GBRCニューズレター

GBRCニューズレター No.204

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.204  2006年4月10日号 (毎週月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース GBRCのホームページのアクセス数が11万突破!!

☆GBRCニュース 日本経済新聞社・MMRC共催の「ものづくり経営とひとづくり」
        シンポジウムの様子が日本経済新聞社のHPにアップされました

☆GBRCニュース 「ものづくりインストラクター養成スクール」の紹介記事が
        『日本物流新聞』に掲載されました

☆コンピュータ産業研究会のお知らせ(第111回)

☆コンテンツビジネス研究会のお知らせ(第7回)

====================================
☆GBRCニュース GBRCのホームページのアクセス数が11万突破!!
====================================

GBRCのホームページのトップページのアクセス数が、4月4日に、11万を突破しま
した。皆様に支えられて(見られることを意識して)アップデートを頻繁に行って
おりますので、今後もよろしくお願いいたします。

====================================
☆GBRCニュース 日本経済新聞社・MMRC共催の「ものづくり経営とひとづくり」
        シンポジウムの様子が日本経済新聞社のHPにアップされました
====================================

既に何度かご紹介してきましたが、東京大学大学院経済学研究科経営教育研究セ
ンターでは、研究部門である21世紀COEものづくり経営研究センター(MMRC)が日
本経済新聞社と共催で、日本経済新聞創刊130周年企画である日経ビジネスクリ
エーション塾として「ものづくり経営とひとづくり」をテーマに2006年2月16日
(木)に東京大学安田講堂でセミナーを開催いたしました。その様子が日本経済新
聞社のホームページ
http://www.nikkei.co.jp/adnet/
にもアップされました。「What's new」のコーナーの最初に挙げられています。
http://www.adnet.jp/nikkei/bizcre/archives/04/index.html

受講申し込みに間に合わなかった方には誠に申し訳ないことをいたしましたが、
ぜひ一度、ホームページをご覧ください。

====================================
☆GBRCニュース 「ものづくりインストラクター養成スクール」の紹介記事が
        『日本物流新聞』に掲載されました
====================================

東京大学大学院経済学研究科経営教育研究センターが昨年11月25日から始め、2
月26日に無事に1期生が修了した「ものづくりインストラクター養成スクール」
の紹介記事が『日本物流新聞』に掲載されました。

◎2006年3月30日『日本物流新聞』36面
「『夢』切拓く 技能継承 東京大 ベテラン技術者を再教育」

講義風景の写真入で、比較的丁寧な紹介がされています。

====================================
☆コンピュータ産業研究会のお知らせ(第111回)
====================================

[日 時] 2006年4月21日(金)18:30−21:00
     ※ご報告は19:00開始となります。
[テーマ]「ファームウェア・アーキテクチャの揺れ動きとその要因
      ―デジタル複合機の事例―」
[報告者]福澤光啓氏(東京大学大学院経済学研究科博士課程)
    立本博文氏(東京大学ものづくり経営研究センター特任助手)
    新宅純二郎氏(東京大学大学院経済学研究科助教授・当研究会座長)
[報告要旨]
 近年、情報家電や携帯機器などをはじめとした多くの製品分野において、半導
体チップとして組み込まれたCPUとソフトウェア(ファームウェア)の重要性が
高まっている。機械製品の代表であった自動車ですら、CPUとソフトからなる電
子コントロールユニットがいまや100程度も搭載されている。そのようなファー
ムウエアが、製品の高機能化、耐久性向上、多機能化、低コスト化に果たす役割
は大きく、日本の電子製品、機械製品の競争力を支える重要な要素となってい
る。しかし、その役割が増大するにともなって、ファームウエアの大規模化や複
雑化が進んでおり、開発コスト増大、開発リードタイム長期化、製品不具合の頻
発といった深刻な問題も起こしている。そのような状況の中で、多様な機能をつ
かさどる一群のファームウエアをどのようなアーキテクチャで設計するかが、製
品開発の重要なテーマとなっている。機能の増加に対して追加的・場当たり的な
対応では、全体としての製品機能を達成できず、様々な問題が生じる。本報告で
は、デジタル複合機におけるファームウェア・アーキテクチャの変遷についての
事例を取り上げて考察する。
[共 催] 東大COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)
[場 所] 東京大学COEものづくり経営研究センター
     〒113-0033 東京都文京区本郷 3-34-3 本郷第一ビル 8F
     http://www.ut-mmrc.jp/access/index.html
[参加費] ・一般 2,000円   学生 100円
     ・GBRC会員、MMRCスタッフ(特任教員・特任研究員・関係学生)
      は参加費無料。
[連絡先] 田原佳代子 E-Mail: k.tahara@nifty.com
      参加される方は4月19日(水)までに御連絡ください。

====================================
☆コンテンツビジネス研究会のお知らせ(第7回)
====================================

[日 時] 2006年4月25日 火曜日 18:30〜21:00
     ※ご報告は19:00開始となります。
[テーマ]「テレビ放送業とテレビ番組制作業の地域的展開に伴う諸問題」
[報告者] 半澤誠司氏(東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻
          広域システム科学系人文地理学教室 博士課程)
[概 要]
 日本のテレビ局は、各種規制もあり、これまで比較的安定的な地位を保ってい
た。しかし、地上波デジタル化など、これまでのテレビ局の経営基盤を揺るがす
事態が進行し、関連する議論も喧しい。一方、実際のテレビ番組制作の中心であ
る番組制作会社が、そういった事態を迎えてどうなるか、という議論は少ないよ
うに思われる。
  その一因は、番組制作会社の実態把握が進んでいない点に求められよう。本発
表では、テレビ局と番組制作会社の関係を論じながら、東京と地方の相違を踏ま
えて、番組制作業が抱える課題を考察する。その際、テレビ局と番組制作会社双
方の不確実性低減戦略が、結果的に双方の競争力を削いだ面があるのではないか
という疑問を仮説的に提示する。
[共 催] 東大COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)
[場 所] 東京大学COEものづくり経営研究センター
     〒113-0033 東京都文京区本郷 3-34-3 本郷第一ビル 8F
     http://www.ut-mmrc.jp/access/index.html
[参加費] ・一般 2,000円   学生 100円
     ・GBRC会員は参加費無料。
[連絡先] 参加される方は4月18日(火曜日)までに事務局まで御連絡ください。
   ※先着順にて、ご参加の申込みを受付させていただきます。
   ※会場の収容人数が限られておりますので、参加をお断りする場合がござ
    います。
[事務局] コンテンツビジネス研究会事務局 contetsbiz@gbrc.jp

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学産学連携プラザ5階
電話: 03-5841-2272 (直通) 東京大学内線電話: 81495
Fax: 03-5841-2275 メール・アドレス: info@gbrc.jp
【丸の内オフィス】丸の内ビルディング9階(丸の内アカデミック・スイーツ内)
URL: http://www.gbrc.jp/
Copyright (c)2006 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,030部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,030部

他のメルマガを読む