仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-760「無限の宝庫」


カテゴリー: 2018年03月30日





メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.760)「無限の宝庫」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.760)「無限の宝庫」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「無限の宝庫」

 
 この世の中に存在するものは、 
 一つとしてムダなものはない。

 ムダだと思うのは、
 その活かし方、使い方を知らないだけ。

 活かし方を知らなければ、
 すべてものがマイナスになる。

 ムダだ、マイナスだと
 頭をかかえてばかりいたら、

 不満に心が暗くなり、
 せっかくの天与の贈物も猫に小判。

 黄金は、猫にとっては何の役にも立たない
 無用の物かも知れないが、

 その活かし方を知っている人間にとっては
 天下の大宝。

 その価値を知らぬ猫の愚を
 笑いたくもなるが、

 笑ってばかりもいられないのが
 お互いの姿であろう。

 無用と思われていたカビのようなものでも、
 これを有効に使えば、

 貴重な働きをすることが
 わかってきた今日、

 この世の中はまさに無限の宝庫である。

 すべての物はもちろんのこと、
 マイナスでしかない人間など、

 本来この世にあろうはずがない。

 お互いに、もう少し謙虚でありたい。
 もう少し勇気を持ちたい。

 そして、もう少し寛容の心を持って、
 すべての物が、すべての人が、

 時と処を得て、その本来の値打ちが
 活かされるようつとめたいものである。
 

    (『続・道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


「ものの価値」を測るときには、
留意すべきことがいくつかあります。

最も留意すべきは、

 「肯定的に見るか?!、
  否定的に見るか?!」

ということです。

これは、

 「対象」によって見方が変わるのではなく、

 その人の「見方の癖」になっていて、
 どちらかに偏っています。

「何でも否定しないと気が済まない」
という人が近くにおられませんか?!

意外と本人は気づいていませんが、 

 「どちらの傾向が強いか」で、
 「人生の景色」はかなり違ってきます。

「肯定的に見る」人は、

 「在るもの」を観ようとします。

 もしなければ、「探そう」とします。

更に、「不足」があれば、

 それを「補おう」とさえします。

この発想の本質は、

 「すべてを受け入れる」

ということであり、その結果、

 そのものを「生かそう」とするのです。

一方、「否定的に見る」人は、

 「無いもの」を観ようとします。

 わざわざ「欠けているところ」を探す

のです。

また、頭から「否定」してますから、

 多少「良いもの」が見えても、
 わざと見ないふりをして無視します。 

まったく同じものを見ても、

 「こうも違うか!?」

というくらい「肯定と否定」は違います。

 「否定からは肯定は生まれない」

と言われますから、

 まずは「肯定する」ということ

がとても大事でしょう。


「ものの価値」を測るときの留意点の
二つ目は、

 「決めつけ」です。

この背景には、

 「偏見」や「先入観」がある

ようです。

 「最初の印象がとても悪かった」か、
 「嫌な経験を重ねてしまった」のでしょう。

いずれにしても、この態度は、

 「極端になる」傾向が強い

ので、注意が必要です。

本質的には、

 「価値の判断」ではありません。

 「対象の問題」ではなく、
 「その人自身の問題」である

ということです。


留意点の三つ目は、

 「裁く眼」あるいは「裁き心」です。

いちいち「採点」をして、

 「上下」や「優劣」をつけたり、
 「ランク」や「合否」を決めたりします。

その発想は、基本的に

 「減点法」です。

自分のなかに「満点の基準」があって、

 「どこが減点対象か」「何点足りないか」

を測ります。

その結果、

 「認める」とか「認めない」とか、
 「許す」とか「許さない」とか

結論づけるのです。

これらは、幸之助さんの仰る

 「素直な見方」に反するものです。


さらには、

 「敵か、味方か?!」

という視点も注意が必要です。

多くの人は、

 「立場でものを見る」

ということをします。

これは、

 「立場を優先する」という発想ですから、
 「立場」によって見方は決まってしまいます。

 「立場」が変われば、昨日とは真逆のこと
 を、平気で言ったりします。

すべてのものごとには、

 「一長一短」がありますから、

「見方」を変えると、

 簡単に「価値」は変わってしまうのです。

したがって、

 ものを見るときの「基本スタンス」

というものを決めておくことが大事です。


幸之助さんは、

 「世の中にムダなものはない」

と仰っています。

これが、幸之助んさんの

 「仮説」であり「前提」です。

そういう「価値観」なのです。

 「本来価値がある」というところに
 「軸足」を置くと、

 それが見えないのは、
 「見る人」の問題ということになります。

この「軸足を置く」というのは、

 黙って「受け入れる」

ということでもあります。

 「素直」に受け入れるか?!

それとも、

 「こんなもの!?」と言って、
 受け入れを拒否するか?!

ということです。

この「姿勢」次第で、

 「人生の軸」が違ってきます。


 受け入れて「価値がわかる」

というのは、

 実は、とても「豊か」なことです。

「世の中、価値のないものばかりで、
 どいつもこいつもけしからん!」

などと言っている人の人生は、
 
 寂しく、あまり豊かには見えません。


ほんとうの「悟り」とは、

 この世の中の「素晴らしさ」がわかること

とも言われます。

 世の中の「価値」が見えるかどうか?!

それは、

 「自分の悟りのレベル」を現している

ということのようです。



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき、
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


下記の通り
「ちとえ藤堂塾」を開催いたします。


(東京)4月15日(日)13時~

(大阪)5月13日(日)13時~

 テーマ : 
  
  「日常の出来事から
   自分へのメッセージをつかむ方法」


  私たちの日常には、様々な出来事が
  起きています。

  それらを、単なる偶然と見るか?!
  それとも、メッセージと見るか?!

  「シンクロ」の意味は何か?!
  不運が続く時はどうすればいいか?!

  それが、メッセージであることを
  どうすれば確認できるか?!

  その仕組みを紹介します。


   ※ お申し込みは
   ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)

第1323号 実力をつける

  人の「実力」は、
 「基礎力」に支えられている。
 
第1324号 基礎を固める

 まず「基礎を固める」という「段階論」
 も押さえておく必要がある。

第1325号 前段階の基礎力 

 「ノウハウ」は、「それをする基礎力」
 がセットになっている。

第1326号 基本練習を続ける 

 一流選手は、「基礎練習」で
 決して手を抜かない。 


本日、「第1327号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/08/17
部数 4,062部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/08/17
部数 4,062部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング