GBRCニューズレター

GBRC Newsletter No.621

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.621  2015年3月30日号 (ほぼ毎週・月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.14, No.3 発行!!

☆GBRCニュース 今週のABAS新刊
 Kuwashima, K. (2015).
 Exploring the characteristics of pharmaceutical product development.

====================================
☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』Vol.14, No.3 発行!!
====================================

■AMRのツイッターアカウント http://twitter.com/akamonmr

予定通り、3月25日に
『赤門マネジメント・レビュー』(AMR) Vol.14, No.3が発行されました。
http://www.gbrc.jp/journal/amr/index.html

<連載><研究会報告><ものづくり紀行>は無料コンテンツです。

目次と要約は下記の通りです。
-----------------------------------------------------------------------
<査読つき研究ノート>(有料)
貴志奈央子
「製品コンセプトの転換と新規事業の開拓」pp. 99-126

本研究では、医療機器として欧州市場に参入を果たしたカネカの細胞分離デバイ
スを分析対象として、次の二点を明らかにする。一点めは、カネカが、既存製品
のコンセプトを転換することで、細胞治療に関する新規事業の開拓を達成したこ
とである。そして、二点めは、医療機器メーカーにとっての細胞治療における事
業機会の所在である。明らかとなった事業機会の所在に基づいて、成長を期待さ
れる細胞治療や再生医療における事業を活性化する政策的支援について、より実
用化に近い分野に対して研究開発投資や事業環境の整備を強化することで、新規
参入が活性化する可能性を示唆していく。

キーワード:製品コンセプトの転換、不織布、細胞治療
-----------------------------------------------------------------------
<連載>
根橋玲子, 岸保行, 福岡賢昌
「日台経済交流の礎を築いた人々―第三回 鄭世松氏 (後編)」pp. 127-158
-----------------------------------------------------------------------
<コンピュータ産業研究会>
本多美雄
「5G移動通信システムの標準化プロセスと周波数」pp. 159-168

LTE (Long Term Evolution) に代表される、世界的な移動通信システムの急速な
発展を受けて、2020年を目標とした第5世代移動通信システム (5Gシステム) の
検討が進められている。エリクソンは、人々、知識、デバイス、および情報が
ネットワーク化される、『ネットワーク化社会』の到来を予測しており、5Gシス
テムがそのプラットフォームになると考えている。本報告では、今後展開される
5Gシステムの標準化プロセスと無線周波数について概説する。

キーワード:エリクソン、移動通信、通信規格、5G、標準化
-----------------------------------------------------------------------
<ものづくり紀行 第九十回>
向井悠一朗, 新宅純二郎, 朴英元, 辺成祐
「高付加価値船に集中する韓国造船業」pp. 169-188

====================================
☆GBRCニュース 今週のABAS新刊
 Kuwashima, K. (2015).
 Exploring the characteristics of pharmaceutical product development.
====================================

新生ABASは、隔週刊で論文をリリースしています。
「ABASの日本語サイト」からダウンロード可能です。
http://www.gbrc.jp/journal/abasjp/
------------------------------------------------------------------------
Kuwashima, K. (2015).
Exploring the characteristics of pharmaceutical product development:
A cross-industry perspective.
Annals of Business Administrative Science, 14, 161-170.
doi: 10.7880/abas.14.161(forthcoming).
Download (Available online March 29, 2015)

医薬品の開発は極めて特殊だといわれる。しかし、他の産業と比較して何が特殊
であるかは学術的にも、実務的にも必ずしも明確ではない。臨床試験は医薬品開
発の特殊性を象徴するものの1つだが、こうした産業固有の概念や用語を使って
いては、産業横断的な比較はできない。そこで本稿では、産業間比較に適した汎
用性をもつ問題解決モデルをフレームワークとして医薬品の製品開発プロセスを
分析し、その特徴と有効なマネジメントを整理する。問題解決の視点で捉えれ
ば、医薬品開発の特徴は、解の代替案の「創出数の多さ」と「テストの複雑さ」
の両方を必要とされる点にある。どちらか一方を要求される製品・産業は他にも
あるが、両方のケースは希である。そしてこの特徴は、医薬品の製品開発マネジ
メントとも密接に関係している。すなわち、製品開発コストを考慮すれば、「多
数の創出」と「複雑なテスト」を同時に行うことは難しい。そこで製薬企業は、
開発プロセスの上流では創出を、下流ではテストを重点的に行い、両者のバラン
スを切り替えることでこの問題に対応している。その切り替えのタイミングの判
断は、医薬品開発の成果に影響する最も重要なマネジメントの1つである。
------------------------------------------------------------------------
とりあえず論文の内容を日本語で紹介しますが、著者本人による公式の要約では
ないので、ご注意ください。正確に内容をお知りになりたい方は、ぜひ英語の論
文をダウンロードして、読まれることをお勧めします。なお、お気づきではない
かもしれませんが、英語版のサイトもあります。
http://www.gbrc.jp/journal/abas/index.html

ABASに掲載された論文の最終バージョンは、DOIを付与して2ヶ月に1号のペース
でまとめて、独立行政法人科学技術振興機構(JST)の電子ジャーナル・サイト
J-STAGEに登載され、Google Scholarにもデータが提供されます。
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/abas/

またABAS掲載論文は、学術雑誌論文を中心とした学術情報を検索して利用でき
る世界的なオンライン・データベースEBSCO host (有料)、ProQuest (有料)にも
逐次収録されて、全文ダウンロード可能です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
メール・アドレス: info@gbrc.jp  URL: http://www.gbrc.jp/
配信登録・解除・バックナンバー: http://www.gbrc.jp/newsletter/

Copyright (c)2015 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,027部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,027部

他のメルマガを読む