夢で愛ましょう!

夢で愛ましょう!

カテゴリー: 2013年11月24日
☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ありがとうございます。今日もすべてに感謝します。
 世界中のすべての方が幸せにありますように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆   
 2013年 平成25年 
 11・24(日)



    よい人、よいもの、よい教えを
    学ぶには



 姫野です。
 今日も東京は澄んだ青空の広がる素敵な一日でした。
 でも日が短くなって午後5時前にはもう暗くなります。
 

 ど~も、いかが過ごしでしょうか。
 昨日は勤労感謝の日で連休の方も多かったと思います。

 それで日も悪くないので、結婚式日和でした。
 会社の行き帰りにそれらしき方を見かけました。


 昨日食堂でお昼をいただいていたら、
 後ろのグループが話をしていました。


 「あ~あ、明日後輩の結婚式だよ。
  疲れるんだよな~」

 「嫌なら行かなきゃいいじゃないか」

 「まあそれがそうもいかないんだよ」


 な~んて話をしていました。
 確かに自分の気分が乗らない結婚式の出席は
 疲れますね。お金と時間を使って得るものが
 少ない気がします。(笑)

 
 僕などのように、
 回収のあてもなく出すご祝儀は
 ちょっぴり淋しい…。トホホ…



 さて
 僕は法然上人は好きな方のお一人です。

 法然上人のよさのひとつが

 「愚者の自覚」を広めたことにある

 僕はそう感じます。


 人は皆ひとしく愚者である


 誰もがうすうすは
 自分でも自分は愚者だと思ってはいるのですが


 家庭でも職場でも社会でも
 人と接していると
 ついつい自分は正しく人は間違っている
 そう感じてしまうことも多いです。


 また自分が間違っていても
 人に指摘されると
 腹がったったり、不快になります。


 自分を愚者としっかり認識する
 ということは幸せには欠かせない気がします。


 認識するといっても、愚者だと居直って、
 卑屈になったり、乱暴になっても
 いけません。


 自分は正しい、自分は優れている
 自分はどうせ馬鹿だ
 そう思うと
 素直に学べなくなります。


 よい人、よいもの、よい教え
 それを素直に学ぶには
 自分は知らないんだ、
 まだ出来てはいないのだ


 まだ遅くはない
 気付いたときが
 神さまが自分にそのときだ
 と告げている時なのだ


 そのしっかりした自覚が必要です。
 

    愚者の自覚を

    家庭に職場に社会に
    智慧の光を

    そして
    慈しみのあふれる世界に
   

 法然上人を思うと
 僕はそう感じます。


 あなたはいかがでしょうか。



 ではでは
 愛を込めて!


 今日も笑顔でニコッとね。


 何であれ、そこに愛が流れてこそ
 はじめてこころから楽しくなります。
 

 僕の自費で印刷した本「なぜ生きる」を
 お読みいただけると嬉しい。
 
 本の少し詳しい内容とお求めは
 http://himeno3.blog89.fc2.com/


 幸せはごく自然な
 あなたの命の本来の属性です。


 よろしければ、お参りして一息入れてみて下さい。
  (聖心寺・聖心神社)
  http://seisinji.net/index.html
 

 姫野修一郎のブログ「ただあるがままに」
 http://siawase1.at.webry.info/

 このメルマガ購読はこちらから
⇒ http://archive.mag2.com/0000113432/index.html


 ご意見・ご感想などはこちら
 姫野メルアド ANA38655@nifty.com


 生涯かかっても実現できないような
 大きな夢を持ちなさい


 できると信じればできる。




夢で愛ましょう!

発行周期: 不定期 週3回程度 最新号:  2018/12/06 部数:  281部

ついでに読みたい

夢で愛ましょう!

発行周期:  不定期 週3回程度 最新号:  2018/12/06 部数:  281部

他のメルマガを読む