最前線で活躍する一流が語る こころの仕事の心意気

こころの仕事の心意気★上手くいく人とそうでない人の「見た目」とは

カテゴリー: 2017年09月17日
最前線で活躍する一流が語る こころの仕事の心意気は、
心に携わるお仕事をされているカウンセラー、セラピスト、コーチなど
プロのあなた、そして、これからプロになるあなたへ贈る『成功講座』です!

◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ◆
       ~ メンタルサービスへのご招待 ~          

    最前線で活躍する一流が語る こころの仕事の心意気      

                    第672号 2017/09/17発行
◆ ◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ◆


今回のインタビューは、一般社団法人 嘉祥流観相学会の
岡井 浄幸(おかい じょうこう)先生です。


岡井先生は、顔つきからその人の性格やあり方を読み解く
「嘉祥流観相学」を通じて、人生を輝かせる生き方や考え方を
多くの方に指南されています。 

「グッド!モーニング(テレビ朝日)」などのテレビ番組、ラジオ、
雑誌などにも出演されていて、岡井先生の指南を受けられた有名人
も多数おられます。 


岡井先生ご自身は、もともと観相学に興味があって学び始めた
わけでなく、数奇なご縁があって今のお仕事をされているとのこと。 

お話を伺うと、いかに周りの方とのご縁、そしてご自身の
巡り合わせを大切にされてきたのかが良くわかります。 

今のお仕事に至るまでの経緯と、顔と人生の関係をひも解く
観相学について、そしてこれからの取組みについて伺いました。

4回連載の最終回になります。



◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<CONTENTS>━━
┃メンタルサービスへのご招待 <ダイジェスト版>
┃第112回(4/4)
┃
┃岡井 浄幸 先生 一般社団法人 嘉祥流観相学会
┃
┃ (インタビュアー 石坂育仁、京牟禮彩、倉橋竜哉)
┃
┃ ◎JMS研究所から「めぐりが良い顔、めぐりが悪い顔」
┃ 
◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




今、雑誌やテレビなどで話題の「呼吸法」

呼吸をするだけで、自律神経が整って、ココロとカラダがラクになる
ということを目にしたり、聞いたことはありませんか?

・・・ちょっと興味はあるけれど、どうやったらいいのかよく分からない。

という方も多いのではないでしょうか。


呼吸法の日本マイブレス協会では、直接指導を受けられる通学クラスと
自宅で学べる通信講座をご用意しております。


クラスで学べる通学コース(全国各地)
>> http://www.mybreath.jp/class/breathpresent

自宅で学べる通信講座「呼吸法入門」(国内・海外)
>> http://www.mybreath.jp/firstbreath

お金のめぐりと息づかいに特化した通信コース(国内・海外)
>> http://www.mybreath.jp/program001


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




まずその人が「明」なのか「暗」なのかを見ます。

   岡井 浄幸 先生 一般社団法人 嘉祥流観相学会



◆岡井先生はいつ頃から1対1のカウンセリングを
始められましたか?


以前、藤木先生が講演などをされた時に、先生の前に
ずらっと並ばれた方に対してお手伝いのようなことを
していたことがありました。

本格的にカウンセリングを行うようになったのは、
先生が入院された後です。

はじめは藤木先生の代わりに行うようになり、先生が
亡くなって私がテレビなどに出るようになってからは、
直接依頼が来るようになりました。


◆今ではカウンセラーの指導もされていますが、
上手くいくタイプとそうでないタイプの違いを教えてください。


やはり「思考が明るいか暗いか」です。

明るい方はうまくいきます。

観相学では、まずその人が「明」なのか「暗」なのかを見ます。

それは見た目中心ではなくて考え方ですが、
考え方は必ず顔に現れます。

わかりやすいポイントとしては「目」「額」「眉」です。

「目は心の窓」と言いますが、心で感じていること、
考えていることは全て現れます。

そして脳の前頭葉に近い部分にある
「額」や「眉」にも同様に現れます。


あと、人とお会いして話す時に

「相手の目を見て話すことができるかどうか」

も重要なポイントです。

名刺交換などの挨拶の時に、下を向いたりして目を
そらしてしまう方や、虚ろな目つきだったり、
視線が安定しない方は、心も同じような状態です。

仏教用語で「入我我入」と言って「まず私に入りなさい、
そのかわり私もあなたに入るから」という状態になるには、
まずお互いに心を開かないとできないのです。

その状態に入るには「相手のことを褒める」というのも
大事なポイントです。

明の人は、相手の良いところを見つけて褒めるのが
上手いですし、褒められた方も明になりやすいです。


◆観相学を実生活でどのように取り入れたら良いですか?


まずは毎朝、自分の顔をきちんと見て笑顔が作れるか
どうか確認してみてください。

笑顔が作れない方が多くて、特に口角が上げられない人は
気持ちの切り替えが苦手な人が多いです。

だから自分で口角を上げられない人は、手を使ってでも
口角を上げる練習をしてみてください。

そうすると脳が「笑顔」の刺激を受けますから。

口角は歳をとったから下がるわけではなく、
歳をとってもハッピーなら口角は上がります。

自分で自分に笑いかけられない人は、
人に笑いかけられないですから。



   (・・・つづきは ⇒ http://mybreath.jp/ach/int1124 )


===============================


当メルマガでは、ダイジェスト版でお届けしています。

Webサイトで、完全版をお読み頂けます。

完全版では、


・目上の方から誘われて、多くのチャンスを手にしてきた理由
・「心の仕事」に求められるものは何か?
・これから先の岡井先生の展望

・・・・などの詳しい記事をご紹介しています。

他では決して聞けない先生の「生の声」に触れられます。
ぜひ完全版をご覧になって、先生の熱い想いとパワーを
あなたも吸収してください。

インタビュー完全版は ⇒ http://mybreath.jp/ach/int1124




◆JMS研究所から「めぐりが良い顔、めぐりが悪い顔」


インタビュアーの倉橋竜哉です。


岡井先生に嘉祥流観相学を教えていただくようになってから、

周りの人の「表情」「顔つき」「顔立ち」に
興味が向くようになりました。

特に今回のインタビューでもありましたが

「明」と「暗」

の違いについて、意識をするようになりました。


私は呼吸法の講座で「お金のめぐりと息づかい」
というテーマのクラスも開催していますが、

お金のめぐりが良い人は、ほぼ例外なく「明」で、
滞っていてめぐりが悪い人は「暗」の顔つきになっています。


そして、お金のめぐりが悪かった人も、呼吸法を通じて
めぐりが良くなることで「明」に変わります。


お金、お仕事、人間関係、家庭などが思い通りにならず
滞っていて悩んでおられる方も多いと思います。

鏡を見ると「暗」の顔つきになっていませんか?


ちょうど来週から呼吸法の講座<お金の章>が
スタートします。

ブレスプレゼントクラス<お金の章>(通学)
>> http://www.mybreath.jp/class/breathpresentmoney


通学講座の残席が残り少ないですが、
自宅で受けられる通信講座もあります。

ブレスプレゼントプログラム<お金の章>(通信)
>> http://www.mybreath.jp/program001


通学講座をご希望の方は、お早めにどうぞ。

お役に立てば幸いです。


今週も、最後までお読みくださりありがとうございました。



◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇

メールマガジン「最前線で活躍する一流が語る こころの仕事の心意気」

◆登録・解除
⇒ http://www.jcounselor.net/magazine.htm

◆編集:倉橋竜哉(日本マイブレス協会)
⇒ http://www.mybreath.jp/

◆発行:日本メンタルサービス研究所
⇒ http://www.jcounselor.net/

◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇□◇

当マガジンの内容をWeb等に転載される場合は、ぜひご一報ください!
(C)Copyright2017. Japan Mental Service Lab. All rights reserved.

最前線で活躍する一流が語る こころの仕事の心意気

発行周期: 不定期の土曜日、楽しく発行しています♪ 最新号:  2017/09/17 部数:  4,625部

ついでに読みたい

最前線で活躍する一流が語る こころの仕事の心意気

発行周期:  不定期の土曜日、楽しく発行しています♪ 最新号:  2017/09/17 部数:  4,625部

他のメルマガを読む