仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-747「体験の上に」


カテゴリー: 2017年12月29日





メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.747)「体験の上に」

〔2〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.747)「体験の上に」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「体験の上に」

 ここに非常な水泳の名人がいるとする。

 そしてこの名人から、いかにすれば水泳が
 上達するかという講義をきくとする。

 かりに三年間、休まず怠らず、微に入り
 細にわたって懇切丁寧に講義を受け、

 水泳の理を教えられ、
 泳ぎの心がけをきかされる。

 それでめでたく
 卒業のゆるしを得たとする。

 だがはたして、それだけで
 実際に直ちに泳ぎができるであろうか。

 いかに成績優秀な生徒でも、それだけで
 すぐさま水に放り込まれたらどうなるか。

 たちまちブクブク疑いなし。
 講義をきくだけでは泳げないのである。

 やはり実際に、
 この身体を水につけなければならない。

 そして涙のこぼれるような
 不覚の水も飲まなければならない。

 ときには、死ぬほどの思いも
 しなければならないであろう。

 そうしてこそ水に浮けるし、
 泳ぎも身につく。

 体験の尊さはここにあるわけである。

 教えの手引きは、この体験の上に
 生かされて、はじめてその光を放つ。

 単に教えをきくだけで、何事もなしうる
 ような錯覚をつつしみたいと思う。


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


 「畳の上の水練」

と昔から言います。

しかし、

 何も知らないで水に飛び込むよりは、
 少しでも「知識」がある方が、

 「安全」ではあるでしょう。

 「やる前に知っておくと失敗は少ない」

のも確かです。

ただ、この

 「やる前に知っておいた方がいい」

という発想は、

 「わかった気になる」という弊害

を生みます。

ほとんどのことは、

 「思った」ようにはできません。

人がやっているのを見ると、

 簡単そうに見え、
 「それくらいなら自分にもできる」

と思ってしまいますが、

 実際には、そうはいきません。

なのに、

 「やらなくてもわかっている」

という感じになってしまうのです。


結局、ものごとは、

 「知っているからできる」

のではありません。

 体験して、練習して、
 「だんだんとできるよになる」
 
のです。
 
そのときに、その過程で、

 「知識」が役に立つのです。


この「知識」には、

 「形式知」と「暗黙知」

と言われるものがあります。

「形式知」とは、

 「言葉に表すことができ」て、
 他の人と共有できるもの

を言います。
 
 「マニュアル」がそうです。

一方、「暗黙知」とは、

 「職人技」のように、
 簡単には「言葉にできないもの」

を言います。

 「コツ」などがそうで、
 やってみて初めてつかめるものです。

昔は、先輩から、この

 「暗黙知を盗め」と言われ、

そのためには、

 「何年もの時間」と「果てしない経験」

が必要でした。

結局、「畳の上の水練」では、

 単なる「形式知」しか学べない

ということです。


実際には、

 ごちゃごちゃ言わずに「やってみる」

ことが大事でしょう。

 「やってみる」方が早いのです。

「やってみて」から、

 わからないところを教えてもらえばいい

のです。


一般的に、

 「好奇心」の旺盛な人は、
 危険を顧みず、まずやろうとします。

一方、

 「失敗」を嫌う人は、
 「先に調べようとする」傾向があります。

これは、
「形式知」から入るということですが、

 これを「学ぶこと」だと思っている

のです。

しかし、先に調べる人は、

 「知る」ことで満足し、
 結局、やらずに終わってしまう

ということが多いようです。

そういう意味で、この「学び方」は、
注意が必要でしょう。

「形式知」だけでは、
 
 リンゴひとつうまくむけないのです。


実際に「自分でやってみる」と、

 周りの人たちの「凄さ」

がわかります。

  倦まずたゆまず努力してきた
 「その人の凄さ」

がわかります。

また、

 鍛錬すればそこまでできるようになる
 という「人間の凄さ」

もわかるのです。

そして、それは、

 「人間を鍛えることこそ
  ほんとうの効率化である」

 ということを思い出すことになる

のではないでしょうか。
 

 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 

 また、今年一年、お付き合いくださり
 ありがとうございました。

 良いお年をお迎えください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)

第1232号 打つ手はある

 「打つ手」はまだある。

第1233号 まだ間に合う

 まだ間に合う。

第1234号 たとえ少しでも 

 たとえ少しでも「やる価値がある」
 というものもある。

第1235号 積み重ねる価値

 小を積んで大と為す。


本日、「第1236号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/21
部数 4,045部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/21
部数 4,045部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング