痛快!明解!!人事の疑問

◆痛快!明解!!人事の疑問 Vol.76

カテゴリー: 2016年05月30日
 ☆━━━━━━━━━ (´ヘ`;)□――――□(^ム^) ━━━━━━━━━★

    【痛快!明解!!人事の疑問】  ― Vol.76 2016/5/30 ―

                      http://www.jinji-plus.com

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  不定期発行  ━☆
         ◆「等幅フォント」でご覧下さい。◆
 ----------------------------------------------------------------------

         〓 正社員と同じ仕事なのに…… 〓


 【状 況】

 ▼(´ヘ`;)
 勤続10年の契約社員です。給料について納得いかないのですが……。

 ▼(^ム^)
 どのように納得いかないのですか?

 ▼(´ヘ`;)
 正社員と同じ仕事をしているのに、給料は半分位しかもらっていません。
 正社員に出ている通勤手当もありません。やってられません。

 ▼(^ム^)
 ご立腹ごもっともです。

 ----------------------------------------------------------------------

 【相 談】

 ▼(´ヘ`;)
 安倍首相が打ち出した「同一労働同一賃金」は、「正規・非正規を問わず同
 じ会社に勤める職務が同じ労働者であれば同じ賃金にしていこうというもの
 ですよね。

 ----------------------------------------------------------------------

 【解 説】

 ▼(^ム^)
 非正規労働者(契約社員も非正規労働者です。)の多くは就業場所や従事す
 る業務の内容等を限定され、短時間勤務のこともあるりますので、会社の命
 令で転勤や配置転換、業務内容の変更等がなされる正社員と単純に比較する
 ことは難しいです。

 非正規労働者の賃金は労働者の能力や勤続年数よりも業務内容で決まるため
 、正社員のように昇給という概念があまりありません。そのため賃金は頭打
 ちとなり不公平を感じることになります。

 労働契約法では、会社が有期契約であることを理由に不合理な労働条件を定
 めることを禁止しています。同じ会社に勤める正社員と非正規労働者との間
 で、「労働条件」、つまり賃金や労働時間、服務規程および教育訓練の適用、
 福利厚生等の一切の待遇について、不合理な格差を設けることはできません。

 格差が「不合理」かどうかは

 (1)業務の内容
 (2)責任の程度
 (3)転勤等の人事異動の有無とその範囲
 (4)労使間の慣行その他の事情

 という4つの観点から判断されます。

 不合理な労働条件の定めは無効となり、かつ非正規労働者の労働条件は基本
 的に正社員と同じものと解釈されます。

 不合理な労働条件の定めを置くこと自体が会社の不法行為となるため、損害
 賠償の対象となります。

 正社員と自分の業務内容や責任の程度が同等であること等を主張して、会社
 に賃金額の是正を求め、会社が応じない場合には、正社員の賃金との差額分
 の支払いを求めて提訴することができます。

 「労働条件」には通勤手当や食堂の利用、安全管理等も含まれますので、正
 社員に通勤手当が出ているのであれば、併せてその支払いを会社に求めるこ
 ともできます。

 ただし、非正規労働者は就業場所や従事する業務の内容、責任等が限定され
 ていることも多く、その労働条件は必ずしも上記の4つの観点を満たすとは
 限りませんので、改めて契約内容を確認してから慎重に行動してください。


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


 【とっぴんぱらり】 ― 再雇用、同じ業務での賃金格差は違法 ―

 定年退職後に運送会社に再雇用された嘱託社員のトラック運転手が、正社員
 との賃金格差の是正を求めた訴訟で、「業務内容が同じなのに賃金が異なる
 のは不合理」として、正社員との賃金の差額を支払うよう運送会社に命じる
 判決がありました。

 判決は「定年前と同じ立場で同じ仕事をさせながら、給与水準を下げてコス
 ト圧縮の手段にするのは正当ではない」と指摘しました。

 企業が定年後に嘱託社員を雇用する場合、仕事内容の変更とともに賃金を引
 き下げることは一般的ですが、業務内容や責任の程度が同等であれば不合理
 な労働条件となり労働契約法に違反することになるということでしょうね。


 ★☆―――――――――――――――――――――――――――――――――

  【発  行  者】村山社会保険労務士事務所    村山 勝
  【所  在  地】埼玉県熊谷市新堀新田598
  【お問い合わせ】info@jinji-plus.com
  【ホームページ】http://www.jinji-plus.com
  【ブ  ロ  グ】http://jinjiplus.way-nifty.com

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――☆★

 【免責事項】
 本メールマガジンについては万全を期しておりますが、その内容を保証する
 ものではありません。個別事例への対応は担当行政、専門家等にご相談され
 ることをお勧めいたします。万一この内容により損害を被った場合でも、発
 行者は責任を負いかねます。

 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

  このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
 発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000117119.htm

 ☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


痛快!明解!!人事の疑問

発行周期: 不定期発行 最新号:  2018/11/29 部数:  438部

ついでに読みたい

痛快!明解!!人事の疑問

発行周期:  不定期発行 最新号:  2018/11/29 部数:  438部

他のメルマガを読む