分に分けた時の1人あたりの数字です。
「意志をもって取り組めば、容易に達成できる数字のはずです」

デル・トロ会長はまた、エイズ問題を最優先課題のひとつとして取り組んできた赤十字の経験
を生かして欲しいとし、各国政府に対して「赤十字、市民社会、エイズ感染者自身らと協調し、
偏見や差別、法的・政治的な障壁を取り除くことで、環境や置かれた立場に左右されず、
誰もがエイズの予防、治療、ケアを受けられるようにするべき」と述べています。

*****************************************************************************
◇赤十字シンポジウム:テーマはエイズ◇
日本赤十字社は毎年、様々なテーマのもとに赤十字シンポジウムを開催しておりますが、
16回目を迎える今年は「HIV/エイズ〜世界の現実と国際援助」と題して、11月1日(土)に
ゲートシティホール(ゲートシティ大崎B1F:東京都品川区)にて開催することになりました。
世界中で猛威をふるい、さらに拡大を続けているHIV/エイズについて、NGOなど実際にエイズ
対策に携わっている関係者をパネリストにお迎えしてシンポジウムを開催いたしますので、
是非ご参加ください。参加は無料です。

参加を希望される方は官製はがきに郵便番号・住所・氏名・電話番号・職業を記入して、
10/14(火)までに(当日消印有効)以下までお申込みください。詳細は日赤ホームページ
(http://www.jrc.or.jp)をご覧下さい。
〒105-8521 東京都港区芝大門1-1-3 
日本赤十字社国際部企画課「赤十字シンポジウム2003」係

なお、この赤十字シンポジウムの模様は本年12月13日(土)にNHK教育テレビの
「土曜フォーラム」の番組として午後11時30分から放映される予定です。
*****************************************************************************

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
発行者:日本赤十字社事業局国際部                           
〒105-8521 東京都港区芝大門1-1-3			
電話:03-3437-7087						      
FAX:03-3435-8509                                                
E-mail:kokusai@jrc.or.jp					      
URL:http://www.jrc.or.jp/		
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

■注意!メールマガジンの登録・解除をご希望の方■
*日本赤十字社のメールマガジン配信は、まぐまぐ配信システムによって管理されています。
登録・解除をご希望の際は、以下のURLにて行って下さい。
http://www.mag2.com/m/0000117537.htm

*まぐまぐで発行されているメールマガジンに登録されますと、併せてメールマガジンの
新着情報やお知らせなどを掲載している「ウィークリーまぐまぐ」にも登録されるシステム
になっています。
「ウィークリーまぐまぐ」の解除を希望される方は以下のURLにて手続きを行って下さい。
http://www.mag2.com/wmag/
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

赤十字国際ニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/17
部数 2,292部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

赤十字国際ニュース

RSSを登録する
発行周期 不定期
最新号 2018/08/17
部数 2,292部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング