GBRCニューズレター

GBRC Newsletter No.675

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.675  2016年8月22日号 (ほぼ毎週・月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース Annals of Business Administrative Science (ABAS)
         Volume 15, Number 4がJ-STAGEに登載されました

☆GBRCニュース 来週のMERC丸の内院生ラウンジ「今さら聞けない経営学」

====================================
☆GBRCニュース Annals of Business Administrative Science (ABAS)
         Volume 15, Number 4がJ-STAGEに登載されました
====================================

新生ABASの最新刊
Annals of Business Administrative Science, Volume 15, Number 3
が、8月15日にJ-STAGEで刊行されましたので、お知らせいたします。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/abas/

今回、Volume 15, Number 4に掲載されたのは下記の論文です。
------------------------------------------------------------------------
Byun, S. (2016). Hyundai Steel's ramp-up strategy and the learning effect.
Annals of Business Administrative Science, 15(4), 163-174.
doi: 10.7880/abas.0160531a
------------------------------------------------------------------------
Kikuchi, H. (2016). Social shaping of technological trajectories of Shinkansen.
Annals of Business Administrative Science, 15(4), 175-186.
doi: 10.7880/abas.0160605a
------------------------------------------------------------------------
Ogami, M. (2016). Factors influencing the S-curve: Analyzing the float process technology of the glass industry.
Annals of Business Administrative Science, 15(4), 187-197.
doi: 10.7880/abas.0160430b
------------------------------------------------------------------------
ABASは、J-STAGEの「早期公開」(Advance Publication)機能を使っております。
各コンテンツには、早期公開の段階で、すでにDOIが付与されていて、CrossRef
でダウンロードできます。たとえばDOIが10.7880/abas.0150805a の論文は、
http://dx.doi.org/10.7880/abas.0150805a
と入力すると、論文がダウンロードできます。

上記の論文は、いずれも既に早期公開版を公開しておりますが、早期公開した論
文はこうして2ヶ月に1号のペースでまとめて、巻・号・ページ等を確定してか
らJ-STAGEで本公開されます。早期公開版は、今回の本公開版と同じDOIが付与
され、同一の論文として扱われ、Google Scholarにもデータが提供されます。
さらに、本公開版は、学術論文を中心とした学術情報を検索して利用できる世界
的なオンライン・データベースEBSCO host (有料)、ProQuest (有料)にも逐次収
録されて、全文ダウンロードが可能となります。

ABASは、「引用されるジャーナル」を目指して鋭意努めてまいりますので、今後
とも是非ご投稿先としてABASをお考えいただければ幸甚です。

====================================
☆GBRCニュース 今週と来週のMERC丸の内院生ラウンジ
====================================

「丸の内院生ラウンジ」とは?

 東京大学本郷キャンパスにある大学院経済学研究科 経営教育研究センター
(MERC)には、経営学を専攻する大学院生や大学院OB・OG (つまり今や大学の先
生)がたむろする「院生ラウンジ」があります。
 そこには、今さら先生にきけないような経営学の初歩を大学院生から手ほどき
してもらいに来る学部生もいれば、先輩たちのサロン的な議論の輪に入ろうとし
ている新人大学院生もいます。もちろん研究の最前線を目指した研究会もやりま
すし、時には、教授から思いがけずご高説を賜る場面もあります。
 その本郷の院生ラウンジの雰囲気を、そのまま丸の内に持ってきました。名付
けて「丸の内院生ラウンジ」。あなたものぞいてみませんか。そして輪に入りま
せんか。学生も社会人も大歓迎。

7月~9月の毎週木曜日18時~
丸の内三菱ビル10階 コンファレンススクエア・エムプラスで開催いたします。
開催場所や申し込み方法はこちらです。
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/marunouchi_seminar/access.html
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/marunouchi_seminar/saizensen.html
-----------------------------------------------------------------------
今週8月25日(木)からは、いよいよ新シリーズ
「今さら聞けない経営学」
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/marunouchi_seminar/imasara.html
が始まります。このシリーズは、東京大学大学院経済学研究科の大学院生が中心
となり、今さら聞けないと思われるような経営学に関する基礎的なトピックを講
義します。テーマに合わせて各自簡単に作業を行うワークショップを行います。
講師が大学院生なので、ごく初歩的なことも含めて、気楽に質問しやすいですよ。
経営学のフレームワークを身近に感じていただければ幸いです。
-----------------------------------------------------------------------
2016年8月25日(木) 19:00~20:30
今さら聞けない「ものづくりフレームワーク」
講師:
山城慶晃(東京大学大学院 経済学研究科 博士課程)
加藤木綿美(東京大学大学院 経済学研究科 博士課程)

講義概要:
本講義では、これまでの見方とは異なる複眼的な分析を行うことが可能とする
2つのフレームワーク、「製品アーキテクチャ論」と「組織能力構築論」につい
て取り上げます。製品アーキテクチャ論においては、世の中のあらゆる製品・サ
ービスは、設計情報がメディア(情報を担う媒体)の上に乗ったものと見なしま
す。すると、製品開発とは設計情報の創造であり、生産とは設計情報を工程から
製品へ、繰り返し転写していくことと捉えることができます。自社に有利なアー
キテクチャ的状況を創出することが重要であります。組織能力構築論においては、
競争力は多面的かつ多層的な概念であり、1つの指標では全容を捉えにくいが、
本講義では4つの階層で競争力を捉えます。すなわち、(1)組織能力、(2)裏の競
争力、(3)表の競争力、(4)収益力の4つであり、競争力はこの順に顕在化する。
長期的に安定した競争力を維持発展させるためには、企業はこれら四つの競争力
をバランスよく保持する必要があります。この2つのフレームワークについて一
緒に考えていきます。
-----------------------------------------------------------------------
2016年9月1日(木) 19:00~20:30
今さら聞けない「ものづくりプロセス」
講師:
加藤木綿美(東京大学大学院 経済学研究科 博士課程)
山城慶晃(東京大学大学院 経済学研究科 博士課程)

講義概要:
本講義では、産業横断的な企業分析に寄与すると考えられる2つの概念、「製品
開発組織論」と「生産プロセス分析論」について取り上げます。製品開発は設計
情報を創造するプロセスであり、設計情報を転写する生産と並んでものづくりの
中核となります。製品開発組織論においては、製品開発パフォーマンスを高める
ためにどのような施策があるのか検討します。また、日本の製品開発組織が市場
ニーズの変化の激しい状況に直面した場合、どのような対応が必要になるか考え
ます。競争力の維持・向上にあたっては、従来の製品やプロセスなどに対し改良
を積み重ねるような改善も重要視されてきました。生産プロセス分析論では、生
産システムのアウトプット側、すなわち、製造パフォーマンスの各側面(生産性
・コスト、品質、納期・リードタイム、フレキシビリティ)について、その測定
・管理・改善を紹介します。この2つの概念について一緒に考えていきます。
-----------------------------------------------------------------------
2016年9月8日(木) 19:00~20:30
今さら聞けない「戦略論」
講師:
宋元旭(ソン ウォンウク)(東京大学ものづくり経営研究センター 特任助教)
-----------------------------------------------------------------------
2016年9月15日(木) 19:00~20:30
今さら聞けない「マーケティング」
講師:
三富悠紀(東京大学大学院経済学研究科 博士課程)
-----------------------------------------------------------------------
主催: 東京大学大学院 経済学研究科 経営教育研究センター(MERC)
共催: GBRC
後援: 三菱地所株式会社

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
メール・アドレス: info@gbrc.jp  URL: http://www.gbrc.jp/
配信登録・解除・バックナンバー: http://www.gbrc.jp/newsletter/

Copyright (c)2016 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,027部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,027部

他のメルマガを読む