仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-296「それで、どうするの?」


カテゴリー: 2009年05月01日
      

  *=**=***=****=*****=******=*******=******=*****=****=***=**=* 
 
 
            仕事の課外授業  講義10 
 

           (vol.296) 「それで、どうするの?」


  *=**=***=****=*****=******=*******=******=*****=****=***=**=* 
   
   第10講は、書籍『覚悟力』の一転語の理解を深めていただくた
   めに、その内容の一部を少し違った角度から解説しています。
   ぜひ、書籍『覚悟力』と併せてご覧ください。

                          『覚悟力』−なぜか結果を出す人の生き方    
                       http://www.chitoe.com/syoseki01.html 


   □ 前回の一転語 □ -------------------------------------- 

     すべての覚悟は、「どのような人生を生きたいのか」という、
     この「問い」にかかっているのです。

          P236 4−14
            「人は自分の「信念」どおりに生きる」より
      ----------------------------------------------------------
 
     積極的な思いを、3年、5年、10年と持ち続けることは、
    結構難しいですね。

     しかし、逆の思い、すなわち、悲観的な思いや否定的な思い
    は、知らないうちに持ち続けてしまうかもしれません。

     思い通りに展開しなかったり、うまくいかないことが続くと
    つい弱気になってしまうものです。 

     そのうち、「世間はそう甘くはない!」と達観してしまうの
    でしょう。  


     人間は、悪いことの方を信じやすいとも言われます。

     また、世のなかには、否定的なことを「さも当然」という感
    じで自慢げに言う人が結構います。

     そのような「否定的な想念」に振り回されないように注意す
    ることが必要です。

     周りの「否定的な想念を受け過ぎているな」と感じたら、負
    けないように「肯定的な想念」を発して戦いましょう!

     「私の人生は、そんなことで負けていられないのだ!」とい
    う念いが大事です。

    
     ▼ 前回のメルマガはこちらから
        ⇒ http://archive.mag2.com/0000115103/index.html


     では、今回も、書籍『覚悟力』を傍に置いてご覧ください。
              http://www.chitoe.com/syoseki01.html 


     いよいよ第10講の最終回です。
     ぜひ、もう一度『覚悟力』を振り返っておいてくださいね。

     次回からは、第11講に入ります。


 ♪♪ キーンコーンカーンコ〜〜ン
     キーンコーンカーンコ〜〜〜ン ♪

   
   ■□■ 今日の一転語 ■□■ ------------------------------

       大事なことは、
     「だから、どうした」という現状説明ではなく、
     「それで、どうするの」という未来に向けた思いなのです。

            P240 あとがき
               「人生にも戦略を持って生きる」より
      ----------------------------------------------------------

     うまくいかないことを問いただされると、つい言い訳をして
    しまいます。

     「急に急ぎの仕事が入っちゃって・・・」
     「おじいちゃんが入院したので・・・」
     「ちょっと体調を崩してしまって・・・」

    と、そのほとんどは、できなかった理由を説明するものです。

     本人は、「自分のせいではないという理由」を説明すること
    で、「やる気はあるのだが」ということを言いたいのでしょう。

     しかし、その表現のなかからは、未来への思いが伺えません。

     すなわち、

     「だから、どうした」という現状説明

    しかしていないのです。

     いい訳を聞く側からすると、

     「事情はわかった。それでどうするのか?!」

    ということを聞きたいのですが、それがなかなか伝わってきま
    せん。

     実は、日頃から、この「事情説明ばかりしている人」が結構
    いるのです。

     「本を読みたいのですが時間がなくて」
     「勉強しようと思うのですが、なかなか日程が合わなくて」
     「私も参加したいのですが、子どもがまだ小さいので」

     これで、言い訳をしたつもりになっているのです。

     「言い訳が堂々と成立してしまう」と、そこで話は終わって
    しまいます。

     
     問題は、ここから先なのです。

     「時間がないのはわかりました。それで?」
     「日程が合わないのもわかりました。それで?」
     「お子さんが小さくて手がかかることもわかりました。
      それで?」

     この「それで?」という問いに答えられるかどうかです。

     「それで?」と聞かれても、

     「だから、時間がないのです」
     「だから、なかなか日程が合わないのです」
     「だから、子どもを放っておくわけにはいかないのです」

    と答える人が多いでしょう。

     そこで、もう一度、

     「事情はよーくわかりました。
      それで、あなたはいったいどうしたいのですか?」

    と聞いても、また同じことの繰り返しになってしまうのです。


     要するに、

     「できるか、できないか」ばかりに視点があって、
     「どうしたいのか」というところに話が展開していかない

    のです。

     この背景には、「実は、それほどやりたいとは思っていない」
    という感情が隠れていることがあります。

     聞かれれば、積極的な答えをするが、「別に、そこまでして
    する必要もない」と心の底では思っている可能性があるのです。

     「お金は欲しいと口では言っているが、心の底では、困らな
    い程度あればいい」と思っているのと同じです。
    
     この程度の「思い方」では、人生は変わりません。


     『人生戦略書』とは、「自分の生き方を決め、その決めた生
    き方に従って、力強く生きよう」と、その覚悟と戦略を描き現
    したものです。

     そのためには、「自分が、自分の人生に求めるもの」を明確
    にする必要があります。

     「自分の人生で、何が大事かをはっきりさせる」必要がある
    のです。

     しかし、それらをはっきりしようとすると、「説明したい現
    状」がいっぱい出てくるでしょう。

     そこが勝負です。
     そこで留まってはいけないのです。

     その現状を承知した上で、「あなたは、これからどう生きる
    のか」ということが問われているのです。

     その「覚悟」が試されるのです。

 
     「現状説明」ばかりしていると、それが「人生の言い訳」に
    なってしまいます。注意が必要です。

    

   □ 今週のセルフチェック □
     
     言い訳したくなったら「それで?」と自問してみてください。
 
      
   
 ♪ キーンコーンカーンコ〜〜ン
     キーンコーンカーンコ〜〜〜ン ♪♪


      今回もお読みいただきましてありがとうございました。


     ■ 今週のおすすめ ■       

       1.『人生戦略書』
         http://www.chitoe.com/jss01.html
         「どのような人生を生きたいですか?!」

       2.がんばる人を応援する「ちとえ藤堂塾」
         5月24日(日)10:00〜(大阪会場)
          http://www.chitoe.com/tdj04.html
          「自分の値打ちを高める方法」

       3.自分で自分の未来を創造する方法
         http://www.chitoe.com/tdjcd06.html#69            

      

             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
 □ 発行者:ちとえ藤堂塾  http://www.chitoe.com/ 
────────────────────────────────── 
 □ 発行責任者:藤堂昌恒 todo-juku@chitoe.com 
──────────────────────────────────
 □『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ を利用して発行しています。
   配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
──────────────────────────────────
 □ このメルマガは転送自由です。但し、このメルマガによって生じる
   被害等については責任を負いかねますので、ご留意ください。
────────────────────────────────── 
 ★ 現在のところ、広告及び相互紹介は行っておりません!!! ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/21
部数 4,049部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/09/21
部数 4,049部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング