私のシチリア

■私のシチリア■ Numero 818(2019年3月17日発行)

■私のシチリア■ Numero 818(2019年3月17日発行)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

目次 

 1.イタリア買い付け道中記 2019冬 その8
 2.プーリアからオリーブオイルが届きました!
 3.レモンフレーバー・オリーブオイル 新登場!
 4.ピッツァ用小麦粉 新登場!
 5.薫り高い白トリュフバター 新登場!
 6.3月の営業について
 7.編集後記

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  Ciao,come state?
 ようこそ「私のシチリア」へ!
 イタリア食材厳選のお店「ピアッティ」の岡田幸司です。

 毎週日曜の朝は少しイタリア気分に浸ってみませんか?
 では本文へ amninni:アムニンニ!
 シチリア弁でレッツゴー! 

--------------------------------------------
■1.イタリア買い付け道中記 2019冬 その8■
--------------------------------------------
 Borlenghi:ボルレンギというものに興味が湧いておりました。

 モデナ名物であるそれは、小麦粉を薄ーーーーーーく伸ばして焼いたクレープ状のもので、直径にして30センチは優に超える大きさです。
 これをペタンペタンと4つに折ってドカーンとお皿に乗って出てきます。
 
 で、その上にモデナ名物のpesto modenese:ペースト・モデネーゼが塗ってあります。
 lardo:ラルド(ラード)を主としたもので、これにガーリックやローズマリーなどが混ぜ込んでありクリーム状で柔らかいので塗って食べるのにピッタリです。
 モデナにはtigella:ティジェッラという“お焼き”みたいなものもあって、これにこのペーストを塗って食べるのもポピュラーです。
 
 ボルレンギが食べられる、というお店に赴きオーダーするとドカーンと出てきました。
 既にペーストは塗られていましたが、お好みで追加で塗ってね、みたいな感じでペーストもドカーンと。
 
 フォーク&ナイフで食べる、というよりは手でちぎってかぶりつく、みたいな食べ方になるかと思いますが、それがとっても似合う食べ物です。ラードで手がベタベタしますが、それも舐めちゃえばこれもまた美味なり、という事でいい感じ。

 こんな時は地元の微発泡赤ワイン、lambrusuco:ランブルスコは勿論良く合いますが、ビールでもイケそうです。ポテチとビールみたいな感じ?!ですね。

 お店では先に書いたtigella:ティジェッラやgnocco fritto:ニョッコ・フリットといったモデナならではの“粉モノ”もオーダーしたのですが、改めて考えてみると、ホント“粉モノ”はその町それぞれのカタチ、歴史があって奥深いものです。大概は庶民の知恵と工夫の賜物なのでしょう。

 さすがに粉モノばっかりでお腹いっぱいになったのですが、同時に胸いっぱいでもあります。
 残してごめんね、というと「持って変える?」と即答。
 ドギーバッグの文化も“らしい”ですね。

 これにて今回の買い付け道中記はオシマイです。

--------------------------------------------
■2.プーリアからオリーブオイルが届きました!
--------------------------------------------
 昨年秋に11年ぶりに訪れたプーリアでやはりその良さを再確認し、アントニオのオリーブオイルにかける情熱は冷めやらぬどころか進化を遂げていたことを思い知りました。

 そんなアントニオ・ラグーソのオリーブオイルが届きました!
 いつも大体この時期に入荷するタイミングでオーダーしていましたが、今回は在庫切れにて空白期間が出来たのは正直驚いています。
 店頭でのリターナブルを始め、5リットル缶をお使いになる個人の方が増えてきたという事の証かと思いますし、どんどん使ってこそのオリーブオイルですから何とも嬉しいことです。

 さて今回同時期に入荷した5リットル缶と500ml瓶ですが、賞味期限が異なります。
 アントニオ曰く、瓶のスペックが増したとかで、缶は充填後18ヶ月なのに対し、瓶は充填後24ヶ月までOKという事で違いが出てきたとか。なのでご安心を。

 良いオリーブを見極めて搾油する彼だからこその安定感。
  昨年、南イタリアを襲ったオリーブに対する被害にも影響されず高品質を保っていました。
 嬉しい限りです、ホント。

  https://www.piatti.jp/SHOP/OORC.html
 
--------------------------------------------
■3.レモンフレーバー・オリーブオイル 新登場!
--------------------------------------------
 レモンの香をまとったスグレモノが新しく仲間入り!
 今回上記のオリーブオイルをAntonio:アントニオにオーダーした際に、これもお願いと追加したものです。
 
 レモンフレーバー・オリーブオイルと名付けられたオイルは、まさにレモンの香をまとったオリーブオイルなのです。

 これは何も新しい技術ではなく、なんと昔ながらの知恵によって生まれたとされています。
 というのも、オリーブの実を絞った機械を洗浄するのにレモンに含まれるリモネンという成分が油分を分解するのに丁度良かったからで、そんなもんで

 「レモンごと絞ってしまえばいいじゃないかっ!」
 
 そんでまたこれが

 「何か良い香するじゃないっすかっ!」

 みたいな事で広まったとか。
 で、なんでこれがレモン“フレーバー”かというと、レモン果汁をオリーブオイルに加えたものではないからなんです。

 先にも書きましたが、オリーブの実を絞る時にレモンも一緒に入れるのですが、絞った時に出る果汁(液体)と果肉・絞りカス(固体)とに分別し、さらに液体は遠心分離にかけ、油分と水分に分別という、いわば通常のオリーブオイルの製造工程に則って作っていきます。

 そうすることでレモンの香りのみがオイルに移ったフレーバーオイルが出来上がります。
 果汁が入っていませんから腐敗の恐れがなく日持ちがし、より多くの料理に気軽に使えるスグレモノです。
 
  https://www.piatti.jp/SHOP/OORL.html

--------------------------------------------
■4.ピッツァ用小麦粉 新登場!
--------------------------------------------
 最近、ピッツァ用の小麦粉はありませんか?という問い合わせを頂くことが増えてきました。
 自宅でもやってみようという方が増えたんでしょうねぇ。いいじゃないですか!

 やっぱりちゃんとした小麦粉と使うと間違いない、という事でご用意いたしました。
 この小麦粉は伝統的なピッツァの特徴を引き出す性質と高いタンパク質含有量を持っていて、低めの温度での長時間発酵(24時間以上)に最も適した小麦粉です。

 ゴールデンウイークのような長期の休みにちょっとトライしてみてはいかがでしょう?

  https://www.piatti.jp/SHOP/FSFG-00.html

 あ、そんな時にはぜひエトナ山の裏ごしトマトも是非。
 全然違いますから。

  https://www.piatti.jp/SHOP/ETNA.html

--------------------------------------------
■5.薫り高い白トリュフバター 新登場!
--------------------------------------------
 Marche:マルケからハイクオリティな白トリュフバターが届きました。
 
 マルケ州はイタリア中部に位置し、色とりどりの鮮やかな畑に覆われた丘陵地です。
 その畑を囲む茂みの根元深くにTartufo:タルトゥーフォ(トリュフ)が自生しているのです。
 
 通常、トリュフといえばPiemonte:ピエモンテ州のAlba:アルバ村近郊が有名ですがこの地も知る人ぞ知る名産地なのです。

 今回ご紹介するのは、マルケ州 Urbino:ウルビーノで2017年に設立された新しい生産者集団によるもので、この町で採れる最高品質のトリュフを始め個性的なプロダクトを展開しています。

 ちょっとお値段は張りますが、やっぱり質の高さを感じます。
 どうせ食べるなら美味しいほうがいいなぁと。

 オムレツに加えたり、またリゾットや肉料理の仕上げにちょっと使うだけでOKです。
 上品で優しいトリュフの香りが漂う美味しい一品になります。
 ほんの少しで効果絶大!なのです。

 https://www.piatti.jp/SHOP/B-BTB-25.html

--------------------------------------------
■6.3月の営業について
--------------------------------------------
 3月の営業についてのご案内です。

  18日(月):定休日
  19日(火):定休日
 
  25日(月):定休日
  26日(火):定休日

  本情報はトップページでもご確認頂けます!
 https://www.piatti.jp/

--------------------------------------------
■7.編集後記
--------------------------------------------
 何だか暑いんだか寒いんだか良くわからない感じの日が続きますね。
 花粉症で無い私でもイマイチな感じです。
 一方、いつもクルマで通る道すがらのとある神社にある桜の木はもうほぼ満開。
 やっぱり春は近づいているんですねぇ。

 「私のシチリア」は毎週日曜の朝にお目にかかれるよう頑張りますのでよろしくご愛読下さい!

 Ci vediamo alla prossima domenica!
---------------------------------
★Hatena Blogが新しくなりました
 https://piatti.hatenablog.com/

★Facebook PIATTI オフィシャルページ
 https://www.facebook.com/159596597567892/

★Instargram PIATTI オフィシャルページ	
 https://www.instagram.com/piattikojiokada/

□メルマガ購読・解除はコチラ
 アドレスが変わりますので追ってお知らせします。

□メルマガへのご感想を頂ければありがたいです。
 お返事、必ず書きます!
 なお、採用募集はしておりませんので悪しからずご了承下さい。
 ご感想はコチラへどうぞ 
 info@piatti.jp

---------------------------------
発行者  :岡田幸司
発行元  :PIATTI(ピアッティ)
発行元URL:https://www.piatti.jp/
連絡先  :info@piatti.jp
住所   :〒153-0041 
      目黒区駒場4-2-17-1F
TEL    :03-3468-6542
FAX    :03-5738-7552
営業   :11時~20時 月火定休
      ※祝日は通常営業

copyright(c) Koji OKADA
---------------------------------

私のシチリア

発行周期: 毎週日曜日 最新号:  2019/03/17 部数:  1,246部

ついでに読みたい

私のシチリア

発行周期:  毎週日曜日 最新号:  2019/03/17 部数:  1,246部

他のメルマガを読む