仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-770「格の上げ下げ」


カテゴリー: 2018年06月08日





メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.770)「格の上げ下げ」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.770)「格の上げ下げ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「格の上げ下げ」

 
 相撲の世界はずいぶんきびしい。

 場所ともなれば、
 勝てば白星負ければ黒星、

 一日一日勝負がついて、
 一場所ごとに格が上がる、そして下がる。

 だから、瞬時できまる勝負のために、
 毎日朝早くから、

 血のにじみ出るようなけこが
 つづけられているのである。

 芸能人の場合は
 それほどでないにしても、

 それでも人気の消長は
 過酷なまでにきびしい。

 それが半年、一年と
 多少の時日があったとしても、

 相撲と同じく格が下がる。
 そして上がる。

 だから芸能人の芸を磨く努力は、
 痛ましいほどの真剣さである。

 あれもこれもきびしく過酷だが、
 それもつまりは、

 世間というものが、
 十の力は十、五の力は五、

 実力を実力通りに評価するからである。

 十の力を十一だと押しつけてみても、
 しょせんそれは通用しない。

 お互いの仕事についても、
 格の上げ下げはある。

 長い時日の間に、気づかないうちに、
 格が上がる、そして下がる。

 きびしい世間の評価の前に、お互いに
 謙虚に油断なく仕事を進めたい。

 力を養いたい。


    (『続・道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


最近は、

 「サッカー」の競争も、
 その熾烈さを増しています。

俳優も、

 ドラマの「一話ごと」に
 評価が上がり下がりしています。

特に、

 「ネット」のなかでは、
 遠慮のない意見が飛び交っています。

これは、

 「ネット」時代の怖い一面

でもあるでしょう。


そういう意味では、

 「会社仕事」の場合は、
 まだ、もう少し長期に見てくれている

かもしれません。

しかし、今度は逆に、

 長期なだけに、「戦略的」でないと、
 取り返しがつかないことになる

ことも考えられるでしょう。


「評価」に関しては、昔から、

 なかなか納得がいかない人が多い

ようです。

しかし、幸之助さんも仰っているように、

 世間は、「実力通り」に評価するもの

です。

たとえ、マスコミの先導で
一時的にもてはやされることがあっても、

 時間が経てば、
 落ち着くところに落ち着きます。

幸之助さんは、

 「世間というものは甘くはない」
  世間の目は神のごとしである。

  特定の人はだませても、
  世間大衆をだますことはできない。

  自分はそうした考えを
  胸にもちつづけている」

と仰っています。

また、こうも仰っています。

 「世間の見方は正しいのだ。

  この正しい世間とともに
  懸命に仕事をしていこう、そう考えた。

  ここに私の安心感がある」

と。


人は、つい、

 自分をよく見せようとします。

それは、

 十の力を、十一や十二、
 あるいはそれ以上に見せることです。

しかし、

 なかなかそうは見てくれません。

逆に、
 
 実力以上に、周りに評価されてしまう

というケースもあります。

それによって、

 くすぐられて、木に登ってしまい、
 慢心して落ちる人

もいれば、

 謙遜が、自己卑下にすり替わって、
 自滅してしまう人

もいます。

なかなか、

 自分の実力を、
 「実力通り」に自覚するのは難しい

ようです。


 「自分の実力」を知るひとつの視点に、

昔から、

 「分を知る」

ということが言われます。

 「分度」あるいは「分限」

などとも言いますが、

 「分相応」という基準です。

 「いまの自分の扱いは、分相応か?!」

ということです。

実は、この「分」「分限」というのは、

 そこそこ「幅」があるようです。

 「高ければこれくらい」
 「低くてもこれくらい」という幅

です。

評価する人が、

 「親派か、そうでないか」で、
 評価に差が出る

ということもあります。

あるいは、

 「見るポイント」によっても違ってくる

ということもあるでしょう。

したがって、

 自分の「能力」や「才能」、
 これまでの「実績」から見ると、

 「どれくらいの扱いが妥当か?」

ということは、

 客観的に知っておくことが大事です。

「分限」を越えて、

 「特別扱いされたがる」と
 痛い目にあったりします。


自分は、

 「こんなにがんばっているのに!」

と言いたいときは、

 たいてい、評価が伴っていません。

その理由のひとつは、

 世間でいう「実力」とは、
 
 結局は、「人間的な総合力」である

ということかもしれません。

「項目点」の高いものがあっても、

 「態度」や「考え方」など
 いろいろ「総合する」と、

 落ち着くところに落ち着いてしまう

のでしょう。


この

 「分相応の評価」

ということが分かれば、

 自分の「努力課題」

も見えてくるでしょう。

幸之助さんの仰るように、

 「世間の見方」は正しい

と信じて、

 そこに「安心感」を持って、

いちいち一喜一憂せずに、

 じっくり、努力を積み重ねていきたい

と思います。



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき、
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


次回の「ちとえ藤堂塾」は、

 
 (東京)6月24日(日)13時~

 (大阪)7月 8日(日)13時~

  テーマ:「仕事の優先順位」と
        「人生の優先順位」

 ※ お申し込みは
   ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)

第1393号 自分の理屈

 「その人なりの理屈」がある。
  
第1394号 自我を振り回す

 「すねている感じ」「ごねてるい感じ」
 は「好転」とは逆の方向を向いている。

第1395号 向きを間違わない 

 ものごとの「受け止め方」や「考え方」
 には、「方向」がある。

第1396号 問題のとらえ方

 「ものの受け止め方」や「考え方」が、
 「自分の生き方」でもある。 


本日、「第1397号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/13
部数 4,078部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/13
部数 4,078部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング