仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-737「乱を忘れず」


カテゴリー: 2017年10月20日




メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.737)「乱を忘れず」

〔2〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.737)「乱を忘れず」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「乱を忘れず」

 景気がよくて、生活も豊かで、こんな姿が
 いつまでもつづけば、まことに結構である。

 しかし、おたがい人生には、
 雨の日もあれば、風の日もある。

 景気にしても好況のときもあれば、
 不況のときもある。

 いつも平和な、
 いつも豊かなときばかりとは限らない。

 それが人生である。世の中である。

 ところが、世の中が落ちついて、
 ある程度景気もよくなり、

 生活も向上して、
 いわゆる安穏な毎日がつづくようになると、

 いつしか、この世の中の実体を忘れ、
 人生のあり方を忘れて、日を送る。

 それですむなら、それでもよかろう。

 しかしいつかは台風が来、
 あるいは不景気の波が立つ。

 そのときになっても、はたしてきのうに
 変わらぬ泰然の心境でいられるか、どうか。

 いついかなる変事にあおうとも、
 つねにそれに対処していけるように、

 かねて平時から備えておく心がまえが
 ほしいもの。

 「治にいて乱を忘れず」である。

 それがわかっていながら、
 しかもおたがいに今ひとつ充分でないのも、

 これも人間の一つの弱点であろうか。 


      (『道をひらく』松下幸之助)
     

======================================== 


 「治にいて乱を忘れず」

という言葉は、何度か聞いたことがある
でしょう。

しかし、

 なかなかピンとこないものです。

この言葉を理解するには、

 ある程度、長期の視点で、
 「世の中の変化を読む」

という経験が必要かもしれません。

これは、
「歴史」から学ぶこともできますが、

 自国のことであっても、なかなか
 「自分事」としては受け入れにくいもの

です。

それだけに、時々は、

 「自分の半生を振り返る」という時間

を持つことが必要かもしれません。


この言葉を理解するための最初の問題は、

 「自分事」として考えられるか?!

ということです。

 日頃、ニュースで見る事件や事故、
 あるいは、天変地異などについて

身近に起こっていても、

 自分の身に起こらなければ、
 やはり「他人事」です。

常に、

 「自分の身に起きたらどうするか?」

という発想を持っておくことが大事です。


次の問題は、

 「対処への準備」です。

これには、「二つの対応」があります。

ひとつは、

 「何かあったときの対応」です。

すなわち、

 地震が起きたらどうする?
 リストラにあったらどうする?
 病気になったらどうする?

というような、

 「何かあったときにどうするか?!」
 という意味の「備え」です。

これには、

 「貯蓄」や「保険」、
 あるいは「非常食の備蓄」など

いろいろあるでしょう。


もうひとつの「対応」は、

 「生き方としての対応」

です。

私たちは、

 環境に合わせて
 「がんばり方を変える」という生き方

をしています。

すなわち、

 余裕があれば、贅沢をし、
 苦しくなったら、節約する。

 元気なときは、毎日飲み、
 健康診断の後は、お酒を控える

というような生き方です。

幸之助さんが仰る

 「人生のあり方を忘れて、日を送る」

というのは、こういうことかもしれません。

このように「生き方を変える」のは、

 「二つの態度」で生きている

と言われる生き方です。

これに対して、

 「ひとつの態度で生きる」という生き方

があります。 

すなわち、

 余裕のあるときも贅沢をせず、
 いつも同じリズムで寝起きする。

あるいは、

 お酒に飲まれることはなく
 食事は、常に「腹八分目」

というような生き方です。

こうしていると、

 多少の変化があっても、
 いちいち慌てることはないでしょう。

これが、幸之助さんの仰る

 「昨日に変わらぬ泰然の心境」

かもしれません。


また、この生き方は、

 「丁寧な生き方」である

とも言われます。

対する言葉は、

 「雑な生き方」です。

「雑」とは、

 視点が甘く、ものの考え方が粗い

ということです。

それは、

 「読みが甘い」ということでもある

でしょう。


「準備」とは、

 「何かあったときのため」

と考えがちですが、

「丁寧に生きている人」は、

 「いつも準備ができている」

という生き方をしています。

それは、
「アリとキリギリス」のアリのように、

 「この世の中の実体」

というものがわかっているのでしょう。


 「凡事を徹底する」

という言葉がありますが、

 この「丁寧な生き方」の真の価値

を学ぶ必要があるようです。


 
♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回もお読みいただき
 ありがとうございました。 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    

「人生好転メルマガ」を毎朝お届け
しています。
        
ぜひ、こちらも登録していただき、
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/
                (無料)


第1162号 手放せないもの

 「手放してしまうと、自分が保てない」
 というものを必死で抱えている。

第1163号 鎧と勲章 

 まだ「手にしっかり握っているもの」
 がある。

第1164号 吸ったら吐く 

  すべては、何かを得たら、あとは
 「出す、吐く、返す、戻す、あげる」
 ことで、循環していくものである。
 
第1165号 過去の栄光の証拠 

 「手放すこと」から始まることもある
 かもしれない。


本日、「第1166号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/08/10
部数 4,069部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/08/10
部数 4,069部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング