仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-759「さくら」


カテゴリー: 2018年03月23日





メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.759)「さくら」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.759)「さくら」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「さくら」

 さくらのつぼみが
 日に日にふくらんでいる。

 長く寒い冬を、小枝にしがみつくように
 して耐えつづけてきたのが、

 きょうこのごろはふっくらと色づいて、
 花ひらく日の喜びを春風に託している。

 桜花らんまんを待って、
 浮かれるのもよいけれど、

 色づくつぼみを仰いで、
 その耐えてきた日々をそっとねぎらうのも

 また人間らしい思いやりであろう。

 人の歩みの花ひらくのも、
 長く辛い忍耐の末にあるのかもしれない。

 だからこそ、
 耐えぬいた人生の開花を見るとき、

 人は惜しみなく賞讃をおくる。

 しかしまた、未だ花ひらかず、

 じっと人の世の寒風に耐えている
 ささやかな歩みに対しても、

 心をこめたいたわりとはげましを
 与え合うのも、

 人間だけができる
 思いやりの世界であろう。

 人の心が乱れてくると、いたわりと
 はげましの思いやりも忘れがちになる。

 そして人の世の乱れはさらに増す。

 せっかくのこの季節、桜のつぼみを仰いで
 しばしわが心を省みたい。


    (『続・道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


 「桜花爛漫の春を待って浮かれたくなる」

そんな季節です。

どうしても、

 「蕾」ではなく、
 「開花した桜」を求めてしまいます。

それも、

 「満開」を期待しがちです。


しかし、その開花も、

 「耐え続けた冬の時代」があってこそ

です。

 その「耐えてきた日々」をそっと労う

という思いやりも必要でしょう。

 「冬の時代」がなければ「春」は来ない

 この事実を、しっかり受け止めること

が大事です。

改めて、

 「春夏秋冬」という「四季の意味」

を味わっておく必要があるようです。


この「桜の開花」は、

 「受験の合格」に重ねたりしますが、

そのまま、

 「人の歩みの花ひらく」にも通じている

でしょう。

よく「苦節何年」と言ったりしますが、

 「よく耐えてこられたな」

という感じがします。

ただ、それも、

 「開花したから」こそ言える言葉です。

それまでの努力が報われ、

 「ほんとうによかったですね!」

と祝福してあげたくなります。


しかし、幸之助さんの仰るように、

 「未だ花開かず、
  じっと人の世の寒風に耐えている」

という人もたくさんおられます。

ひょっとすると、

 「自分自身」がそうであり、

あるいは、

 「自分の近くにいる人」もそう

かもしれません。

「耐える」と言っても、

 「開花の保証」はありません。

「耐えればいい年月」がわかっていれば、
まだがんばることはできるかもしれませんが、

 「もしかして、自分は、
  このまま終わってしまうのではないか?!」

と不安で仕方ないという人もいるでしょう。

いくら「信念を持って」といっても、

 耐え続ける日々は、長く辛いものです。

「人の世の寒風」に耐え続ける日々は、

 「ギリギリ」の生き方

といってもいいでしょう。


 このように耐えた結果「花開く」

というのは、

 「ひとつの成功」と言えるでしょう。

しかし、努力しても、

 必ずしも「花開く」とは限りません。

「花開く」に越したことはないでしょうが、

 人生の評価は「結果」だけではありません。

たとえ、「花開く」ことがなくても、

 その「生き様」には十分価値があります。


松陰先生は、人は、

 その人なりの「人生の四季」を生きて死ぬ

と仰いました。

『留魂録』には、次のようにあります。

 今日、私が死を目前にして、
 平穏な心境でいるのは、

 春夏秋冬の四季の循環ということを
 考えたからである。

 つまり、農業で言うと、

 春に種を蒔き、夏に苗を植え、
 秋に刈り取り、冬にそれを貯蔵する。

 秋、冬になると農民たちは、
 その年の労働による収穫を喜び、

 酒を造り、甘酒を造って、
 村々に歓声が満ち溢れるのだ。

 この収穫期を迎えて、

 その年の労働が終わったのを悲しむ者が
 いるというのを聞いたことがない。

 私は、三十歳で生を終わろうとしている。

 未だ一つも事を成し遂げることなく、
 このままで死ぬというのは、

 これまでの働きによって育てた穀物が、
 花を咲かせず、実をつけなかったことに
 似ているから、惜しむべきことなのかも
 しれない。

 だが、私自身について考えれば、やはり
 花咲き実りを迎えたときなのであろう。

 なぜなら、人の寿命には定まりがない。
 農事が四季を巡って営まれるようなもの
 ではないのだ。

 人間にもそれに相応しい春夏秋冬があると
 言えるだろう。

 十歳にして死ぬ者には、 
 その十歳の中に自ずから四季がある。

 二十歳には自ずから二十歳の四季が
 三十歳には自ずから三十歳の四季が、

 五十、百歳にも自ずから四季がある。

 (中略)

 私は三十歳、四季はすでに備わっており、
 花を咲かせ実をつけているはずである。

 それが単なる籾殻なのか、成熟した粟の実
 なのかは、私の知るところではない。

 もし同志の諸君の中に、私のささやかな
 真心を憐れみ、それを受け継いでやろう
 という人がいるなら、

 それは蒔かれた種子が絶えずに、
 穀物が年々実っていくのと同じで、

 収穫のあった年に恥じないことになるで
 あろう。

 同志諸君よ、このことをよく考えてほしい。 


これが、松陰先生の「死生観」です。


人生の四季は、

 「青春」「朱夏」「白秋」「玄冬」

とも言われます。

そのなかに、

 「合格」や「達成」
 あるいは「成功」と呼ばれるもの

があるかどうかはわかりませんが、

 「自分の人生の四季」を感じながら、
 丁寧に、誠実に、そして真剣に生きたい

ものです。

「花見」の前の季節に、
このところの「寒さ」は驚きますが、

 「花開く前の桜」

に「人生の四季」を感じたいと思います。



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき、
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


下記の通り
「ちとえ藤堂塾」を開催いたします。


(東京)4月15日(日)13時~

(大阪)5月13日(日)13時~

 テーマ : 
  
  「日常の出来事から
   自分へのメッセージをつかむ方法」


  私たちの日常には、様々な出来事が
  起きています。

  それらを、単なる偶然と見るか?!
  それとも、メッセージと見るか?!

  「シンクロ」の意味は何か?!
  不運が続く時はどうすればいいか?!

  それが、メッセージであることを
  どうすれば確認できるか?!

  その仕組みを紹介します。


   ※ お申し込みは
   ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)

第1316号 後付けの説明

 「説明はすべて後付け」である。
 
第1317号 明確な理由

 うまく説明できなくてもいい。

第1318号 後でわかる理由

 「動く理由」より
 「動きたいという思い」を優先して
 もいい。

第1319号 心の奥底の声

 「そうした方がいい」と思った理由も、
 後でわかる。


本日、「第1320号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/21
部数 4,045部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/21
部数 4,045部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング