GBRCニューズレター

GBRC Newsletter No.722

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.722  2017年10月30日号 (ほぼ毎週・月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース 今週のABAS早期公開論文
 Mitomi, Y. (2017). 
 What is marketing time pressure?

☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.16, No.5 発行!!

☆GBRCニュース 今週と来週のMERC丸の内院生ラウンジ

☆コンピュータ産業研究会(第223回)のお知らせ

====================================
☆GBRCニュース 今週のABAS早期公開論文
 Mitomi, Y. (2017). 
 What is marketing time pressure?
====================================

Annals of Business Administrative Science (ABAS)は、独立行政法人科学技
術振興機構(JST)の電子ジャーナル・サイトJ-STAGEの早期公開機能を導入して
います。「ABASの日本語サイト」
http://www.gbrc.jp/journal/abasjp/

には、日本語の要約も掲載され、早期公開版のダウンロードも可能です。
早期公開は論文採択後できるだけ速やかに行われますので、早期公開版の公開は
不定期になります。ということで、今週は次の2本の論文が早期公開されました。
------------------------------------------------------------------------
Mitomi, Y. (2017). 
What is marketing time pressure?
Annals of Business Administrative Science.
http://doi.org/10.7880/abas.0170925a
Download (Available online October 26, 2017)

制限時間がある場合の購買行動は、制限時間のない場合の購買行動とは異なる。
それは制限時間の中で、消費者が圧力を感じているからである。この状態は「時
間圧力」と定義されている。本稿では、時間圧力に関する先行研究の手法と結果
を整理したところ、(a)制限時間の影響は調べていても、そもそも時間圧力を直
接測定してきたわけでなく、また(b)その制限時間もせいぜい数秒から数分と短く、
マーケティングの実務的に意味があるかは不明である。時間圧力という用語自体
は使い古されてきた感があるが、時間圧力に関するマーケティング研究は、これ
からが期待される未知の研究領域といえる。
------------------------------------------------------------------------
とりあえず論文の内容を日本語で紹介しますが、著者本人による公式の要約では
ないので、ご注意ください。正確に内容をお知りになりたい方は、ぜひ英語の論
文をダウンロードして、読まれることをお勧めします。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/abas/advpub/0/advpub_0161125a/_article
J-STAGEの「早期公開」(Advance Publication)は、巻・号・ページ等の書誌情報
が未確定の論文を公開できる機能です。早期公開版も本公開版も同じDOIが付与
され、同一の論文として扱われ、Google Scholarにもデータが提供されます。

早期公開された論文は2ヶ月に1号のペースでまとめて、巻・号・ページ等を
確定してからJ-STAGEで本公開するとともに、学術論文を中心とした学術情報を
検索して利用できる世界的なオンライン・データベースEBSCO host (有料)、
ProQuest (有料)にも逐次収録されて、全文ダウンロードが可能となります。

====================================
☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.16, No.5 発行!!
====================================

■AMRのツイッターアカウント http://twitter.com/akamonmr

『赤門マネジメント・レビュー』(AMR)は、第16巻からJ-STAGEに全面移行し、
偶数月25日発行のオープン・アクセスの隔月刊誌に生まれ変わりました。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/amr/-char/ja/

同時に、隔月刊化にともない、早期公開も始めました。
J-STAGEの「早期公開」(Advance Publication)は、巻・号・ページ等の書誌情報
が未確定の論文を公開できる機能です。早期公開版も本公開版も同じDOIが付与
され、同一の論文として扱われ、Google Scholarにもデータが提供されます。
早期公開された論文は2ヶ月に1号のペースでまとめて、巻・号・ページ等を
確定してからJ-STAGEで本公開されます。

ということで、10月25日に、
『赤門マネジメント・レビュー』(AMR) Vol.16, No.5が発行されました。

バックナンバー検索が便利な
http://www.gbrc.jp/journal/amr/index.html
も、まだ生きています。

目次は下記の通りです。もちろん、すべて無料コンテンツです。
今号から新企画<経営学で考える>が始まりました。
-----------------------------------------------------------------------
<経営学で考える>
大木 清弘
「クロスボーダーM&Aを考える」
pp.211-212
http://doi.org/10.14955/amr.0171012a
-----------------------------------------------------------------------
<査読つき研究論文>
柴田 友厚, 馬場 靖憲, 鈴木 潤
「探索戦略の迷走: 富士フイルムとコダックの分岐点」
pp.213-232
http://doi.org/10.14955/amr.0170512a
-----------------------------------------------------------------------
<経営学輪講>
福島 洋佑, 熊澤 知喜
「組織アイデンティティのダイナミクス: 
 経営学輪講 Hatch and Schultz (2002)」
pp.233-238
http://doi.org/10.14955/amr.0171016a

====================================
☆GBRCニュース 今週と来週のMERC丸の内院生ラウンジ
====================================

「丸の内院生ラウンジ」とは?

 東京大学本郷キャンパスにある大学院経済学研究科 経営教育研究センター
(MERC)には、経営学を専攻する大学院生や大学院OB・OG (つまり今や大学の先
生)がたむろする「院生ラウンジ」があります。
 そこには、今さら先生にきけないような経営学の初歩を大学院生から手ほどき
してもらいに来る学部生もいれば、先輩たちのサロン的な議論の輪に入ろうとし
ている新人大学院生もいます。もちろん研究の最前線を目指した研究会もやりま
すし、時には、教授から思いがけずご高説を賜る場面もあります。
 その本郷の院生ラウンジの雰囲気を、そのまま丸の内に持ってきました。名付
けて「丸の内院生ラウンジ」。あなたものぞいてみませんか。そして輪に入りま
せんか。学生も社会人も大歓迎。

丸の内三菱ビル10階 コンファレンススクエア・エムプラスで開催いたします。
開催場所や申し込み方法はこちらです。
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/marunouchi_seminar/access.html

-----------------------------------------------------------------------
11月からは新シリーズ「経営学サロン」
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/marunouchi_seminar/salon.html
経営学者に近年の研究動向についてトピックを取り上げて紹介していただきます。
経営学者の実際の研究プロセス、定性・定量研究における最新理論紹介致します。
経営学的に事象を分析するとはどのようなことであるか、理解できます。
-----------------------------------------------------------------------
2017年11月2日(木) 19:00~20:30

第1回:研究の舞台裏:現場研究における試行錯誤

福沢光啓 氏(成蹊大学経済学部・准教授)

要旨:
 調査・研究の成果である論文や著書が、実際に、どのようなプロセスを経て
つくりあげられているのかについては、「はしがき」や「あとがき」などで触れ
られることはあっても、その多くが語られることはありません。当然ですが、
論文の場合にはその傾向は顕著です。もちろん、論文・著書における「方法」
パートでは、当該研究が妥当性をもって行われたことを保証するために必要な
情報は書かれています。しかし、自分が研究を進めていくにあたって知りたい
のは、実際に何をすればよいのか、どのように研究が進んでいく(停滞する)
のかということの具体的なイメージではないかと思います。今回は、開発や生
産の現場に関する研究を進めていく際に直面するさまざまな課題と学びについ
て、「研究の舞台裏」を皆さんと共有しつつ、実り多い研究を進めていくため
に必要なことについて一緒に考えていきます。
-----------------------------------------------------------------------
2017年11月9日(木) 19:00~20:30

第2回:あれもこれも経営学研究?
    最近の研究論文から学ぶ定性研究の手法と意味

佐藤秀典 氏(筑波大学ビジネスサイエンス系・准教授)

要旨:
 みなさんは、経営学の研究と聞いたときどのようなものを想像するでしょうか?
経営学では、「数字」のデータを統計的に分析するといった研究が数多く行われ
ています。しかし、そういった研究ばかりというわけでもありません。「見る」、
「聞く」といったシンプルなアプローチでデータを集め、分析するといった
「定性的」と呼ばれる手法を用いた研究もあります。 今回は、経営学の様々な
分野からちょっと変わったタイトルの論文を集めてご紹介します。タイトルだけ
では中身が想像できないような論文を見ていきながら、定性的な研究はどのよう
に行われているのか、どんなことができるのかといったことをお話します。それ
により定性的研究の面白さについて少しでも触れていただければと思います。
-----------------------------------------------------------------------
主催: 東京大学大学院 経済学研究科 経営教育研究センター(MERC)
共催: GBRC
後援: 三菱地所株式会社

====================================
☆コンピュータ産業研究会(第223回)のお知らせ
====================================

[日 時] 2017年11月16日(木)19:00~21:00
[テーマ] 「モバイルコンテンツ及びプラットフォーム事業者による施策の
      ご紹介と我が国の法制度に関する考察」
[報告者] 岸原孝昌 氏 
     (一般社団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム 専務理事)
[要 旨] 
 モバイルコンテンツビジネスの現状に関して、市場規模やランキング等から
ご紹介するとともに、プラットフォーム事業者であるApple、Google等の施策
についてもご説明します。また、AI等の新たなビッグデータビジネスを展開す
る上で課題となっている個人情報・プライバシーに関して、法制度面での課題
と将来展望について考察します。

[共 催] 東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
     GCLプロジェクト インキュベーション機構
[場 所] 東京大学大学院経済学研究科. 学術交流棟5F
     東京大学ものづくり経営研究センター
     http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html
     (東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅より徒歩6分
      都営大江戸線本郷三丁目駅出口4より徒歩3分)
     ※東大構内へは「懐徳門」よりお入りください。
[参加費] ・一般 2,000円   学生 100円
     ・GBRC会員は会員特典で参加費無料
     ・MMRCと情報理工GCLにかかわる教職員は参加費無料。
     ・東京大学の学生は参加費無料。
*GBRCネット会員登録の手続きなどについてご不明な点などございましたら
 ご連絡下さい。GBRCのネット会員(個人準会員 年会費10,000円)は、
 (1) オンライン・ジャーナル『赤門マメジメント・レビュー』への論文の投稿
 (2) GBRC主催・共催の講演会・セミナー等の受講料の軽減
 といった特典が受けられます。 よろしくお願い申し上げます。
[連絡先] 明山 E-Mail: akeyama@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp

出席のお申込みは2017年11月14日(火)までに
akeyama@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp
迄お知らせ下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
メール・アドレス: info@gbrc.jp  URL: http://www.gbrc.jp/
配信登録・解除・バックナンバー: http://www.gbrc.jp/newsletter/

Copyright (c)2017 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,030部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,030部

他のメルマガを読む