GBRCニューズレター

GBRCニューズレター No.100

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
Global Business Research Center Newsletter
GBRCニューズレター No.100  2004年4月12日号 (毎週月曜日発行)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の目次

☆GBRCニュース  GBRCニューズレターが100号と読者数2,000人を同時達成!!
            ついでにホームページのアクセス数も4万突破!!

☆コンピュータ産業研究会のお知らせ(仮)

☆社会ネットワーク分析の論文を読んだ気になろう(6)

 Uzzi, Brian(1997)
 "Social Structure and Competition in Interfirm Networks:
 The Paradox of Embeddedness."
 Administrative Science Quarterly, Vol.42, pp.35-67.

====================================
☆GBRCニュース  GBRCニューズレターが100号と読者数2,000人を同時達成!!
            ついでにホームページのアクセス数も4万突破!!
====================================

GBRCニューズレターはこの号でNo.100になりました。ついでに、読者数も配信登
録時で2,000人を突破しています(実際の配信数は、この号の配信後にならないと
確定しませんが)。2002年5月20日に、読者数わずか46人からスタートしてほぼ2
年間、サーバーがダウンしたときもありましたが、毎週休まずに発行を続け、記
念すべき100号と読者数2,000人を達成し、これも読者の皆様のおかげです。

ふと気付けば、GBRCのホームページもアクセス数が4万を超えておりました(多
分、突破したのは9日の午前でしょう)。最近は毎週500〜600アクセスで安定して
おり、こちらも皆様に支えられて(見られることを意識して)アップデートを頻繁
に行っております。

====================================
☆コンピュータ産業研究会のお知らせ(仮)
====================================

コンピュータ産業研究会のメーリング・リストで配信された開催日が変更になり
ましたので、今後の第91回と第92回の日程だけを簡単にご案内いたします。詳細
や申し込み要領については、次号以降になります。

■第91回
5月14日(金)18:30〜21:00
講師:木村誠氏 新潟経営大学経営情報学部専任講師
テーマ:デジタルコンバージェンスによるコンテンツとメディアの相補化
    ―コンテンツ流通のための情報処理と基本形態―

■第92回
5月24日(月)18:30〜21:00
講師:石井幹氏 アドビシステムズ 代表取締役社長
テーマ:アドビ システムズの企業戦略

====================================
☆社会ネットワーク分析の論文を読んだ気になろう(6)

 Uzzi, Brian(1997)
 "Social Structure and Competition in Interfirm Networks:
 The Paradox of Embeddedness."
 Administrative Science Quarterly, Vol.42, pp.35-67.
====================================

東京大学大学院経済学研究科の「経営文献講読」では、安田雪GBRC社会ネット
ワーク研究所長の協力も得て、2003年度の夏学期に「社会ネットワーク分析」の
基本的な論文12本を読みました。最近、ソーシャル・キャピタルの研究としても
注目されるこの分野の古典的な論文を何本かピックアップして内容を紹介しま
す。とても一人では読む気にならない社会ネットワーク分析の論文を「斜め読み
して読んだ気になろう」(?)という大胆な連載です。忙しい人は、最初の《リ
サーチ・クエスチョン》と最後の《結論と評価》だけを読んでも、何の論文だっ
たかは分かりますよ!? 大胆すぎて間違っていたら、後で訂正します。

【高井文子・山口洋平】

《リサーチ・クエスチョン》

 取引関係は「埋め込まれた紐帯(embedded ties)」と「市場取引的な紐帯
(arm’s length ties)」の二つに分類される。そこで、(1)「埋め込まれた紐
帯」の特徴を特定し、(2)こうした特徴をもつ「埋め込まれた紐帯」を「市場取
引的な紐帯」と対比することで、「埋め込まれた紐帯」がいかにして組織的な成
果や経済的な効果をもたらすのかについて、プラスとマイナスの効果に整理し、
どのように企業ネットワークの競争優位に結びつくのかを明らかにする。

《本文要旨》

 埋め込まれた紐帯の特徴と機能を示す要素として三つが示される。

?信頼(trust)
 信頼とは、i)自己のパートナーを犠牲にして利己的な行動をとらず、また、
ii)リスクを計算して対応するといった行動ではなく、パートナーの動機や行動
を解釈する際に最もよいケースを仮定するという「ひいき的」なヒューリス
ティックスに基づいて行動する、ということである。こうした信頼によって、
i)意思決定のスピードが速められるので、認知的な資源が節約され、また
ii)市場取引的な紐帯では交換することが困難な「特別で価格をつけることが困
難な資源」へのアクセスが促進されることになる。

?きめ細かい情報の伝達(fine-grained information transfer)
 きめ細かい情報の伝達とは、属人的で暗黙知的な情報が伝達されるということ
である。ここで、埋め込まれた紐帯でやり取りされるきめ細かい情報には、実際
に自分で経験して学習することによって獲得される暗黙知的な情報ばかりでな
く、戦略と利益に関わる情報も含まれる。したがって、いかに行動すべきかとい
う選択肢を広げたり、長期間にわたる予測の精度を高めるといった利益が得られ
るのである。

?共同問題解決の取り決め(joint problem-solving arrangement)
 問題解決メカニズムとは、仕事が進行しているなかで職務が調整され、その結
果として問題が解決されるという機能である。このような共同の問題解決の取り
決めが存在することによって、市場取引のような「退出か存続か」という二者択
一に陥ることなく、学習とイノベーションが促進され、その結果ネットワークが
豊かになっていくことにつながるのである。

 次に、この論文では、こうした特徴をもつ「埋め込まれた紐帯」を「市場取引
的な紐帯」と対比することで、「埋め込まれた紐帯」が企業および企業ネット
ワークに与える効果についての命題を提示している。この論文のユニークな点
は、その効果をプラスとマイナスの効果に整理したところにある。埋め込まれた
紐帯が与えるプラスの効果としては四つがあげられている。

(a)時間の経済(economies of time)
 時間の経済性とは、市場機会をいち早く「モノ」にする力のことである。「市
場取引的な紐帯」の場合には、それを補完する様々な取引慣行をあらかじめ決め
ておくことが必要とされるが、「埋め込まれた紐帯」の場合は、そのような取引
慣行は生産と同時並行的か、あるいは生産開始後に決められることが多く、その
ためいち早く市場機会を捕らえることが可能になるのである。さらに埋め込み
は、分配の効率性や価格決定にも重要な影響を及ぼす。なぜなら、埋め込まれた
紐帯のもとでは、価格による市場調整システムのもとでは不可能な、製品設計や
操業度を顧客の選好に合わせることが可能であり、したがって無駄が生じないか
らである。

(b)統合的な同意(integrative agreements)
 「埋め込まれた紐帯」においては、資源をプールし、互いにとって利益のある
解決策を促進するような「統合的な合意」が行われる可能性が高く、そのため
「市場取引的な紐帯」を通じては取引できないタイプの資産や利益をやり取りす
ることが可能となる。また、この効果は、定性的な特徴(たとえば高品質か低品質
かなど)を問題となる取引の場合に、特に大きな役割を発揮することになる。

(c)投資(investment)
 「埋め込まれた紐帯」のもとでは、通常の市場取引のもとで期待される投資の
レベルよりも多くの「投資」が行われる。これは、目先の利益だけでなく、信頼
感や相互理解に基づいた株式の持ち合いなどが行われることによって生じるもの
であり、これによって、通常の市場取引では生じ得ないような経済的機会が得ら
れる可能性がある。

(d)配分に関するパレート改善(Pareto improvements in allocative 
  efficiency)と複雑な適応(complex adaptaion)
 「埋め込まれた紐帯」のもとでは、新古典派が主張するような価格システムに
よる最適な調整を補完するものとして、「情報のやりとりを介した複雑な適応」
が行われ、また、ゲーム理論で言うところの有限回繰返しゲームに該当する取引
において、その終わりが分かっている場合であっても協調的関係が保たれ、「パ
レート改善」をもたらすような行動がとられるケースがある。

 しかし、こうしたプラスの効果は、埋め込みの程度がある閾値を越えてしまう
と、今度は逆に作用することになる。すなわち、企業が過剰に埋め込まれてしま
うと、外的なショックに対して脆弱になったり、あるいはネットワークの外に存
在する情報から隔離され、かえって経済的成果を損なうことになるという「マイ
ナス」の効果が生じるのである。これが「埋め込みのパラドックス(Paradox of
embeddedness)」であり、本論文の最もユニークで興味深い議論の部分である。
 そのまず一つ目にあげられるのは、核となる企業が退出した場合、特にその
ネットワークの埋め込みのレベルが高いほど、ネットワークは脆弱性を露呈し、
その存続が危ぶまれることになるということである。二つ目は、市場を「合理
化」しようとする力が働いた場合、埋め込まれた紐帯で構築されたネットワーク
は脆弱で、不安定であるということである。そして皮肉にもこのリスクは、特に
ネットワークに多く投資してきた企業に対して大きな影響をもたらしてしまうの
である。三つ目は、「すべての紐帯が埋め込まれた紐帯でつながっている」場
合、つまり、ネットワークが「過剰に埋め込まれている」場合には、多くのデメ
リットがもたらされることをあげている。これはたとえば、イノベーティブなア
イディアをもたらす外部へのリンクが無くなったり、義務感や友情によって、効
果的な経済活動が行われなくなるということだけでなく、企業を自滅のサイクル
におとしめるほどの悪意や仕返し等の強烈な負の感情を生み出すこともあるとい
うことである。そして、以上から、最適な組織ネットワーク構造は「埋め込まれ
た紐帯と市場取引的な紐帯との混合によって作られたネットワーク」であるとい
うことが示唆されるのである。
 こうした考察をもとにして、ニューヨークのアパレル業界の企業家的企業23社
を対象としたフィールドワーク調査の結果も分析されている。

《結論と評価》

 交換における埋め込みの論理(an embedded logic of exchange)においては、
「信頼(trust)」が支配的な統御機構(governance structure)となり、リスク計
算やモニタリング・システムは二次的な役割しか果たしえない。さらに、情報の
伝達は、純粋な市場取引における典型的な価格情報のやり取りよりも、きめ細か
く(fine-grained)、暗黙的(tacit)に、総合的(holistic)に行われ、また、共同
の問題解決の仕組みによって退出(exit)よりも発言(voice)が促される。もっと
ミクロな行動のレベルについて見ると、行為者は計算的に行動するのではなく、
ヒューリスティックで定性的な決定ルールに従って行動し、また、彼らは徹底的
に自らの利益を追求するのではなく、長期的で協調的な紐帯を育くもうとする。
そして、これらの要素が、行為者の適応を調整し、製品を市場へ供給するスピー
ドを早め、消費者の需要と生産とを一致させる上での代替的なメカニズムを提供
するのである。 
 この論文は、こうして経済学のフレームワークで説明できない現象があるとい
うことを主張しているのだが、同時に、ネットワーク理論の研究に対して「埋め
込まれた紐帯」のネットワークにおける「過剰な埋め込み」のマイナスの効果を
指摘した点がユニークである。しかし、その結果として、結局は、最適なネット
ワークの構造は「埋め込まれた紐帯と市場取引的な紐帯との混合された形態」で
あるという結論になってしまうのでは、ややつまらない。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
編集/発行
特定非営利活動法人 グローバルビジネスリサーチセンター (略称:GBRC)
〒100-6309 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング9階 960区
(丸の内アカデミック・スイーツ/The Marunouchi Academic Suites 内)
電話: 03-5208-4272 FAX: 03-5208-4273
メール・アドレス: info@gbrc.jp URL: http://www.gbrc.jp/

Copyright (c)2004 Global Business Research Center. All rights reserved.
このニューズレターに掲載された記事を許可なく使用することを禁じます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


GBRCニューズレター

発行周期: 週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,027部

ついでに読みたい

GBRCニューズレター

発行周期:  週刊 最新号:  2019/02/18 部数:  1,027部

他のメルマガを読む