GBRCニューズレター

GBRC Newsletter No.561

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.561  2013年9月30日号 (ほぼ毎週・月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』 Vol.12, No.9 発行!!

☆GBRCニュース 今週のABAS新刊
        Kim, H. (2013).
        Inpatriation: A review of three research streams.

====================================
☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』 Vol.12, No.9 発行!!
====================================

■AMRのツイッターアカウント http://twitter.com/akamonmr

予定通り、9月25日に
『赤門マネジメント・レビュー』(AMR) Vol.12, No.9が発行されました。
http://www.gbrc.jp/journal/amr/index.html

<ものづくり紀行> は無料コンテンツです。

目次と要約は下記の通りです。
-----------------------------------------------------------------------
< 査読つき研究論文 >(有料)
目代武史, 岩城富士大
「新たな車両開発アプローチの模索
 ―VW MQB、日産CMF、マツダCA、トヨタTNGA」
pp. 613-652

本稿では、フォルクスワーゲンや日産、マツダ、トヨタにおける新たな車両開発
アプローチをとりあげ、その概要と製品開発戦略における意義を考察する。開発
車種の多様化や車両自体の複雑化への対応とコスト削減の両立を図るべく各社と
も共通化に取り組んでいるが、共通化の考え方やアプローチにはそれぞれ独自性
がある。本稿では、前半において各社の取り組みを整理した上で、後半では設計
情報の繰り返し利用化、各社によるアプローチの相違、サプライヤーへの影響に
ついて考察を行う。

キーワード:プラットフォーム、モジュラー化、共通化
-----------------------------------------------------------------------
 < ものづくり紀行 第八十四回 >
小林美月
「シリコンバレーに生きる日本企業と日本人―現状と課題」
pp. 653-668

今日のシリコンバレーは依然として様々な野心や希望を持つ起業家にとって
favorite placeだと言われている。非公式なコミュニケーション、強い産学連
携、人材の移動がもたらす知識や技術の流通、が形成する強固な地域ネットワー
クは、世界中から多国籍の企業や人材を惹きつける。本稿は、シリコンバレーの
地域特性が現在でも強みを発揮していることを確認し、そこに生きる日本企業、
日本人がどのように地域ネットワークを活用しているか、ということを考察す
る。

キーワード:シリコンバレー、地域ネットワーク、日本企業、日本人
-----------------------------------------------------------------------
なお、既にご案内の通り

『赤門マネジメント・レビュー』がオープンアクセス化しました!!

発行から1年以上経った有料コンテンツに関しましては、無料でダウンロード
できるようになりました!!
具体的に言うと、1巻1号から11巻9号まではオープンアクセスです!
オープンアクセス化にともない、ダウンロードランキング [オープン版]
http://www.gbrc.jp/journal/amr/open/dlrank.cgi
もオープン。ますますのご利用をお待ちしております。

====================================
☆GBRCニュース 今週のABAS新刊
        Kim, H. (2013).
        Inpatriation: A review of three research streams.
====================================

新生ABASは、隔週刊で論文をリリースしています。
「ABASの日本語サイト」からダウンロード可能です。
http://www.gbrc.jp/journal/abasjp/

------------------------------------------------------------------------
Kim, H. (2013). Inpatriation: A review of three research streams.
Annals of Business Administrative Science, 12, 327-343.
doi: 10.7880/abas.12.327 (forthcoming).
Download (Available online September 29, 2013)

本国親会社の人材を海外に派遣する海外派遣についての研究は多いが、本稿で
は、海外子会社で採用した人材を本国親会社に出向させる逆駐在に関する 既存
研究をレビューする。逆駐在員は、その立場、強み、役割などの面で海外派遣員
とは明らかに異なる。逆駐在は、(1) 1980年代後半から日本企業におけるヒトの
現地化のツールとして実態調査が行なわれるようになった。(2) 1990年代後半か
らは欧米企業における新興国市場対応策としての研究が始まり、Harveyの研究グ
ループは逆駐在の必要性と逆駐在員が本社内で直面す る問題のマネジメントに
ついて、Collingsの研究グループは戦略的なglobal staffingの重要性と逆駐在
の発生要件について議論を展開した。(3) 2000年代に入ると、多国籍企業におけ
る知識移転のメディアとして、Reicheの研究グループは逆駐在員が果たす知識移
転とその促進要因について議論 を展開する。ヒトの現地化といったコンテキス
トで80年代から議論されてきた逆駐在制度は、いまや新興国市場における市場知
識の獲得・移転に悩む 多くの日本企業にとって新しい解決策になるかもしれな
い。
------------------------------------------------------------------------

とりあえず論文の内容を日本語で紹介しますが、著者本人による公式の要約では
ないので、ご注意ください。正確に内容をお知りになりたい方は、ぜひ英語の論
文をダウンロードして、読まれることをお勧めします。なお、お気づきではない
かもしれませんが、英語版のサイトもあります。
http://www.gbrc.jp/journal/abas/index.html

ABASに掲載された論文の最終バージョンは、DOIを付与して2ヶ月に1号のペース
でまとめて、独立行政法人科学技術振興機構(JST)の電子ジャーナル・サイト
J-STAGEに登載され、Google Scholarにもデータが提供されます。
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/abas/

またABAS掲載論文は、学術雑誌論文を中心とした学術情報を検索して利用でき
る世界的なオンライン・データベースEBSCO host (有料)にも逐次収録されて、
全文ダウンロード可能です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
メール・アドレス: info@gbrc.jp  URL: http://www.gbrc.jp/
配信登録・解除・バックナンバー: http://www.gbrc.jp/newsletter/

Copyright (c)2013 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/03/04 部数:  1,026部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/04 部数:  1,026部

他のメルマガを読む