GBRCニューズレター

GBRCニューズレター No.113

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.113  2004年7月12日号 (毎週月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース  「ものづくり寄席」が『読売新聞』『日経産業新聞』で
              取り上げられました

☆GBRCニュース  「ものづくり経営研究コンソーシアム」が
        『日経ものづくり』『日経産業新聞』で取り上げられました

☆GBRCニュース  東大経済のホームページからGBRCにリンクが張られました

☆アジア自動車産業研究会のお知らせ(第57回)

☆社会ネットワーク研究会のお知らせ(第11回)

☆今週と来週の「ものづくり寄席」

お詫び
 連載「あの有名な『プロダクティビティ・ジレンマ』 を読んだ気になろう」
 は、今週はニュースが多いためにお休みします。

====================================
☆GBRCニュース  「ものづくり寄席」が『読売新聞』『日経産業新聞』で
              取り上げられました
====================================

21世紀COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)主催/GBRC共催の「ものづくり
寄席」が『読売新聞』『日経産業新聞』に記事として掲載されました。

2004年6月22日付『日経産業新聞』19面
「丸の内で東大ものづくり寄席 ビジネスマンに最先端の話題」

2004年7月3日付『読売新聞』朝刊13面
「編集委員が読む ものづくり 『白衣』と『作業服』を両立させてこそ」

このうち『日経産業新聞』の方は囲み記事で、第1回の演題や演者、会場の紹
介、さらには問い合わせ先としてMMRCの電話番号まで御紹介いただく念の入れよ
うで、ありがたいことです。『読売新聞』の方は、「ものづくりの楽しさや大切
さを訴えるイベントが目を引く夏になりそうだ」の書き出しから始まって、さま
ざまなイベントが取り上げられているのですが、なんと、その最初のイベントが
「ものづくり寄席」。これもありがたいことです。

ちなみに、これらの記事はいずれもスタート前に掲載されたものです。「ものづ
くり寄席」は先週月曜日7月5日が第1回。最初の演者、藤本隆弘教授(GBRC常務理
事)は、なんと紋付羽織袴で登場。ハッピ姿や浴衣姿の受付ともあいまって、道
行く人からは「何かのイベント?」の声も。まあイベントには違いないけど、お
祭りではありません。しかし、華やかなのは結構なことです。おかげさまで開場
15分で満員御礼となりました。この第1回だけでなく、7月8日の第2回の新宅純二
郎助教授(GBRC理事)のときも取材がありましたので、近々、新聞等に取り上げて
いただけるのではないかと思います。藤本先生の写真だけ見ると、本当の寄席み
たいに見えたりして……。

====================================
☆GBRCニュース  「ものづくり経営研究コンソーシアム」が
        『日経ものづくり』『日経産業新聞』で取り上げられました
====================================

21世紀COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)の「ものづくり経営研究コン
ソーシアム」の記事が月刊誌『日経ものづくり』に掲載されていました。

「東大、トヨタら13社と共同で日本のものづくりの強さを探る」
『日経ものづくり』2004年6月号, p.84.

1ページ全部を使った「ものづくり経営研究コンソーシアム」の紹介で、組織体
制についての図解までついていて、親切な解説です。もっと早く御紹介できれば
良かったのですが、何せ組織学会等で忙殺されていて、取材を受けたこと自体は
知っていたのですが、掲載されたことに気づくのが遅れました。すいません。さ
らに『日経産業新聞』にも最新情報の記事が掲載されました。

2004年7月7日付『日経産業新聞』19面
「東大『ものづくり共同研』 鐘化・ワールド参加 計15社に」

この記事は「ものづくり経営研究コンソーシアム」にさらに鐘淵化学工業とワー
ルドが加わって参加企業が合計15社になったこと。また共同研究に参加する各社
は、幅広い業種の企業と比較を試み、各社の課題や問題解決策を探り、競争力強
化につなげるといったコンソーシアム設立の趣旨が紹介されています。

ちなみに、15社の中にはカウントされていませんが、GBRCもコンソーシアムに参
加して、MMRCの研究活動を側面から支援する予定です。

====================================
☆GBRCニュース  東大経済のホームページからGBRCにリンクが張られました
====================================

東京大学大学院経済学研究科・経済学部のホームページのトップページ
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
の「リンク」のプルダウン・メニューの一番上にGBRCが掲載され、リンクが
はられました。うれしいですねぇ。これも皆様の御理解の賜物です。

====================================
☆アジア自動車産業研究会のお知らせ(第57回)
====================================

[日 時] 2004年7月30日(金) PM 6:30−9:30
[テーマ] 「アジアの連携組織、中小企業クラスター創発の現場」
[報告者] 斉藤俊幸氏 (イング総合計画株式会社代表取締役)
[共 催] 東大COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)
[場 所] 東大COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)
      東京都文京区本郷3-34-3本郷第一ビル8階
      電話:03-5842-5501
  (丸の内線本郷三丁目駅前みずほ銀行(本郷支店)が入っているビル8階
   センターへの入り口は銀行側入り口とは反対側になります。)
  地図 http://www.ut-mmrc.jp/access/default.html
[連絡先] 事前にお弁当を用意いたしますので、誠にお手数ですが、
       参加される方は7月28日(水)までに事務局まで御連絡ください。
[事務局]	 アジア自動車産業研究会事務局電話:03-5842-5501
       葛(katu) e-mail: katsu@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp
[参加費] 社会人の方:お弁当利用の場合:2000円 お弁当なしの場合:1000円
      学生の方 :お弁当利用の場合:1000円 お弁当なしの場合:無料

====================================
☆社会ネットワーク研究会のお知らせ(第11回)
====================================

[日 時] 2004年7月23日(金)18:30〜20:30
[テーマ]
(1) 第24回INSNAサンベルト会議(社会ネットワーク会議)の概要報告
(2) ネットワーク自己相関モデルと適用事例 他
[報告者] 渡辺理 (富士通研究所&東工大情報環境専攻博士課程)
[報告要旨]
(1)5月に行われた社会ネットワーク分析の国際学会であるサンベルト会議につい
て概要を報告し、いくつかの発表内容を紹介する。
(2)ネットワーク自己相関モデルは空間地理学から発達した統計モデルであり、
線形回帰モデルに横断面方向の自己相関の存在を仮定して重み行列を挿入する。
計算の複雑さゆえにあまり知られていないが、今年のサンベルト会議でも今後の
社会ネットワーク分析の進む一つの方向に位置づけられていた。このモデルの特
徴と「農作物作付面積変動」および「携帯電話コミュニティの情報量変動」への
適用例を紹介し、その他の関係を利用した情報環境に関する研究事例を紹介す
る。
[共 催] 東大COE ものづくり経営研究センター(MMRC)
[場 所] 特定非営利活動法人グローバルビジネスリサーチセンター(GBRC) 
  〒100-6309 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング9階 960区
[参加費] 一般 2,000円   学生 100円
  お弁当の用意はいたしませんので、必要なかたは各自ご持参ください。
[連絡先] ご出席をご希望のかたは、7月22日(木)までに
  yyasuda@gbrc.jp
  にご連絡ください。 

====================================
☆今週と来週の「ものづくり寄席」
====================================

 ・21世紀COE「ものづくり経営研究センター」(MMRC)主催/GBRC共催
 ・午後6:30〜8:30 (受付開始 午後6:00〜)
 ・木戸銭:フリードリンク付1,000円
 ・会場:丸ビル南隣の三菱ビル1階 コンファレンススクエア エムプラス

7月12日(月)
高橋伸夫 東京大学大学院経済学研究科教授 (GBRC理事)
「虚妄の成果主義から育てる経営へ」
 「育てる経営」とは何だろうか。寄席では、それを考え方や「思想」の問題と
してとらえ、その違いが顕在化することになる四つの試金石を使って問題提起を
してみたい。

7月15日(木)
大鹿 隆 東京大学ものづくり経営研究センター特任教授 (GBRC研究員)
「自動車産業は円高輸出差損と悪魔のサイクルをどうやって克服したか」
 日本の製造業は衰退しているわけではなく、世界一流の企業が実に多い。自動
車産業が如何にして円高と悪魔のサイクル(円高克服のためのコストダウンがさ
らに円高をまねく)を克服したかを語ります。

7月19日(月)
祝日(海の日)でエムプラス自体が閉まっているので、お休みです。

7月22日(木) 
安田 雪 東京大学ものづくり経営研究センター特任助教授
      (GBRC社会ネットワーク研究所 所長) 
「ものづくり、人づくり−階層の最底辺で能力主義は機能しない」
 日本のものづくりの現場を担う若年労働者。フリーターとの境界を危うく漂う
彼らを、いかに守り育てるか。若年労働者を埋め込む社会と彼らの意欲の葛藤を
語る人情伽。愛情と闘志をこめて語ります。

既に7月〜9月の演目・出演者は決まっていますので、
http://www.ut-mmrc.jp/topics/yose0407.html
をご覧ください。東京大学(全学)のホームページのトップページ
http://www.u-tokyo.ac.jp/jpn/index-j.html
の一番上(左)に「ヘッドライン」ができていて、そこにも「ものづくり寄席」
が出ています。「ものづくり寄席」をクリックするとMMRCのホームページに飛び
ます。まだ「ヘッドライン」で頑張っていますが、たとえ「ヘッドライン」から
見えなくなっても、東京大学(全学)のホームページのトップページの「イベン
ト情報」のコーナー
http://www.adm.u-tokyo.ac.jp/soumu/soumu/event.html
をご覧になれば、「ものづくり寄席」の案内が出ています。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
〒100-6309 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング9階 960区
(丸の内アカデミック・スイーツ/The Marunouchi Academic Suites 内)
電話: 03-5208-4272 FAX: 03-5208-4273
メール・アドレス: info@gbrc.jp URL: http://www.gbrc.jp/

Copyright (c)2004 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,027部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,027部

他のメルマガを読む