GBRCニューズレター

GBRCニューズレター No,143

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.143  2005年2月7日号 (毎週月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース 『GBRCニューズレター』の読者数が2,700人を突破しました

☆GBRCニュース GBRCの総会と懇親会を丸ビルで開催します(第一報)

☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』 Vol.4, No.1 発行!!
             ダウンロード数ランキングも更新

☆アジア自動車産業研究会のお知らせ(第62回)

☆社会ネットワーク研究会のお知らせ(第17回)

☆今週と来週の「ものづくり寄席」

====================================
☆GBRCニュース 『GBRCニューズレター』の読者数が2,700人を突破しました
====================================

『GBRCニューズレター』の読者数が1月31日発行の第142号で2,700人を突破しま
した。順調に読者数を伸ばしております。今後ともよろしくお願いいたします。

====================================
☆GBRCニュース GBRCの総会と懇親会を丸ビルで開催します(第一報)
====================================

GBRCは3月1日(火)の午後5時30分から総会(正会員のみ)を開催いたします。日程
の調整に手間取り、ぎりぎりになってしまい申し訳ありませんが、正会員の皆様
へは正式な開催通知を近日中に発送する予定です。

また同日は総会に引き続いて、午後6時30分から、丸ビル内で、ネット会員や賛
助会員の方にもご参加いただけるような懇親会を開催することになりました。今
回の懇親会は設立3周年記念パーティー(?)ということで、これを機会にネット会
員、賛助会員になりたいという方々も歓迎いたしますので、お気軽にご参加くだ
さい。

パーティーの詳細は、後ほど詳しくご案内いたしますので、お楽しみに。

====================================
☆GBRCニュース 『赤門マネジメント・レビュー』 Vol.4, No.1 発行!!
             ダウンロード数ランキングも更新
====================================

『赤門マネジメント・レビュー』 Vol.4, No.1が発行されました。
http://www.gbrc.jp/GBRC.files/journal/amr/index.html
目次と要約は下記の通りで、研究会報告は無料でダウンロードできます。

1. 和久本芳彦・中野剛治 pp.1-44 (971KB)
「論説 経営戦略としてのライセンス」
 技術開発・移転に係わるライセンスが経営全般に及ぼす影響は甚大である。本
論ではライセンス契約に必要な要件とライセンスと技術開発の関係、さらにはラ
イセンスと事業連携について述べることで、グローバル化が進展するにつれて
「ライセンスを戦略的ビジネスとして展開する」考え方の必要性と留意点を明ら
かにする。
  キーワード:ライセンス・ビジネス、技術移転、事業連携

2. コンピュータ産業研究会 pp. 45-50 (627KB)
石原 宏
「TSMCテクノロジー・プラットホームについて」
 半導体業界において、その製造技術は、0.13μm、90nmそして65nmへと急速に
進んでいる。その中で製品開発のパターン、手法、市場の様々な要求等、多様な
変化が出てくる。また、アプリケーションの多様化に伴うテクノロジーに対する
要求、あるいは、それに伴うサービスも異なってくる。こうした中で、顧客の多
様なニーズに対応するため、TSMCはプラットフォーム戦略を導入した。半導体業
界では、如何にTime-to-Volumeを早く達成するかが競争力の鍵である。そのた
め、様々なプロセス技術を持ったテクノロジーとサービスをうまく融合させなけ
ればならない。また、設計、開発そして製造が一体になりつつある中で、顧客が
リーダーシップを発揮できるように、プラットフォーム戦略を構築している。
TSMCのプラットフォーム戦略には、テクノロジーにより、Advanced Technology
PlatformとMainstream Technology Platformの二つがある。Advanced
Technology Platformでは0.13μm、90nm、65nmが中心となり、Mainstream
Technology Platformはマチュアな技術である0.15μm、0.18μm、0.25μm、0.35
μm、0.5μmが中心となっている。

また『赤門マネジメント・レビュー』(AMR)のダウンロード数ランキングも更
新しました。
http://www.gbrc.jp/GBRC.files/journal/amr/rank_categories.html
このうち、有料コンテンツ・ダウンロード数(累計)ランキングの部分だけを
ちょっとご紹介します。ライブ感を出すために、ニューズレターの読者のため特
別に、( )内に先月(2004年12月25日現在)のランキングと1ヶ月間のダウン
ロード数も入れてみました。

1 (1→) 高橋伸夫 「論説:日本型年功制の再評価」 458 (+21)
2 (2→) 高橋伸夫 「連載:英文論文のススメ」 337 (+25)
3 (3→) 藤本隆宏 「連載:Field-Based Research Methods」 344 (+18)
4 (4→) 高橋伸夫・新宅純二郎 「Resource-Based Viewの形成」 301 (+17)
5 (5→) 高橋伸夫 「連載:ぬるま湯的体質の研究が出来るまで」 287 (+10)
6 (6→) 森 摂 「潮流2003 第五回 2006年問題の衝撃(下)」 281 (+7)
7 (7→) 高橋伸夫 「ペンローズ『会社成長の理論』を読む」 276 (+15)
8 (8→) 藤本隆宏 「新製品開発組織と競争力」 219 (+11)
9 (9→) 阿部 誠 「連載:消費者行動のメカニズムを探る」 212 (+15) 
10 (9↓) 森 摂 「潮流2003 第四回 2006年問題の衝撃(上)」 210 (+13)

また、今月より「ランキング」と「カテゴリー別」のページを分けて、カテゴ
リー別の方を整理しました。「ものづくり寄席」の一覧も加えました。一度、ご
覧になってください。
http://www.gbrc.jp/GBRC.files/journal/amr/category_top.html

====================================
☆アジア自動車産業研究会のお知らせ(第62回)
====================================

[日 時] 2005年2月22日(火) 18:30−21:30
[テーマ]「自動車用鋼板の製造と性能の進化」
[報告者] 花澤利雄氏(JFEスチール株式会社薄板セクター部)
  略歴
  1979年 川崎製鉄?入社 水島製鉄所配属
      品質設計、品質管理及び顧客への技術サービスを20年以上担当
      需要家分野:日本国内自動車及び中国含むアジアの自動車
      担当商品:自動車用鋼板
  2000年 東京本社勤務
  2003年 JFEスチール発足(旧NKK・旧川崎製鉄統合)
  現在 薄板セクター部所属(薄鋼板のビジネス計画、市場調査等)
[コメンテーター] 川端 望氏 (東北大学大学院経済学研究科)
[共 催] 東大COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)
[場 所] 東大COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)
      東京都文京区本郷3-34-3本郷第一ビル8階
      電話:03-5842-5501
  (丸の内線本郷三丁目駅前みずほ銀行(本郷支店)が入っているビル8階
   センターへの入り口は銀行側入り口とは反対側になります。)
   地図 http://www.ut-mmrc.jp/access/default.html
[連絡先] 事前にお弁当を用意いたしますので、誠にお手数ですが、
        参加される方は2月18日(金)までに事務局まで御連絡ください。
[事務局] アジア自動車産業研究会事務局 katsu@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp
[参加費] 社会人の方:お弁当利用の場合:2000円 お弁当なしの場合:1000円
        学生の方 :お弁当利用の場合:1000円 お弁当なしの場合:無料

====================================
☆社会ネットワーク研究会のお知らせ(第17回)
====================================

[日 時] 2004年2月25日(金)18:30〜20:30
[テーマ] 「社会ネットワーク調査の方法と課題」
[報告者] 星敦士(国立社会保障・人口問題研究所 客員研究員)
[趣 旨]
 調査票を用いた社会調査によって個人の社会ネットワークを捉える場合の方法
と、得られたデータの内容・質について考察する。具体的には、個人がもつ諸種
のネットワークに関する調査項目と調査票の構成事例を紹介し、各項目における
無回答の傾向(どのような質問に無回答が多いか?)、調査対象者の属性との関
連(どのような人が無回答になりやすいか?)、そしてネットワーク調査におけ
る回答の正確さについて、調査データなどを用いた分析の結果を報告する。
[共 催] 東京大学COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)
[場 所] 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC)
  〒100-6309 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング9階 960区
[参加費] 一般 2,000円   学生 100円
[連絡先] ご出席をご希望の方は、2月23日(木)までに
安田雪 yyasuda@gbrc.jp までご予約をお願いいたします。
お弁当のご用意はいたしませんので必要なかたは、各自ご持参ください。

====================================
☆今週と来週の「ものづくり寄席」
====================================

今年から開催時間が変更になりました。
新しい開催時間 19:00〜20:30(受付開始18:30)
ですので、よろしくお願いいたします。

 ・21世紀COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)主催/GBRC共催
 ・午後7:00〜8:30 (受付開始 午後6:30〜)
     開始時間が変更になります!
 ・木戸銭:フリードリンク付 1,000円
 ・会場:丸ビル南隣の三菱ビル10階 コンファレンススクエア エムプラス

2月 7日(月)
伊藤 洋
ものづくり経営研究センター特任研究員 元ホンダエンジニアリング(株)
「HONDAのもの作り、車作りの変遷」
 創業当時から、世界を視野に入れたVisionを掲げ、いくたの危機を乗り越え、
いつのまにか大きくなっていったホンダのもの作り、車作りを考えてみる。ホン
ダシステムといわれるもの作りはとは何なんだろうか、またあるのだろうか。

2月14日(月)
大鹿 隆
ものづくり経営研究センター特任教授
「日本自動車産業の裏の競争力と収益力」
 日本自動車メーカーの裏の競争力を支える台数生産性は依然顕在である。ここ
数年の日本自動車メーカーの業績好調の背景には付加価値生産性の上昇と商品プ
ロダクトミックスの効果が現れている。

2月17日(木)
竹田 陽子
横浜国立大学大学院環境情報研究院助教授
「硬い技術は組織を柔らかくする?情報システム導入のジレンマ」
 日本企業の情報システムは伝統的に「つくり込みのシステム」であるが、近
年、既存のサブシステムを使って「組み合わせのシステム」を構築する発想への
転換を迫られており、これが企業組織のあり方に大きな変化をもたらす可能性が
ある。

3月までのスケジュールは
http://www.ut-mmrc.jp/topics/yose.html
をご覧ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学産学連携プラザ5階
電話: 03-5841-2272  Fax: 03-5841-2275 
メール・アドレス: info@gbrc.jp  URL: http://www.gbrc.jp/
【丸の内オフィス】丸の内ビルディング9階(丸の内アカデミック・スイーツ内)

Copyright (c)2005 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/03/04 部数:  1,026部

他のメルマガを読む