仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

仕事の課外授業-801「自問自答」







メルマガ『人生好転』
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 ◇◆  仕事の課外授業(講義23) ◆◇ 
   
       道をひらく

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*


〔1〕(vol.801)「自問自答」

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

〔3〕 今週の「人生好転メールマガジン」
   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔1〕(vol.801)「自問自答」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




♪♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~ン ♪


========================================


「自問自答」


 処世の道はいろいろあろうが、

 ”たえず自問自答する”ということが
 非常に大切ではないかと思う。

 何をするにしても、自分にそれにふさわし
 い力が備わっていなければ失敗する。

 だから、自分というものをよく見つめて、
 自問自答を繰り返し、

 そして自分の力を知って
 無理のない姿で事を進めてゆく。

 そこから、失敗も少ない、好ましい歩みが
 生まれてくるのではないかと思うのである。


       (『思うまま』松下幸之助)
     

======================================== 


 「分相応」「分不相応」

という言葉があります。

この表現を使うなら、

 多くの失敗は、
 「分不相応」であることが主原因である

と言えるかもしれません。

また、

 「分不相応」というのは、
 「バランス」を崩した状態でもあります。

そして、ときにそれは、

 「苦しみ」になることがある

ので、注意が必要です。


結局は、

 「その人に相応しいもの」を
 得ている状態が、最もバランスがいい

のでしょう。

しかし、

  私たちには、いろいろ「希望」があり、
 それを目指してがんばっています。

そして、

 それが達成できるかどうか?!

で、いろいろもがいていたりします。


実際には、

 「希望」は、その人の「心境」に
 相応しいかたちで達成される

と言われます。

「法則的」には、

 その人の「心境」に
 ふさわしい結果を引き寄せる

ということでしょう。

この

 その人の「心境」

というのは、

 その人の「才能」であり「努力の姿」

でもあります。

また、

 その人の「価値観」や「考え方」であり
 「忍耐力」や「豊かさ」でもある

でしょう。

あるいは、

 その人の「人格」

でもあります。

そして、それらを総合したものを

 「その人の分」

と言ってもいいでしょう。


そういう意味では、

 自分の「分」というものを、
 きちんと知っておく必要があります。

それは、

 自分の「現在のあり方、姿勢」の確認

にもなるでしょう。


人には、
それぞれ「欲しいもの」がありますが、

そんな中で、

 どこまで求めていいものか?!

は、重要な「課題」です。

果たして、

 どこまで求めることが
 「分相応なのか?!」

ということです。


これを「見分ける」ひとつの視点が、

 「分」と「私欲」との区別

です。

実は、

 「分」を超えたところを「私欲」という

とも言われます。

これは、

 他人から見るとよくわかります。

 「それは、欲が過ぎるよ!」と。

しかし、本人には、

 なかなかわからないものです。

 「これくらい得られて当然だ!」

などと平気で思っていたりします。

そして、

 それが得られないから苦しんでいる

のです。


そこで、必要になるのが

 「自問自答」です。

 「欲望に振り回される自分」と
 「分をわきまえている自分」との対話

です。

実際には、

 やる前にはわかりにくいものですが、

「うまくいかなかったとき」には、

 この「自問自答」が有効です。

 
 「分相応の結果」しか得られない

 「分不相応のもの」は苦しみになる

というところを知っていると、それが

 「自分の力を知る」ヒントになる

でしょう。


 「自問自答」というのは、
 「反省」には欠かせない技術ですが、

 なかなかうまくできません。

しかし、それでも続けていると、

 自分のなかに「基準」らしきものがある

ということに気づくようになります。

それが見えてくると、

 「反省力」も一気に高まっていく

でしょう。



♪ キ~ンコ~ンカ~ンコ~~~~~ン ♪♪


 今回も、お読みいただき
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔2〕「ちとえ藤堂塾」のご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  


「新 ちとえ藤堂塾」のご案内

 「ちとえ藤堂塾」は、
  本年度より、新しくなります!


 (大阪会場) 2月24日(日)13時~

 (東京会場) 3月17日(日)13時~ 


 詳細は、別途ご案内させていただきます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〔3〕 今週の「人生好転メルマガ」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    


「人生好転メルマガ」は、
 毎朝、お届けしています。
        

第1610号 続けているうちに

 「続けているうちに変わってしまう」
 という危険性は、あらゆることにある。 

第1611号 一定期間の振り返り 

 「変化に気づく仕組み」としては、
 「定期的にチェックする」ということが、
 大事なノウハウである。

第1612号 初心に帰る

 見直すときには、
 「初心に帰る」ということが原則である。 
 
第1613号 熱が冷めないように 

 人は、意外とつまらないことで、
 簡単に、その意欲が挫かれ、
 熱が冷めてしまう。


本日「第1614号」を配信いたします。


こちらも、ぜひ登録していただき(無料)
毎日のセルフチェックにご活用ください!
 ⇒ http://jinsei-koten.jimdo.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
発行者:ちとえ藤堂塾 
         http://www.chitoe.com/  
                   todo-juku@chitoe.com 
────────────────────
発行責任者:藤堂昌恒 
   http://www.chitoe.com/profile.html  
────────────────────
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/を
利用して発行しています。

配信中止はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000115103.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

発行周期: 週刊 最新号:  2019/01/18 部数:  3,963部

ついでに読みたい

仕事の課外授業-成果を上げるための能力 講義

発行周期:  週刊 最新号:  2019/01/18 部数:  3,963部

他のメルマガを読む