仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-742「敬う心」


カテゴリー: 2017年11月24日





メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.742)「敬う心」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.742)「敬う心」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「敬う心」

 学校の先生を軽んじ、
 師と仰ぐ気持ちがなかったら、

 先生も教える張り合いがないし、
 生徒も学びが身につかない。

 社会にとっても大きな損失である。

 やはり聖職の師として先生を敬い、
 謙虚に師事する姿から、

 一言一句が身につき成長する。

 親を大事にし、上司に敬意をはらう。
 先輩に礼を尽くし、師匠に懸命に仕える。

 親や師にたいするだけではない。
 よき仕事をする人を心から尊敬し、

 一隅を照らす人にも頭を下げる。

 天地自然、この世の中、敬う心があれば、
 敬うに値するものは無数にある。

 犬や猫には敬う心の働きはない。
 だが人間には、ものみな、

 人のなかに敬うべき価値を
 見いだす能力が与えられている。

 本質として与えられている。

 その本質を生かしつつ、
 敬うべきものを敬うことによって、

 自他ともの心をゆたかにし、高めること
 のできるのは人間だけではなかろうか。
 
 その人間の特性を素直に生かしたい。

 敬う心を高めて、
 おたがいのゆたかさをはかりたい。


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


この文章を、

 子どもや部下に読ませたい!

という人は多いかもしれません。

 「敬う」「尊敬する」
 「敬意を払う」「礼をつくす」

といった言葉は、
あまり使われなくなってきました。

昔は、

 「尊敬する人は誰ですか?」

とよく聞かれましたが、今では、
そういうこともなくなったようです。

似た言葉に「憧れ」がありますが、

これは、

 「自分もそうなりたい!」

という感じの言葉であり、
「尊敬」とは少しニュアンスが違います。

また、
「嫉妬」というものもありますが、

 これは、「憧れ」の裏返しであり、

やはり、
「尊敬」とは、別の視点のものです。


幸之助さんは、

 「敬う心」があれば、
 「敬うに値するもの」は無数にある

と仰っていますが、

「敬う」というのは、

 「その価値」を認める人がいなければ
 成り立ちません。

すなわち、

 「存在の価値」ではなく、

 「認めることによって生じる価値」

といってもいいでしょう。

他の人が、

 「あの人はすごい!」と言っても、

自分がそう思わなければ、

 「価値はないに等しい」のです。

そういう意味では、
幸之助さんの仰るように、

 「敬う心」というものが必要です。

この「敬う心」は、

 一人ひとり違います。

それは、

 「好き嫌い」や「興味関心」

あるいは、

 「強み弱み」や「持ち味」
 「性格」や「傾向性」

と同じように、本人が、

 生まれつき「持ちあわせているもの」

ではないでしょうか。

したがって、

 「誰を尊敬するか?!」
 「何を敬うか?!」

ということを見れば、

 その人の「傾向性」や「特徴」がわかる

でしょう。

あるいは、

 その人の「目指す方向とレベル」もわかる

かもしれません。


そう考えると、

 「自分は、誰を尊敬するか?!」
 「自分は、何を敬うか?!」

ということは、

 素直に考えてみる必要があります。


 自分は、どこに魅かれ、
 何を「価値あるもの」を認めるのか?!

ということです。

そういう意味では、

 必ずしも、年上の人や年配者

だけが対象ではありません。

 自分の子どもであろうと、
 新入社員であろうと、

 その人のなかに、
 「敬うべきもの」を見つける

ことはできるでしょう。

それも、

 「全人格」といった「総合力」

ではありません。

「敬う」に値するのは、

 「その人の一部」ということもある

でしょう。

 「バカにしてきた人」の中にも
 認めることができるかもしれません。

そうして、

 「敬うべきものを敬う」

という、

 「本来の姿」をとり戻したいものです。

今は、

 「勉強ができること」と
 「仕事ができること」の評価が高い時代

ですが、

 「仕事ができない」と言われている人

のなかにも、

 「敬うべきもの」はあるでしょう。
 
 「敬うに値するもの」は何か?!

まずは、

 その辺りから見直す必要があるようです。


また、

 「人は、自分の尊敬する人に似ていく」

とも言われます。

そうすると、

 「敬われる人」の価値が見出される

だけでなく、

 「敬う人」自身の能力も引き出される

ことになります。

さらには、

 「尊敬し合える関係が、
  最もいい関係を創り出す」

とも言われます。

 自分がなれない「憧れの人」に嫉妬する

のではなく、

 「尊敬する人」を目指して努力する

そんな生き方を取り戻したいものです。


もう一度、

 「お互いのなかに価値を見出す」

ということの重要性を確認しておきたい
と思います。
 
 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「ちとえ藤堂塾」のご案内


 (大阪会場)12月3日(日)13時~

 (東京会場)12月9日(土)13時~


  テーマ : この一年を
       「反省」し「内省」する。

  今年一年の出来事を振り返り、

  「何が原因でどういう結果になったのか」
   今年の「実践とその成果」を「反省」し、

 「いま、自分の身に何が起きているのか」
  を「内省」します。

  この「反省と内省」をきちんと行うと、
  これからの「課題」が明確になります。 

  仕事環境と生活環境の変化とともに、
  「自分の課題の変化」もしっかり押さ
  えておきましょう!


   お申し込みは
  ⇒ http://www.chitoe.com/jyuku.html 

  ※終了後は、恒例の「望念パーティ」を
   開催します。(希望者のみ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)

第1197号 変な予測はしない

 「心配性の人」は、何か起きると、
 その先に、もっと悪いことが起きる
  と考えがちである。

第1198号 不安なことを考えない
 
 人は、自分で「物語」を創っている。

第1199号 不安で眠れないとき

 「不安」とは、「敵」ではなく、
 「自分の心の投影」である。

第1200号 雑念を払う

 「火をどうして消すか」よりも、
 「火をつけないない」ことが大事である。


本日、「第1201号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/19
部数 4,029部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/10/19
部数 4,029部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング