サイエンス・コミュニケーション・ニュース

[SciCom News] No.304 2009年7月27日号 vol.1


カテゴリー: 2009年07月27日
※SciCom Newsは科学技術政策や科学技術コミュニケーションの動向をウォッチする
※メールマガジンで、毎週月曜配信されます。
※詳しくは以下のサイトをごらんください。
※購読の登録、解除も以下よりお願いします。こちらで代行はいたしませんので
※ご了承ください。
http://scicom.jp/mailmag/

科学技術政策クリップにて、ニュース解説を試みます。
http://d.hatena.ne.jp/scicom/

★発行部数 2547部(7月27日現在) まぐまぐ  2,209部+melma!338
-----------------------------------------------------------------
     ◆◇◆  Science Communication News ◆◇◆
           No.302 2009年7月13日号 Vol.1
-----------------------------------------------------------------
■巻頭言
- Twitterの誘い。日本にも現れた気軽な公共空間(春日匠)

■2009年総選挙(特設)

■今週のここがポイント
 「『先端的研究を推進して実現してほしいこと』に関するご意見募集」の集計結果

■政治と科学
 最先端研究開発支援プログラムの課題選定手順決定

■政党の動向
 衆議院解散 選挙戦へ

■産学民の動向
 東工大、アジア5大学で連携-理工系の人材育成

■科学と社会
 国際数学五輪で高校生5人「金」 物理五輪でも2人
 広島大教授ら7人停職 研究費不正使用で

■生きる 生命、食をめぐる問題
 iPS細胞で網膜再生 理研、企業と共同研究へ

■諸外国の動向
 「宇宙計画に夢を」 月面着陸40周年で元飛行士ら会見

■道を選ぶ
 学費下げ 予算増額を/全学連が政府に要請

■読み物、エンターテイメント
 体細胞クローン牛/消費者理解得る努力を

■加わる
- 【サイコムピックアップ】第10回生命科学と社会のコミュニケーション研究会 
《 一緒に見よう、な! -生命科学を視覚化する-》
 2009年8月6日(木)13時30分~17時40分 (開場は10分前です)
 京都大学大学院 農学・生命科学研究棟 1階セミナー室

■NPO法人サイエンス・コミュニケーションよりお知らせ
- 民主党の会で発言

■ひとこと編集後記

-----------------------------------------------------------------
■巻頭言
-----------------------------------------------------------------
【Twitterの誘い。日本にも現れた気軽な公共空間】春日巧(NPO法人サイコムジャパン)

140字という制限のあるミニブログ、Twitter が日本でも人気を延ばしている。
140字という制限があるいっぽうで、ウェブ・ベースのサービスであるため
メッセンジャーとちがって相手の時間を拘束せず、「ゆるく」つながれることが
メリットである。
世界初のブログサービスの一つで、その後、Google に買収された Blogger の
創業者らによって、2006年にサービスが開始されたが、昨年はアメリカ大統領選
でオバマ氏らが利用したことでアメリカでも急速にユーザー数を増やした。
今年に入って、日本でも数人の国会議員が使い始めたことで、新しい動きを見
せ始めた。
衆議院議員の逢坂誠二氏(民主党)が4月ごろに使い始めており、6月の初めに
は衆議院議員橋本岳氏(自民党)も自身のミニブログをスタートさせた。
http://twitter.com/seiji_ohsaka
http://twitter.com/ga9_h
これらのブログは、自分たちの活動について議員自身が率直に語っており、ま
た他の一般ユーザーからの問いかけにもきちんと応答していることから、話題に
なっている。
Twitterはお気に入りのユーザーを「フォロー」することで、継続的にその
ユーザーの書き込みをチェックすることができる仕組みになっているが、両議員
とも、すでに数千人のフォロワーを持っている。
また、地方議員なども含めて日本の政治家の発言をチェックできるぽりったー
というサービスもスタートしている。
http://politter.com/

こうした流れを見ると、日本人の若者は政治に関心がないというのは大いに疑
わしい。
今までは、有形無形のさまざまな社会的障壁があっただけなのではないだろうか。

Twitterは、アカウントを取得して発言することになり、またフォロワーの多
いユーザーのほうがより注目が高いため、匿名掲示板と違って発言の一貫性が問
われることになる。
また、日本ではまた初期受容の段階にあるため、比較的実名で登録している
ユーザーが多いことも特徴である。
公共空間での発言は、もちろん一貫性はないよりあったほうが質の高い議論に
なりがちである。
例えば、総論賛成各論反対(全般的な国家支出削減には賛成であるが、自分に
関係のある分野の削減には反対、というような)というのは政治的な議論ではよ
くあることだが、誰が一貫した哲学に基づいて発言していて、誰が日和見主義的
に発言しているか、匿名掲示板では判別しづらいからである。
そのためには、匿名掲示板よりブログのような、書き手が固定されているほう
が好ましいし、書き手の社会的なステータスが公開されていた方が信頼性は高い
であろう。
Twitter の場合、文字数が制限されていることで、議論の深化が阻まれるとい
う側面はあるかもしれないが、とりあえず社会の様々な層の交流を促進するとい
う効果はありそうである。

さて、こうして考えてみれば、Twitter が政治と社会の障壁を乗り越えたよう
に、科学と社会の間についても、「有形無形のさまざまな社会的障壁」を乗り越
える可能性があるかもしれない。

さっそく、ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の岡本真氏が、Twitter研究者を集
めるプロジェクトを開始している。
「お知り合いの研究者で1)氏名を表示している、2)研究者であることが容易
にわかる(プロフィールでの名乗りや、個人サイトへのリンクがある)条件にあ
てはまる方がいれば、教えていただけるとそれも幸いです」とのことである。
http://twitter.com/arg/status/2852936910

この機会に、読者のみなさんも気軽な気持ちで Twitter を使ってみるのはい
かがだろうか?

編集者注
以下、関係者のtwitterサイトです。

春日氏
http://twitter.com/skasuga

岡本真氏
http://twitter.com/arg

サイコム代表理事榎木
http://twitter.com/enodon

-----------------------------------------------------------------
■2009年総選挙(特設)
-----------------------------------------------------------------
衆議院が解散されました。

まだ各党のマニフェスト(政権公約)がでそろっていませんが、随時情報をお伝えしていきたいと思います。

★財源・安保、自民×民主マニフェスト対決
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/20090721-OYT1T00963.htm

★医師確保票になる
議員 地元貢献アピール
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20090724-OYT8T01042.htm

【民主党】
●民主政策集の要旨
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009072300395

★民主、来年度から「公立高無償化」 学費分12万円支給
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200907190390.html

★民主「20兆円捻出」公約、無駄削減で9兆・埋蔵金も活用
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090623-OYT1T00055.htm

★通信・放送を総務省から分離、民主が政権公約に
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/news1/atmoney/20090724-OYT1T00132.htm

★クローズアップ2009:民主党マニフェスト原案「09政策集」 じわり現実路線
 ◇「給油」「思いやり予算」軟化にじむ対米配慮
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090724ddm003010160000c.html

★民主公約「医学部定員5割増」明記へ 時期や道筋は未定
http://www.asahi.com/politics/update/0723/TKY200907220491.html

★【09衆院選】教員免許更新制度廃止も 「民主政権」日教組に配慮
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090726/elc0907260134001-n1.htm

民主党の政策は、バイオにとって合計点ではプラス(2009/07/21 RANKING MAIL 第1310号)
http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/2009/07/203343.html

★民主党の科学政策が非常にショボイ件
http://d.hatena.ne.jp/sivad/20090726/p1

▼人気ブロガーsivad氏

【公明党】
★manifesto '09 重点政策から(PDF:237KB)  【2009年7月24日発表】
http://www.komei.or.jp/policy/policy/index.html

以下に科学技術政策関連をまとめました。ポスドク問題についても触れられています。
http://d.hatena.ne.jp/scicom/20090726/p1

-----------------------------------------------------------------
■今週のここがポイント
-----------------------------------------------------------------
★「『先端的研究を推進して実現してほしいこと』に関するご意見募集」の集計結果
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/index.html

7月12日まで募集した意見。医療関係が最も多い。

★文科省審議会資料

世界に開かれた人材育成(中間報告)(案) 
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kokusai/004/shiryou/attach/1282246.htm

★国際科学オリンピックで日本人生徒受賞
名門進学校の生徒とともに、公立高校出身者がみされるのが心強いですね。

国際生物学オリンピック
http://ibo2009.org/index_j.html

大月 亮太 さん(千葉県立船橋高等学校3 年)が日本初の金メダルを受賞 

数学オリンピック財団
http://www.imojp.org/

金メダル

副島 真 筑波大学附属駒場高等学校	3年
岸川 滉央 久留米大学附設高等学校	2年
保坂 和宏 開成高等学校	3年
滝聞 太基 筑波大学附属駒場高等学校	3年
今村 志郎 灘高等学校	3年

銅メダル
石川 卓 北摂三田高等学校	3年

第40回国際物理オリンピック(IPhO2009)メキシコ大会 速報
http://www.phys-challenge.jp/IPhO2009news.htm

金メダル 蘆田祐人さん 慶應義塾高等学校(神奈川県)3年 
金メダル 東川翔さん 茨城県立水戸第一高等学校(茨城県)3年 
銀メダル 難波博之さん 岡山県立岡山朝日高等学校(岡山県)3年 
銅メダル 安藤孝志 さん 愛知県立旭丘高等学校(愛知県)3年 
銅メダル 横田猛さん 西南学院高等学校(福岡県)3年 

★アメリカNational academy、デジタル時代のデータ取扱いに関する報告書を出す
Ensuring the Integrity, Accessibility, and Stewardship of Research Data in the Digital Age
http://www.nap.edu/catalog.php?record_id=12615

です。

●Data Integrity Report Sends Journals Back to the Drawing Board
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/325/5939/381

●Research Data in the Digital Age
D. Kleppner and P. A. Sharp
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/325/5939/368 


★大学院生アンケート調査

以下の案内を受けました。よろしくお願いいたします。
---------------------以下転送歓迎!!-----------------------

全国の大学院生の皆様

 お忙しい中とは思いますが、以下への協力をご検討ください。
 本調査は、全国大学院生協議会(全院協)が、全国各大学の加盟院生協議会・自治会の協力の下
に実施する、日本で唯一の全国規模のアンケート調査です。本調査は、大学院生の経済実態を 客
観的に把握し、もって大学院生の研究及び生活諸条件の向上に資する目的で行なわれるものです。
 全院協は昨年度も同様の調査を行ない、調査結果を『報告書』としてまとめ、広く社会に公表してい
ます。その結果は、全院協のウェブ・サイトでご覧いただけます。また、私たち全院協は、この調査結
果を下に、文部科学省、財務省、文教政策に関係する国会議員および主要政党に対して、学費値下
げや奨学金政策の拡充などの要請を行ないました。こうした取り組みは、朝日新聞社および産経新
聞などや在京テレビ局をはじめとした各種マスメディアからも注目され、取材を受けております。
 この調査は紙媒体を基本としていますが、インターネット上にもアンケート入力フォームを設置して
おります。
 ご協力いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

「2009年度 大学院生の経済実態に関するアンケート調査」
http://democratic-way-of.life.coocan.jp/Ricerca/2009/tyosa.html

全国大学院生協議会
〒186-0004 東京都国立市中2-1 一橋大学内院生自治会室気付
TEL&FAX 042-577-5679
URL: http;//geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/8324

---------------------転送ここまで---------------------------

-----------------------------------------------------------------
■政治と科学
-----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[文部科学省]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●平成22年度医学部入学定員の増員計画について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/07/1282247.htm

●平成21年度「ナノテクノロジーを活用した環境技術開発プログラム」の選定結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1282001.htm

●「新型インフルエンザの影響による国内修学旅行の中止又は
延期の状況等に関する調査」について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/07/1282295.htm

●管理下にない放射性同位元素等の一斉点検結果について(国立大学法人岡山大学)
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/trouble/1282269.htm

●高速実験炉「常陽」における燃料交換機能の一部阻害に係る独立行政法人
日本原子力研究開発機構からの最終報告及び文部科学省の対応について
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/trouble/1282356.htm

●「教育研究高度化のための支援体制整備事業」の選定状況について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/07/1282273.htm

●学校施設等における吹き付けアスベスト等の使用実態調査の結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/21/07/1282383.htm

●平成20年度核燃料物質の使用の状況等について
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/others/1282388.htm

●「精神的にたくましい子どもを」 文科省新次官が会見
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200907200087.html

●石綿使用、未調査は3876施設 教育関連、大幅に減少
http://www.47news.jp/news/2009/07/post_20090724200725.html

●文科省、次世代スパコンの戦略分野を決定-来月から研究機関公募
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320090723abak.html

●獣医師育成:課題は公衆衛生教育の充実 文科省専門家会合、16大学点検
http://mainichi.jp/life/edu/news/20090723ddm041100036000c.html

【審議会】
●国際教育交流政策懇談会(第6回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kokusai/004/shiryou/1280907.htm

▼資料2 世界に開かれた人材育成(中間報告)(案) 
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kokusai/004/shiryou/attach/1282246.htm

●基本部会(第29回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/housha/002/shiryo/1279872.htm

●大学分科会(第81回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/siryo/1282182.htm

▼中長期的な大学教育の在り方に関する第一次報告
- 大学教育の構造転換に向けて-
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/houkoku/__icsFiles/afieldfile/2009/06/15/1269944_1_1.pdf

経済財政改革の基本方針2009 ~安心・活力・責任~
【高等教育関係部分抜粋】
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/siryo/__icsFiles/afieldfile/2009/07/22/1282182_4.pdf

*[日本学術振興会]
●平成21年度の「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」が始まりました!
http://www.jsps.go.jp/j-news/topix.htm#20090723

*[科学技術政策研究所]
今回はありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[科学技術振興機構] http://www.jst.go.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●J-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)
http://jglobal.jst.go.jp/

●「ガスボンベを用いない希薄標準ガス発生・調製装置の開発・製造・販売」を行うベンチャー企業設立
(JST大学発ベンチャー創出推進の研究開発成果を事業展開)
http://www.jst.go.jp/pr/info/info655/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[総合科学技術会議、科学技術政策] http://www8.cao.go.jp/cstp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●医療・健康・介護分野の研究に大きな期待 
http://scienceportal.jp/news/review/0907/0907241.html

●【内閣府】「最先端研究支援プログラム」への意見公表
http://www.yakuji.co.jp/entry14798.html

●「『先端的研究を推進して実現してほしいこと』に関するご意見募集」の集計結果
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/index.html

●最先端研究開発支援ワーキングチーム第2回(2009/7/22)の配付資料
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/wt.html

●最先端研究開発支援プログラム公募の留意事項
http://www8.cao.go.jp/cstp/sentan/koubo.html

●総合科学技術会議(第83回)(持ち回り開催)
http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihu83/haihu-si83.html

▼資料1 諮問第9号「ヒトES細胞の樹立及び分配に関する指針について」に対する答申(案)(PDF)
http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihu83/siryo1.pdf

資料2 	諮問第10号「ヒトES細胞の使用に関する指針について」に対する答申(案) (PDF)
http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihu83/siryo2.pdf

●社会基盤PT第7回(2009/3/2)、第8回(2009/3/31)の議事録
http://www8.cao.go.jp/cstp/project/bunyabetu2006/syakai/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[経済産業省] http://www.meti.go.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●経済産業省、機械産業の人材育成を支援
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1120090720abaq.html&OBJCD=&GROUP=

●第1 回日米CCS 協力会合の開催結果について
~日米CCS 分野での包括的な協力体制の構築に向けて~
http://www.meti.go.jp/press/20090721002/20090721002.pdf

▼具体的には、以下のような分野の基盤的基礎的研究について協力して
いくことで合意しました。
(1)CO2 吸収液及び固体CO2 吸収剤の開発
(2)塩水帯水層及び炭層へのCO2 隔離技術
(3)CCS 設置型の石炭ガス化発電の高効率化
(4)酸素燃焼技術

●柏崎刈羽原子力発電所第7号機に係る特別な保全計画等の届出
について
http://www.meti.go.jp/press/20090723006/20090723006.html

●CIO人材育成に向けて ~CIO育成カリキュラム策定事業~
http://www.meti.go.jp/press/20090724008/20090724008.html

●第6回国内クレジット認証委員会において提示された排出削減方
法論(案)に対する意見公募の実施について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=595209021&OBJCD=&GROUP=

●「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化
石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律施行令案」に
対する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=620109039&OBJCD=&GROUP=

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[厚生労働省] http://www.mhlw.go.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
C型肝炎等のニュースは生命の項にも掲載しています。

新型インフルエンザに関しては別項目でも。

●第2回 慢性疾患対策の更なる充実に向けた検討会
http://www.mhlw.go.jp/za/0721/a15/a15.html

▼「第1回慢性疾患対策の更なる充実に向けた検討会」における主な論点やご意見(案)
http://www.mhlw.go.jp/za/0721/a15/a15-01.pdf

●政府広報「女性のがん検診の無料クーポンが配布されます!」について
http://www.mhlw.go.jp/za/0723/a18/gan_kensin.html

●第2回厚生科学審議会科学技術部会ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針の見直しに
関する専門委員会議事録
http://www.mhlw.go.jp/za/0722/a54/a54.txt

●原爆症訴訟問題 厚労相、「一審勝訴」なら認定検討
http://www.asahi.com/politics/update/0725/TKY200907250089.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[環境][エネルギー]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●純国産の新エネルギー普及加速、補助も次々
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090713-OYT1T00181.htm

●地球温暖化対策:低炭素発電、英が4割目標 20年までに
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/2009/07/16/20090716dde007040093000c.html

●英 温暖化対策計画/電力の40% 低炭素エネルギー源に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-07-17/2009071707_02_1.html

●温暖化や経済危機の解決/非同盟首脳会議 各国が一般討論
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-07-17/2009071707_01_1.html

●Nowhere to hide
http://www.nature.com/nature/journal/v460/n7253/full/460307b.html

▼G8は、温暖化問題に関して削減目標は盛り込めなかったが、気温上昇の限界を明記したことで、今後の取り組みが待ったなしであることを示した。

●Beneficial Biofuels-Food, Energy, and Environment Trilemma
D. Tilman et al.
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/325/5938/270

●Climate targets for ships deferred
http://www.nature.com/news/2009/090717/full/news.2009.704.html

●G8 climate target questioned
http://www.nature.com/news/2009/090715/full/460313a.html

●NSFが気候変動の地球への影響にかんする包括的報告書を発表 
http://www.nsf.gov/news/news_summ.jsp?cntn_id=114811&org=OLPA&from=news

●生物多様性市民ネットワーク結成/沖縄 COP10へ向け/地域単位で全国初
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-07-26/2009072615_01_1.html

●Insuring against climate
Negotiators push for policies to help weather natural disasters.
http://www.nature.com/news/2009/090722/full/460442a.html

●ExxonMobil invests in algae for biofuel
http://www.nature.com/news/2009/090722/full/460449b.html

●How to fill the gaps in global clinical research networks
http://www.scidev.net/en/opinions/how-to-fill-the-gaps-in-global-clinical-research-n.html

●Beyond the pristine
http://www.nature.com/nature/journal/v460/n7254/full/460435b.html

▼環境保護活動家や研究者は、地球本来の姿を残す地域だけでなく、人間によって変化した森林、農地、都市の生態系やその重要性にも目を向けるべきだ。

●The carbon count
種々の気候変動対策が実際に効果的かどうかを知るためには、よりよい地球観測手法が必要だ。
http://www.nature.com/nature/journal/v460/n7254/full/460436a.html

-----------------------------------------------------------------
*[環境省] http://www.env.go.jp/
-----------------------------------------------------------------
●水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の見直しについて
(第2次報告)(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11390

●第23回地球温暖化対策推進本部の開催結果について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11392

●平成21年度環境技術実証事業山岳トイレ技術分野における実証対象技術の
選定について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11400

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[政府動向 政治と科学]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●総務省、「地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業」の2009年度研究開発テーマを決定
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/cnet/20090724-OYT8T00642.htm

*[経済財政諮問会議]
http://www.keizai-shimon.go.jp/

今回はありません。

*[IT戦略本部] http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/index.html
今回はありません。

*[知的財産戦略本部] http://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/
●今回はありません。

*[宇宙] http://www.jaxa.jp/
宇宙開発戦略本部
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/utyuu/

●国際宇宙ステーション:実験棟きぼう完成 若田さん「さあ、やろう」
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/2009/07/20/20090720ddm041040070000c.html

●国際宇宙ステーション:「きぼう」フル装備に
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/2009/07/24/20090724dde001040005000c.html

●若田さんら、「きぼう」に実験装置運ぶ「お盆」設置
http://www.asahi.com/science/update/0722/TKY200907220043.html

●宇宙飛行士・野口さん、無重力の世界語る
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20090726-OYT1T00122.htm

●「きぼう、世界に誇れる」…若田さん科技相と交信
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20090726-OYT1T00589.htm

●宇宙ステーションへ「気合」 山崎直子さん訓練公開
http://www.asahi.com/science/update/0724/TKY200907240386.html

●『きぼう』日本実験棟が完成 
http://scienceportal.jp/news/daily/0907/0907212.html

*[原子力]
今回はありません。

*[地域]
●川勝知事が所信表明「3つの改革実行」 静岡
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/shizuoka/090722/szk0907220230001-n1.htm

*[国家プロジェクト]
●スーパーコンピューター設計変更の影響は?
http://scienceportal.jp/news/review/0907/0907221.html

-----------------------------------------------------------------
■政党の動向
-----------------------------------------------------------------
●水俣病:未認定患者救済問題 最終解決なるか チッソ分社化、対象者拡大で与野党合意
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/2009/07/20/20090720ddm016040014000c.html

*[自民党]
総選挙特集をご覧ください。

*[公明党]
●ビッグてい談 女性のがん対策が前進
松あきら党女性委員長、中泉明彦氏、所敏子さん
公明の推進で 乳・子宮頸がんの検診無料券
http://www.komei.or.jp/news/2009/0719/15094.html

●エコポイント改善を
斉藤環境相に要望 対象製品拡大など訴え
EPCと赤羽氏
http://www.komei.or.jp/news/2009/0722/15108.html

●“環境立国東北”めざす
新産業拠点構築など元気アップビジョン発表
記者会見で井上、若松氏
http://www.komei.or.jp/news/2009/0725/15133.html

●エコポイント延長検討
エコカー購入補助も
斉藤環境相ら
http://www.komei.or.jp/news/2009/0725/15136.html

*[民主党]
総選挙特集をご覧ください。

*[共産党]
●高校学費無償・返済不要の奨学金を/教育費でも日本の異常正そう/志位委員長が提案
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-07-26/2009072601_01_1.html

-----------------------------------------------------------------
■産学民の動向
-----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[大学を取り巻く事情]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●私立大学:全国で単位互換 516校参加目標 連合会提案
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090723k0000e040037000c.html

●受験生、人気トップは明治大
http://mainichi.jp/select/wadai/news/m20090724k0000m040065000c.html

▼『高校生に聞いた大学ブランドランキング2009』(『進学ブランド力調査2009』より) [PDF document 279Kb]
http://www.recruit.jp/library/school/S20090723/docfile.pdf

●自校教育~薄れる帰属意識、問われる大学の自覚
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090722/169059/

●私大の魅力、携帯に発信 「生の声」で受験生集め
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090721AT1G1102V19072009.html

●「出版会」で大学に売り込め 国立大、法人化で倍増
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200907200102.html

●【教育動向】相次ぐ大学の募集停止、「減る一方」でいいの?
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090724/edc0907240204001-n1.htm

●【フォーカス】秋田大工学資源学部が鉱物大国で人脈づくり
http://sankei.jp.msn.com/region/tohoku/akita/090723/akt0907230216000-n1.htm

●筑波大がカーシェアリング導入
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000000907250003

●大学内に社会福祉法人が運営する食堂が増加中 群馬
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/gunma/090725/gnm0907250319000-n1.htm

●慶大付属小中一貫校、開校延期…財政状況悪化
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090722-OYT1T00120.htm

●慶応、「第二の幼稚舎」開設を延期 経営不振で見直し
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200907210229.html

●慶応が小中一貫校開校を延期
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090721/edc0907211823002-n1.htm

●アジアの理工系大学と連携協力の枠組み 東京工業大が設立
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200907200095.html

●東工大、アジア5大学で連携-理工系の人材育成
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0620090723eaak.html

●名大、留学生向けに英語で全講義 11年秋に新設
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009072690091340.html

●同志社大院に「スポーツ健康科学研究科」新設 定員8人
http://www.asahi.com/edu/news/OSK200907210060.html

●計1千万円を支援、共同研究公募 府立大、府立医科大、工繊大
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009072200203&genre=G1&area=K00

●教員養成で連携 徳島文理大、2大学と
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200907210127.html

●四国の4国立大、都市部の病院経験へ連携
http://osaka.yomiuri.co.jp/university/education/20090726-OYO8T00240.htm

●学期単位で“留学”も 九大と鹿大の法科大学院
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090723/edc0907231619000-n1.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[産官学連携、研究ビジネス]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★産学官の道しるべ~sangakukan.jp
http://sangakukan.jp/news.html

●コラボ産学官、首都圏中小と地方大の連携支援強化
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1220090723hlaq.html

●城戸教授のNPO法人、有機EL専門家育成
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090724c3b2406624.html

●OKI、東北大学とNTT東日本宮城支店が検証する高精細映像伝送実証実験に参加
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=226133&lindID=1

●旭化成クラレ、大学病院と共同で血液浄化療法の専門家育成
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820090722ceam.html

●観光学ぶ学生がツアー企画 阪南大など3大学と南海国際が商品化
http://www.travelnews.co.jp/2009/07/tourist090722.html

●日米、CO2回収・貯留技術の共同研究で会合
http://www.ecool.jp/news/2009/07/ccs13-506.html

●早大と京都科学、気管挿管の訓練用ロボットを開発
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0620090723eaab.html

●三菱と京大、セル生産方式に対応するロボットの知能化技術を開発
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/07/15/068/?rt=na

●学びCITY!北九州:10大学と市、人材育成で意見交換--環境都市 /福岡
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090724ddlk40040323000c.html

●来月4日に支援事例など調査研究発表会
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200907200048a.nwc

中小企業基盤整備機構

平成20年度の成果
http://www.smrj.go.jp/keiei/chosa/037362.html

▼開催概要
http://www.smrj.go.jp/keiei/chosa/047546.html

 【平成20年度 成果発表会】
[日時] 平成21年8月4日(火曜) 13時30分~16時20分(13時00分 開場)

[内容]

  講演「事業型NPO法人・支援型NPO法人の現状と課題」
        経営支援情報センター ディレクター     斎藤文夫

  講演「中小製造業の技術経営に関する調査研究」
        経営支援情報センター 統括ディレクター 鈴木直志

  講演「規模縮小過程における分業システムの変容と環境変化への適応
         :大田区の最近10年の変容を事例として」
                経営支援情報センター   リサーチャー 額田春華

【会場】 中小機構本部 2階セミナールームA・B  開催場所地図(新規ウィンドウ表示) 
         (東京都港区虎ノ門3-5-1虎ノ門37森ビル)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[科学コミュニティー、科学者、民間提言など]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日本の研究チームが米国で受賞 乾燥・塩害耐性に強い遺伝子研究で
http://www.jacom.or.jp/news/2009/07/news090722-5324.php

●(独)国際農林水産業研究センター(JIRCAS)
篠崎和子プロジェクトリーダーらの論文が米国植物学会誌の20周年記念賞を受賞
http://www.affrc.go.jp/ja/news_event/press/2009/20090721

*[日本学術会議] http://www.scj.go.jp/
今回はありません。

*[日本経団連]
●衆議院解散に関する御手洗会長コメント
http://www.keidanren.or.jp/japanese/speech/comment/2009/0721.html

●日米EPAに関する経団連アメリカ委員会・在日米国商工会議所(ACCJ)の
共同声明
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2009/066.html

●総務省情報通信審議会答申(案)「通信・放送の総合的な法体系の在り方」
に対するコメント
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2009/065.html

●アピール2009
― 日本復活のシナリオ 少子化・高齢化・人口減少社会への対応 ―
http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2009/067.html

-----------------------------------------------------------------
■科学と社会
-----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[教育~理科教育を中心に、科学コミュニケーション]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●国際数学五輪で高校生5人「金」 物理五輪でも2人
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200907200128.html
http://www.asahi.com/science/update/0720/TKY200907200128.html

●数学・物理五輪で計7人が金
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090721-OYT1T00589.htm

●国際数学五輪:日本、過去最高の2位 物理も金2個
http://mainichi.jp/select/science/archive/news/2009/07/21/20090721dde041040073000c.html

●国際物理オリンピックでも金メダル獲得
http://scienceportal.jp/news/daily/0907/0907221.html

●国際生物学オリンピック大月亮太さん金メダル
http://scienceportal.jp/news/daily/0907/0907213.html

●国際科学オリンピックでメダルを獲得した日本代表の高校生9人、塩谷文科相を表敬訪問
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00159593.html

●工業高校の技術で衛星作り
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20090725-OYT8T00265.htm

●科学者の芽が育つ夏
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/column/article.aspx?id=20090720000090

●科学テーマの音楽ビデオ、トップ10
http://wiredvision.jp/news/200907/2009072123.html

●科学研究ツールもオープンソース化――マイクロソフトが計画
http://www.computerworld.jp/topics/osst/156609.html

●科学的な鑑識捜査“ごっこ”を体験してみよう
http://excite.co.jp/News/bit/E1247628006113.html

●研究者の卵いらっしゃい 北大が高校生向け科学講座
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20090722c3c2200z22.html

●県児童会館で「科学の祭典」
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090726g

●米沢中央高生、最上川調査に出発
http://yamagata-np.jp/news/200907/25/kj_2009072500438.php

●500万個の星投影/厚木のプラネタリウムがリニューアル
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivjul0907481/

●公共施設が大学に乗っ取られる? 命名権争奪戦へ
http://www.pjnews.net/news/535/20090719_2

●プラネタリウムの仕組み学ぶ特別展 黒部、吉田科学館
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20090720/CK2009072002000208.html

●愛知教育大:大学の研究成果、小中高生に広め--刈谷 /愛知
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20090726ddlk23040114000c.html

●ジュニア科学賞の作品募集 「下村博士に続け」 市教委 子どもらしい発見を 佐世保市内の小中学生対象
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/111079

●OAと学問の自由は板挟み
http://johokanri.jp/stiupdates/education/2009/07/003427.html

●米国:ウェブ上のオープン教育資源ベスト100
http://johokanri.jp/stiupdates/info/2009/07/003423.html

●エルゼビア、「これからの論文」β版を発表
http://johokanri.jp/stiupdates/education/2009/07/003421.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[研究事件簿]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
研究問題ブログ
http://research-problem.seesaa.net/

●広島大教授ら7人停職 研究費不正使用で
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072201001029.html

●教職大学院の設置申請取り下げ 5大学、経歴詐称問題で断念
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009072301000294.html

●説教7時間…パワハラで男性准教授減給 山梨大
http://sankei.jp.msn.com/life/education/090721/edc0907211305000-n1.htm

●「利益相反」で投稿規程、学会機関誌の約3割―JAMJE調査
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/23401.html

●教員が楽器購入仲介 県立芸大、懲戒審査委を設置
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-147555-storytopic-1.html

●着服の事務職員を諭旨免職 立命館大 
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2009072400229&genre=C4&area=S00

●NAS Panel's Advice on Data Integrity: It's a Good Idea
http://blogs.sciencemag.org/scienceinsider/2009/07/nas-panels-advi.html

●Data Integrity Report Sends Journals Back to the Drawing Board
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/325/5939/381

▼A National Academies panel released a report this week offering broad principles for dealing with 
data but calling on disciplines to work out the details themselves.

●Research Data in the Digital Age
D. Kleppner and P. A. Sharp
http://www.sciencemag.org/cgi/content/summary/325/5939/368 

▼Ensuring the Integrity, Accessibility, and Stewardship of Research Data in the Digital Age
http://www.nap.edu/catalog.php?record_id=12615

-----------------------------------------------------------------
■生きる 生命、食をめぐる問題
-----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*[食の安全・安心、農水行政]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●米国産牛肉(牛舌)の混載事例に関する米国農務省の調査報告書の提出について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/090721_1.html

●「遺伝子組換え農作物に関するコミュニケーション(新潟)」の開催についてのお知らせ
http://www.s.affrc.go.jp/docs/press/090717.htm

●食品に関するリスクコミュニケーション(輸入食品の安全性確保に関する意見交換会(施設見学含
む))の開催及び参加者の募集について(8月29日開催、横浜市)
http://www.mhlw.go.jp/za/0721/a24/a24.pdf

●米国産牛肉の混載事例について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/090722_1.html

●森林における生物多様性の保全及び持続可能な利用の推進方策について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kenho/090723.html

●地域資源利用型産業創出緊急対策事業のうち、太陽光パネル緊急導入事業の公募開始について
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/bio/090724.html

●食糧増産へ 植物研究に科学の力
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200907250029a.nwc

*[食品安全委員会]
●特別寄稿●吉川泰弘・東京大学大学院教授にBSE問題、食品安全委員会の委員
人事不同意について、とことん聞いてみた(1)……松永和紀インタビュー
http://biotech.nikkeibp.co.jp/fsn/kiji.jsp?kiji=3190

●食品安全委員会農薬専門調査会総合評価第二部会(第32回)の開催について(非公開)【開催
日:7月31日】
http://www.fsc.go.jp/osirase/nouyaku_annai_sougou2_32.html

●「ジュニア食品安全委員会@おかやま~食の安全について学ぼう!~」の開催について(お知ら
せ)【岡山 開催日:8月25日】
http://www.fsc.go.jp/osirase/okayama_junior_annai210825.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"NPO Science Communication News"
[SciCom News] No.304 2009年7月27日号 vol.1
【発行者】榎木英介(NPO法人 Science Communication 代表理事)
【編集者】深島守 横山雅俊 野村真未 サイコムニュース編集部
【E-Mail】 office@scicom.jp
【Web Site】 http://scicom.jp/
【事務局】〒151-0063
東京都渋谷区富ヶ谷一丁目32番25号グリーン初波奈301 阿部方
NPO法人サイエンス・コミュニケーション事務局
メルマガの登録解除、イベント告知依頼などは以下のページからお願いします。
http://scicom.jp/mailmag/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

サイエンス・コミュニケーション・ニュース

RSSを登録する
発行周期 毎週月曜発行
最新号 2018/08/14
部数 2,555部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

サイエンス・コミュニケーション・ニュース

RSSを登録する
発行周期 毎週月曜発行
最新号 2018/08/14
部数 2,555部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング