GBRCニューズレター

GBRC Newsletter No.676

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.676  2016年8月29日号 (ほぼ毎週・月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.15, No.8 発行!!

☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.14, No.8 J-STAGE登載

☆GBRCニュース 今週と来週のMERC丸の内院生ラウンジ

====================================
☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.15, No.8 発行!!
====================================

■AMRのツイッターアカウント http://twitter.com/akamonmr

予定通り、8月25日に
『赤門マネジメント・レビュー』(AMR) Vol.15, No.8が発行されました。
http://www.gbrc.jp/journal/amr/index.html

目次と要約は下記の通りです。すべて無料コンテンツです。
-----------------------------------------------------------------------
<査読つき研究ノート>
塩地洋, 富山栄子
「ブラジル自動車産業の概括的検討
 ―市場・生産規模は大きいが、国際競争力が脆弱」
pp. 389-410

ブラジルは自動車市場としては世界4位の大きな市場であり、生産台数でみても
7位の国であり、しかもメキシコやタイと並んで輸出の大きい国である。しかし
その輸出台数の大半はメルコスール国向け輸出であり、先進国に対する輸出競争
力はまったくない。国内生産は過度に国内市場とメルコスール国に依存している。
国内市場への依存度が高く、なおも輸出比率が低いという点は、中国やインドと
類似している。

キーワード:ブラジル自動車産業、メルコスール、BRICs
-----------------------------------------------------------------------
<経営学輪講>
黄巍, 福島洋佑
「製品開発における知識セットのコア硬直性
 ―経営学輪講 Leonard-Barton (1992)」
pp. 411-420

Leonard-Barton (1992) は、企業に競争優位をもたらす「コア能力」の裏側に
ある「コア硬直性」の存在を指摘し、四つの次元からなるフレームワークを用い
て分析を行った論文である。しかしながら、多くの後続研究では「コア硬直性」
を単なる能力の負の側面として捉えてしまっており、その背後にある分析フレー
ムワークについては言及されていない。そこで本稿では、まず、Leonard-Barton 
(1992)の解説を行い、コア硬直性の理論的な意義を改めて検討する。その上で、
コア硬直性の貢献と限界を明らかにする。

キーワード:ナレッジ・マネジメント、製品開発、コア能力、コア硬直性
-----------------------------------------------------------------------
<ものづくり紀行  第九十六回>
伊藤洋, 横澤公道
「Come! 「ものづくり」 in India (下)
 兆候から見るインド社会とオートエキスポの変化」
pp. 421-438

====================================
☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.14, No.8 J-STAGE登載
====================================

『赤門マネジメント・レビュー』は、発行から1年以上経つと、有料コンテンツ
を含めて独立行政法人科学技術振興機構(以下、JST)の電子ジャーナル・サイト
J-STAGEに登載され、無料でダウンロードできるようになります。ということ
で、2015年発行の『赤門マネジメント・レビュー』(AMR)の第14巻8月号が、
8月25日にJ-STAGEに登載され、無料でダウンロードできるようになりました。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/amr/-char/ja/

-----------------------------------------------------------------------
<査読つき研究ノート>
河野英子
「多角化を支える弱く広いつながりの形成とその強化
 ―東海部品工業の医療機器事業参入の事例」
pp. 413-432
-----------------------------------------------------------------------
<経営学輪講> 
持田弥, 岩尾俊兵
「ダイナミック・ケイパビリティと組織学習への投資
 ―経営学輪講Zollo and Winter (2002)」
pp. 433-450

====================================
☆GBRCニュース 今週と来週のMERC丸の内院生ラウンジ
====================================

「丸の内院生ラウンジ」とは?

 東京大学本郷キャンパスにある大学院経済学研究科 経営教育研究センター
(MERC)には、経営学を専攻する大学院生や大学院OB・OG (つまり今や大学の先
生)がたむろする「院生ラウンジ」があります。
 そこには、今さら先生にきけないような経営学の初歩を大学院生から手ほどき
してもらいに来る学部生もいれば、先輩たちのサロン的な議論の輪に入ろうとし
ている新人大学院生もいます。もちろん研究の最前線を目指した研究会もやりま
すし、時には、教授から思いがけずご高説を賜る場面もあります。
 その本郷の院生ラウンジの雰囲気を、そのまま丸の内に持ってきました。名付
けて「丸の内院生ラウンジ」。あなたものぞいてみませんか。そして輪に入りま
せんか。学生も社会人も大歓迎。

7月~9月の毎週木曜日18時~
丸の内三菱ビル10階 コンファレンススクエア・エムプラスで開催いたします。
開催場所や申し込み方法はこちらです。
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/marunouchi_seminar/access.html
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/marunouchi_seminar/saizensen.html
-----------------------------------------------------------------------
新シリーズ「今さら聞けない経営学」
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/marunouchi_seminar/imasara.html

が始まりました。このシリーズは、東京大学大学院経済学研究科の大学院生が中心
となり、今さら聞けないと思われるような経営学に関する基礎的なトピックを講
義します。テーマに合わせて各自簡単に作業を行うワークショップを行います。
講師が大学院生なので、ごく初歩的なことも含めて、気楽に質問しやすいですよ。
経営学のフレームワークを身近に感じていただければ幸いです。
-----------------------------------------------------------------------
2016年9月1日(木) 19:00~20:30
今さら聞けない「ものづくりプロセス」
講師:
加藤木綿美(東京大学大学院 経済学研究科 博士課程)
山城慶晃(東京大学大学院 経済学研究科 博士課程)

講義概要:
本講義では、産業横断的な企業分析に寄与すると考えられる2つの概念、「製品
開発組織論」と「生産プロセス分析論」について取り上げます。製品開発は設計
情報を創造するプロセスであり、設計情報を転写する生産と並んでものづくりの
中核となります。製品開発組織論においては、製品開発パフォーマンスを高める
ためにどのような施策があるのか検討します。また、日本の製品開発組織が市場
ニーズの変化の激しい状況に直面した場合、どのような対応が必要になるか考え
ます。競争力の維持・向上にあたっては、従来の製品やプロセスなどに対し改良
を積み重ねるような改善も重要視されてきました。生産プロセス分析論では、生
産システムのアウトプット側、すなわち、製造パフォーマンスの各側面(生産性
・コスト、品質、納期・リードタイム、フレキシビリティ)について、その測定
・管理・改善を紹介します。この2つの概念について一緒に考えていきます。
-----------------------------------------------------------------------
2016年9月8日(木) 19:00~20:30
今さら聞けない「戦略論」
講師:
宋元旭(ソン ウォンウク)(東京大学ものづくり経営研究センター 特任助教)

講義概要:
経営戦略はアメリカの実務から生まれた分野であり、80年代からは本格的に学問
の世界でも取り組むようになっています。そのため、戦略ツールは実務の方でも、
学術の方でも世の中に多く存在し、今も新たな戦略ツールが探し求められていま
す。1年に戦略に関する本は十数本も出回りますが、最も新しい戦略がすべての
企業に当てはまる戦略でしょうか。むしろ、自社の状況によって既存の戦略ツー
ルを活用する方が有効ではないでしょうか。本講義では、「今さら聞けない経営
学」という企画に従い、基本的な戦略ツールを紹介し、分析し直すことで、新た
な発見を目指します。具体的には、SWOT分析、5Forces分析、PPM分析を紹介し、
自分の会社をそれで分析する実践を行い、戦略ツールについて再考察を行います。
-----------------------------------------------------------------------
2016年9月15日(木) 19:00~20:30
今さら聞けない「マーケティング」
講師:
三富悠紀(東京大学大学院経済学研究科 博士課程)
-----------------------------------------------------------------------
主催: 東京大学大学院 経済学研究科 経営教育研究センター(MERC)
共催: GBRC
後援: 三菱地所株式会社

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
メール・アドレス: info@gbrc.jp  URL: http://www.gbrc.jp/
配信登録・解除・バックナンバー: http://www.gbrc.jp/newsletter/

Copyright (c)2016 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,030部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,030部

他のメルマガを読む