スローダイエットメールマガジン

●・・スローダイエットメールマガジン・・●     2019年2月21日号 Vol.760

2019年2月21日号                 http://www.slowdiet.com/

**…・…**…**…・…**…**…・…**…**…・…**…**…・…**…**
●・・スローダイエットメールマガジン・・●     Vol.760

こんにちは。
slowdiet.comの汲玉(きゅうぎょく)です。

気温の変化が激しい日々で、体調をくずしている人も多いかと思います。
その原因のひとつが「寒暖差疲労」にあるそうです。

私たちは、寒暖差に対応しようとして、熱を作ったり逃がしたりするときに、
必要以上にエネルギーを使っているようです。
寒暖差疲労がたまってくると、自律神経が乱れ、思っている以上にカラダは、冷えやすくなるとか。

今年は、冷えがきついな〜と感じていたのですが、
それは、この「寒暖差疲労」が影響しているのかもしれません。

梅のつぼみもほころび初めて、春の気配も感じる・・・
三寒四温のこの時期に、カラダ温めを意識して過ごしたいと思っています。

…・…今回号の目次…・… …・… …・… …・… …・… …・… …・… …・…
  ◆今週の週末レシピ◆カラダ温めつくりおき03○さやいんげんの炒り豆腐
  ◆スローダイエットあれこれ話◆冷えないカラダ作りのために03○たんぱく質を食べる
**…・…**…**…・…**…**…・…**…**…・…**…**…・…**…**

◆・・今週の週末レシピ・・◆ …・…○…・…○…・…○…・…○…・…○…・…○…
カラダ温めつくりおき03○さやいんげんの炒り豆腐
http://slowdiet.boo.jp/recipe/20190201005135.html
東洋医学では温の性質をもつといわれているさやいんげんをたっぷり入れて、
良質のたんぱく質の豆腐を手軽に食べられるようにつくりおきに。
カラダ温め効果の高いしょうがで炒めて冷え改善作用をアップ。

材料(2人分)
さやいんげん・・・12本 木綿豆腐・・・300g しょうが(みじん切り)・・・1/2カケ分 
かつおけずり節・・・大さじ2 黒ごま・・・大さじ1 酢、しょうゆ・・・各大さじ1/2 塩・・・少々 ごま油・・・小さじ1
作り方
1.さやいんげんは5mm幅に切る。木綿豆腐はしっかりと水きりする。
2.鍋にごま油としょうがを入れて熱し、香りがたったらさやいんげんを入れて1分くらい炒め、
豆腐をくずしながら加えて炒め合わせる。
3.豆腐がポロポロになったら酢としょうゆを回し入れ、火を止めてかつおけずり節と黒ごまを混ぜ、
塩で味をととのえる。

◆・・汲玉の週末スローダイエット日記!!・・◆ …・…○…・…○…・…○…・…○
http://kuyanino.exblog.jp/

◆・・スローダイエットあれこれ話・・◆ …・…○…・…○…・…○…・…○…・…○
冷え症を改善するために気をつけたい食生活。
そのヒントをいくつかご紹介します。

冷えないカラダ作りのために03○たんぱく質を食べる
あまり知られていないかもしれませんが、実は、体内で熱を生み出すのは筋肉です。
そして、筋肉をつくるのは、ご存じのようにたんぱく質です。
つまり、体温を上げるためには、たんぱく質をふくむ食品をしっかり摂ることが大切なのです。
おにぎりだけ、パンだけ、麺類だけといった主食のみの食事は、エネルギーにはなりますが、
筋肉をつけるには、ちょっともの足りません。
主食と野菜だけのメニューではなく、豆腐や卵、肉や魚など、たんぱく質を摂るように心がけたいと思います。
また、運動することで、カラダの中から熱が発生するとともに、筋肉量や筋力が維持されます。
冷え改善のためにも、適度な運動も欠かせません。

スローダイエットメールマガジン

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/21 部数:  513部

ついでに読みたい

スローダイエットメールマガジン

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/21 部数:  513部

他のメルマガを読む