GBRCニューズレター

GBRC Newsletter No.456

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.456  2011年5月30日号 (ほぼ毎週・月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース 新宅純二郎准教授(GBRC常務理事)の
         『経営戦略入門』が出版されました

☆コンピュータ産業研究会(第162回)のお知らせ

☆今週と来週の「ものづくり寄席」

====================================
☆GBRCニュース 新宅純二郎准教授(GBRC常務理事)の
         『経営戦略入門』が出版されました
====================================

新宅純二郎准教授(GBRC常務理事)の

網倉久永・新宅純二郎 著
『経営戦略入門』
 日本経済新聞出版社(税込 3,570円)

が出版されました。出版社である日本経済新聞出版社のHP
http://www.nikkeibook.com/book_detail/13403/
によれば

経営戦略とは、企業が実現したいと考える目標と、それを実現させるための将来
的な道筋を、外部環境と内部資源とを関連づけて描いた見取り図だ。日本の事例
を駆使して見取り図をいかに作成するかを実戦的に解説する。筆者はいずれも日
本におけるこの分野の第一人者。デジカメ、ホンダなど日本企業の事例を駆使し
て明快に解説する。マネジメント・テキストシリーズ第9弾。A5判、並製468ペー
ジ。

目次

はじめに
第1部 経営戦略の基礎概念
 第1章 経営戦略とは
 第2章 競争優位の実現と維持
第2部 競争戦略
 第3章 業界の構造分析
 第4章 差別化
 第5章 コスト・リーダーシップ
 第6章 顧客価値
 第7章 競争ポジション
 第8章 製品ライフサイクル
第3部 全社戦略
 第9章 事業の定義と企業ドメイン
 第10章 多角化
 第11章 多角化企業の資源配分:製品ポートフォリオ・マネジメント
 第12章 垂直統合
 第13章 企業活動領域の設定と再構成:活用と蓄積のダイナミズム
 終 章 経営戦略の策定・実行プロセス
コラム

====================================
☆コンピュータ産業研究会(第162回)のお知らせ
====================================

[日 時] 2011年6月29日(水) 18:30~21:00
     ※ご報告は19:00開始となります。
[テーマ]「ワークスタイル変革と組織力の向上」
[報告者] 小柳津 篤 氏 (日本マイクロソフト株式会社
           テクノロジービジネス統括本部
           エグゼクティブアドバイザー)
[プロフィール]
1995年 マイクロソフト入社後、ナレッジマネジメント分野の企業向け
    ソリューション開発と提案活動に従事
2002年より BPA (ビジネスプロダクティビティアドバイザー) チームを率い
    100社超の業務改善プロジェクトに参加
2001-05 CTFJ (日本コンピュータテレフォニーフォーラム)副会長
2003-07 BPIA (ビジネスプロセス革新協議会)常務理事
2004-05 経営品質協議会 日本経営品質賞 審査員
2004-07 早稲田大学 理工学部 非常勤講師

[要 旨]
 昨今、企業では「ワークスタイル」をテーマとした業務改善のアプローチが活
発です。このアプローチは、これまで長く行われてきた「業務プロセスの標準
化」や「作業工数の削減」を機軸とした改善活動と比較し、扱われる事象がより
「人間的」で「あいまい」です。本セッションでは、この「ワークスタイル」と
いう「人間的」で「あいまい」な改善テーマに取り組んでいる先行事例を取り上
げ、企業側の期待値や実際の改善シナリオをご紹介します。

[共 催] 東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
[場 所] 東京大学ものづくり経営研究センター(MMRC)
     〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1 東京大学経済学研究科
     学術交流棟(小島ホール) 5階 電話:03-5841-0687
     http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/access/index.html
     (東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅より徒歩6分
      都営大江戸線本郷三丁目駅出口4より徒歩3分)
     ※東大構内へは「懐徳門」よりお入りください。
[参加費] ・一般 2,000円   学生 100円
     ・MMRCスタッフは参加費無料
     ・GBRC会員は会員特典で参加費無料
     【GBRC会員特典を受けるためには】
      GBRCの会計年度は1月~12月になっております。
      GBRCネット会員の2010年度特典期間は1月17日(月)で終了しました。
      会員登録が未だ完了されていらっしゃらない会員様には、
      お手続きをよろしくお願い申し上げます。
      手続きなどについてご不明な点などございましたらご連絡下さい。
[連絡先] 田原佳代子 E-Mail: k.tahara@nifty.com
      参加される方は6月27日(月)までに御連絡ください。

====================================
☆今週と来週の「ものづくり寄席」
====================================

予約は不要ですので、気楽にお立ち寄りください。

[期 間] 2011年5月12日(木)~2011年7月7日(木)
     毎週木曜19:00-20:30
[会 場] 三菱ビル コンファレンススクエア エムプラス1階か10階(当日掲示)
     (東京駅丸の内南口より徒歩3分)
[木戸銭] 1,000円 (税込み・フリードリンク付き)
[主 催] 東京大学グローバルCOEものづくり経営研究センター(MMRC)
[共 催] GBRC
[後 援] 三菱地所株式会社


6月2日(木)
佐々木久臣 東京大学ものづくり経営研究センター特任研究員
      元いすゞ自動車(株) 専務取締役
「海外でつくり、海外で売るためのものづくり」

 日本のものづくりは「海外でつくり、海外で売る」時代に入った。日本でのも
のづくりは続くにしても、新興国で調達可能な部品を用いて「コスト競争力」を
磨きながら、先進国で通用する「完璧品質」を達成するものづくりの時代であ
る。先人のノウハウを活用しながらも、ものづくりのイノベーションが求められ
る。経営力をデジタル化することで「グローバルものづくり」の標準化が見えて
くる。


6月9日(木)
岸 保行 東京大学ものづくり経営研究センター特任助教
「転換期を迎えた中国でのものづくり
 ~広東地域の『労働集約型』ものづくりの未来」

 中国では2008年より「労働契約法」、「労働紛争調停仲裁法」が施行され、労
働者を保護する動きが活発化し、その結果、労働争議が増加、各都市の法定最低
賃金は引き上げられてきた。中国政府は2011年以降も内需拡大路線を維持する方
針で、中国ものづくりの現場においては今後も労務費の上昇が予想される。こう
した中、日本の企業はどのような対応に迫られるのだろうか。08年以降、大規模
な労働争議が頻発した広東地域を例にとり、転換期を迎えた中国でのものづくり
の今後の可能性についてお話する。


演目・出演者は既に決定しております。
http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/mmrc/topics/yoseenmoku.html
をご覧ください。また『GBRCニューズレター』では、今月から
「今週と来週の『ものづくり寄席』」のコーナーを作り、毎週、
御案内申し上げる予定です。

ところで、ものづくり寄席って何?」という方は、
http://www.gbrc.jp/news/20040614b.html
をご覧下さい。ちょっとワクワクしますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
メール・アドレス: info@gbrc.jp  URL: http://www.gbrc.jp/  

Copyright (c)2011 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,030部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,030部

他のメルマガを読む