GBRCニューズレター

GBRC Newsletter No.517

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.517  2012年11月5日号 (ほぼ毎週・月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』 Vol.11, No.9 発行!!

☆コンテンツビジネス研究会(第43回)のお知らせ

☆コンピュータ産業研究会(第177回)・コンテンツビジネス研究会(第44回)
 共催のお知らせ

====================================
☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』 Vol.11, No.9 発行!!
====================================

■AMRのツイッターアカウント http://twitter.com/akamonmr

お待たせいたしましたが
『赤門マネジメント・レビュー』(AMR) Vol.11, No.9が発行されました。
http://www.gbrc.jp/journal/amr/index.html
<研究会報告> <ものづくり紀行> は無料コンテンツです。ものづくり紀行は、
大型連載「アフリカの日本型ハイブリッド工場シリーズ」が始まりました。

目次と要約は下記の通りです。
-----------------------------------------------------------------------
< 査読つき研究論文(有料) >
大木清弘
「知識集約型マザー
 ―量産活動を持たない本国拠点による海外拠点の量産活動への支援」
pp. 565-584

 本稿は、量産活動を持たない本国拠点が海外拠点の量産活動を支援できる可能
性を、ミネベア株式会社の事例研究から検討するものである。ミネベアの本国拠
点は、量産活動を撤退した後も、海外工場から量産活動に関する情報を積極的に
集め、量産に関する知識を蓄積し続けた。活動を持たずとも知識を保有する「知
識集約型マザー」となることで、海外拠点の量産活動を支援し続けることができ
た。この事例から、本国拠点が活動の範囲を超えた知識を保有することで、量産
活動を持たなくても海外拠点の量産活動を支援できることが明らかになった。

キーワード:マザー工場、量産活動、活動と知識の範囲
-----------------------------------------------------------------------
< コンピュータ産業研究会 >
杉本誠司
「ニコニコ動画の動向に見るネットサービス進化論」
pp. 585-598

 ニコニコ動画は単なる動画サービスではなく、コメント等を通じたソーシャル
サービスであるといえる。ニコニコ動画はユーザーの相互作用を引き出すような
サービスを整備・提供しコンテンツを増加させてきた。また、ニコニコ大会議や
nicofarreにより、リアルとネットの融合を図っている。そして、既存メディアと
のコラボレーションも行ってきており、東日本大震災では社会的に大きなインパ
クトを与えた。今後のネット世界ではユーザーが求めている情報を提供できる仕
組みが重要であり、その点をニコニコ動画も重視して取り組んでいく。

キーワード:インターネット、動画共有サイト、VOCALOID
-----------------------------------------------------------------------
< ものづくり紀行 第六十二回 >
安保哲夫, 公文溥
「アフリカの日本型ハイブリッド工場シリーズ―連載開始にあたって」
pp. 599-606
-----------------------------------------------------------------------
< ものづくり紀行 第六十三回 >
公文溥
「アフリカの日本型ハイブリッド工場シリーズ(A)
 日産・エジプト」
pp. 607-614
-----------------------------------------------------------------------
< ものづくり紀行 第六十四回 >
安保哲夫
「アフリカの日本型ハイブリッド工場シリーズ(B)
 GM (General Motors Egypt S.A.E.)
 ―GM型新興国モデルをいすゞと組んで構築」
pp. 615-620
-----------------------------------------------------------------------
< ものづくり紀行 第六十五回 >
郭四志, 公文溥
「アフリカの日本型ハイブリッド工場シリーズ(C)
 国際石油開発帝石
 ―きめ細かい開発・生産管理技術の成果と限界」
pp. 621-632

====================================
☆コンテンツビジネス研究会(第43回)のお知らせ
====================================

[日 時] 2012年11月14日(水) 18:30~21:00
     ※ご報告は19:00開始となります。
[テーマ]「文化活動がもたらした地域におけるIT・クリエイティブ産業と
     イノベーションの形成」
[報告者] 岡田智博 氏 (クリエイティブクラスター 理事長)
[プロフィール]
 クールステーツ・コミュニケージョンズ研究所 代表
 横浜コミュニティデザイン・ラボ 理事
 大阪市立大学都市研究プラザ 特別研究員 クリエイティブ産業&文化政策
 駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部 非常勤講師
 東京藝術大学博士後期課程 芸術環境創造
[講演要旨]
 80年代のニューメディア、90年代のマルチメディアに端を発し、コンピュータ
ネットワークの爆発的な普及によって一変した社会と産業。コンテンツに重きが
置かれるようになったのも、このITの進歩に依るところが大きい。これらの圧倒
的な変化に主体的に関わり、その発展を成長に結びつけた地域では、人々が新し
い技術を前にユーザーとして開発や活用に自発的に関わり、地域の風土をも形成
しうるだけの厚みを持った、独自のコミュニティ(創造クラスター)を形成する
文化的な活動が中核として存在している。私たちがクリエイティブ(コンテン
ツ)産業を地域で企図する場合、これら地域でのユーザー文化をいかに厚くして
行けるかが、重要な要因であることを新たに指摘したい。
 今回の発表では、どのようにこの創造クラスターがIT・クリエイティブ(コン
テンツ)の分野で形成され、そのことがいかに地域の産業や社会の発展に寄与
し、そして外に対して強い影響力を持つイノベーションを誘発できるのかを、国
内外の特徴的な地域のケースをもとに明らかにしたい。
[共 催] 東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
[場 所] 東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
     〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学経済学研究科
     学術交流棟(小島ホール) 5階 電話:03-5841-0687
     http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html
     (東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅より徒歩6分
      都営大江戸線本郷三丁目駅出口4より徒歩3分)
     ※東大構内へは「懐徳門」よりお入りください。
[入館に関しまして]
 学術交流棟では午後8時以降、自由に出入りすることができなくなります。
 遅れていらした方は、MMRC(03-5841-0687)まで直接ご連絡ください。
[参加費] ・一般 2,000円   学生 100円
     ・GBRC会員は会員特典で参加費無料
     ・MMRCスタッフ(特任教員、特任研究員、関係学生)は参加費無料
*GBRCネット会員登録の手続きなどについてご不明な点などございましたら
 ご連絡下さい。GBRCのネット会員(個人準会員 年会費10,000円)は、
 (1) オンライン・ジャーナル『赤門マネジメント・レビュー』の無料講読
 (2) オンライン・ジャーナル『赤門マメジメント・レビュー』への論文の投稿
 (3) GBRC主催・共催の講演会・セミナー等の受講料の軽減
 といった特典が受けられます。 よろしくお願い申し上げます。

[連絡先] contentsbizws@gmail.com
      参加される方は11月12日(月)までに御連絡ください。
研究会後、岡田様を囲んで懇親会を予定しておりますので、合わせて出欠をお知
らせいただければと存じます。なお、懇親会参加費に関しましては実費となりま
すので、ご了承ください。
※先着順にて、ご参加の申込みを受付させていただきます。
※会場の収容人数が限られておりますので、参加をお断りする場合がございま
す。
※お断りする場合のみ、申込みメールに返信いたしますのでご了承ください。

====================================
☆コンピュータ産業研究会(第177回)・コンテンツビジネス研究会(第44回)
 共催のお知らせ
====================================

前号でお知らせした第177回コンピュータ産業研究会は第44回コンテンツビジネ
ス研究会と共催になりましたので、再度告知いたします。

[日 時] 2012年11月21日(水) 18:30~21:00
     ※ご報告は19:00開始となります。
[テーマ]「ソーシャルとオンラインでゲームが変わる」
[報告者] 松原健二 氏 (ジンガジャパン株式会社 代表取締役 社長CEO)
[プロフィール]
1984年 東京大学工学部電子工学科卒業
1986年 東京大学大学院情報工学修士課程修了
1986年 日立製作所入社
     メインフレーム、スーパーコンピュータのCPU開発に従事
1997年 MIT Sloan School修了
1997年 日本オラクル入社
     データベース開発、2000年問題等のマネージメントに従事
2001年 コーエー(現コーエーテクモゲームス)入社
     オンライン、モバイルゲーム事業を担当
2007年 コーエー代表取締役社長CEO 就任
2008年 コーエーとテクモが経営統合しコーエーテクモホールディングス設立
     代表取締役社長CEO 就任
2011年 ジンガジャパン入社、代表取締役社長CEO 就任
[講演要旨]
 インターネットは過去15年間、デジタルエンターテインメントを含む多くの分
野へ影響を与えてきた。つい数年前までソーシャルゲームという言葉が使われる
こと は無かったが、今や家庭用ゲームをしのぐ巨大な市場へと成長している。今
後も技術が発展し、ネットの社会インフラへの浸透に伴い、デジタルゲームの姿
は絶えず 変化し続けると考えられる。2000年以降のデジタルゲームを取り巻く3
つの大きな変化、
・コンソールゲーム機の停滞、専用機からコモディティ機へ
・オンラインゲームの出現からソーシャルゲームの台頭へ
・売切りモデルからF2P(Free To Play)モデルへ
を取り上げ、これらがどのようにゲームの遊び方、制作、販売、広告などに革新
をもたらしているのかについて述べる。

[共 催] 東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
[場 所] 東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
     〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学経済学研究科
     学術交流棟(小島ホール) 5階 電話:03-5841-0687
     http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html
     (東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅より徒歩6分
      都営大江戸線本郷三丁目駅出口4より徒歩3分)
     ※東大構内へは「懐徳門」よりお入りください。
[参加費] ・一般 2,000円   学生 100円
     ・GBRC会員は会員特典で参加費無料
     ・MMRCスタッフ(特任教員、特任研究員、関係学生)は参加費無料
*GBRCネット会員登録の手続きなどについてご不明な点などございましたら
 ご連絡下さい。GBRCのネット会員(個人準会員 年会費10,000円)は、
 (1) オンライン・ジャーナル『赤門マネジメント・レビュー』の無料講読
 (2) オンライン・ジャーナル『赤門マメジメント・レビュー』への論文の投稿
 (3) GBRC主催・共催の講演会・セミナー等の受講料の軽減
 といった特典が受けられます。 よろしくお願い申し上げます。

[連絡先] 田原佳代子 E-Mail: k.tahara@nifty.com
      参加される方は11月19日(月)までに御連絡ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
メール・アドレス: info@gbrc.jp  URL: http://www.gbrc.jp/  

Copyright (c)2012 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/11 部数:  1,030部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/11 部数:  1,030部

他のメルマガを読む