NSJ-IPO情報局

NSJ-IPO情報局Weekly第719号

カテゴリー: 2019年03月09日
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 NSJ-IPO情報局Weekly第719号
     2019年3月9日発行
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コンテンツ
1、新規上場スケジュール
2、ブックビルディング大作戦 ギークス
3、ブックビルディング大作戦 gooddays
4、IPO診断 ダイコー通産
5、新規上場紹介 エードット
6、来週の展望 幕あいつなぎの資金流入
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


◇◇◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日本証券新聞Digital
 http://www.nsjournal.jp/

 スマホに完全対応、日本証券新聞をいち早く
 お届けしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◇◇


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□1、新規上場スケジュール
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

3/5(火) 日本国土開発(1887・東証)
3/12(火) ダイコー通産(7673・東2)
3/13(水) サーバーワークス(4434・東マ)
3/13(水) ウイングアーク1st(4432・東1)
3/14(木) エヌ・シー・エヌ(7057・JQ)
3/15(金) カオナビ(4435・東マ)
3/18(月) 共栄セキュリティーサービス(7058・JQ)
3/19(火) KHC(1451・東2)
3/19(火) ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436・東
マ)
3/19(火) コプロ・ホールディングス(7059・東マ)
3/20(水) ギークス(7060・東マ)
3/25(月) gooddaysホールディングス(4437・東マ)
3/28(木) 日本ホスピスホールディングス(7061・東
マ)
3/28(木) フレアス(7062・東マ)
3/28(木) NATTY SWANKY(7674・東マ)
3/29(金) Welby(4438・東マ)
3/29(金) エードット(7063・東マ)
4/3(水) 東名(4439・東マ)
4/8(月) ヴィッツ(4440・東マ)


※詳細はこちら
http://www.nsjournal.jp/news/detail.php?id=24796


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□2、ブックビルディング大作戦 ギークス
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

■3月20日IPO予定のギークス(7060・東マ)
がブックビルディング期間(3月5~11日)を迎える。

【順調発進の公算】
 IT人材不足が慢性化する中、同社はITフリーラン
スを活用した技術リソースシェアリング、フィリピン最
大級の日系テックスクールなどを通じたエンジニア育成
などを行う。ほかに、スマートフォン向けゲーム制作、
VR(仮想現実)・3Dホログラムなどを活用した動画
コンテンツ制作、ゴルフ専門情報サイト「グリッジ」の
運営を手掛ける。今3月期は売上高の半分をゲーム事業
が占め、技術シェアリングは同35%となる見込み。

 目論見書に記載された想定発行価格(1930円)か
ら算出した資金吸収額は約18億円で、マザーズの中型
案件となる。

 上場前株主の大半にロックアップが掛かる。中で公開
価格の1・5倍以上でロックアップが解除される投資事
業組合の保有株は、売り出し控除後で合計62万
1520株(想定発行価格で12億円)。時流に乗る業
態の上、割高感はなく、荷もたれ感が強く意識される水
準でもないことから順調発進が想定される。ビックビル
ディングは「やや積極的」。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□3、ブックビルディング大作戦 gooddays
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

■3月25日IPO予定のgooddaysホールディ
ングス(4437・東マ)がブックビルディング期間
(3月7~13日)を迎える。

【不動産×IT】
 同社は不動産領域とIT領域で事業展開する持ち株会
社。不動産領域では、賃貸物件のリノベーションをデザ
インから施工まで一貫体制で手掛けるほか、賃貸仲介や
物件運営も手掛ける。
 政府は賃貸借契約の電子化やIT経由の重要事項説明
解禁など、不動産領域のIT利用を後押しする法改正を
実施。中で同社は賃貸申し込みのオンラインプラット
フォームの構築や、賃貸借契約のIT化、空き家対策の
推進、他社との連携などで成長を目指す。なお、賃貸借
契約のIT化おより空き家対策では三菱地所と提携。他
社連携では東急不動産HDや小田急電鉄と協力関係にあ
る。

【順調発進の公算】
 目論見書に記載された想定発行価格(2280円)か
ら算出した資金吸収額は7億円弱。マザーズの軽量案件
となる。

 上場前株式保有者のすべてにロックアップが掛かる上、
ロックアップ解除条項は「期間基準」のみ。少なくとも
上場90日間は既存株主の換金売りで需給が崩れる展開
はほぼないと考えられる。
 このところ不動産関連の業態人気は低下しているが、
軽量感と需給に十分配慮されたIPO設計を手掛かりに
順調発進が期待される。ブックビルディングは「やや積
極姿勢」。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□4、IPO診断 ダイコー通産
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

【公開価格】1540円
【公開価格のPER】9・6倍
【公募株数】16万株
【売出株数】38万2400株(このほかオーバーアロ
ットメントで8万1300株)
【参考企業(今期予想PER)】
田中商事(6倍)、イワブチ(26倍)、フォーバル
(11倍)、大興電子通信(17倍)
【Dr.IPOの見立て】
CATVなど向け専門商社。資金吸収額10億円未満の
小型案件。地味な業態ながら4K・8K関連、5G関連
の面もあり堅調発進へ。初値予想1900円。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□5、新規上場紹介 エードット
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

■エードット(7063)が3月29日、マザーズに新
規上場する。

 現在、顧客の企業や商品、サービスのブランド価値を
高めるソリューションを提供するブランディング事業を
展開している。

 主要サービスの1つである「SPサービス」では、商
品やサービスの売り上げ拡大に向け、消費者の認知度や
購買意欲の向上を図るソリューションを提供。具体的に
は、プレゼントキャンペーンや店頭プロモーションの企
画・制作、試供品配布などサンプリングやSNS(交流
サイト)と連動したキャンペーンの企画・運営、テレビ
CMの制作とそれに伴うタレントのキャスティングなど。

 また、商品やサービスがメディアに取り上げられ消費
者の注目を集めるよう、PR戦略の企画立案やイベント
実施を行う「PRサービス」、ロゴやポスター、ウェブ
サイトなどの企画制作を行う「クリエイティブサービ
ス」、SNS利用者が情報を拡散したくなるような企画
立案などを行う「バズサービス」なども主要サービスに
挙がる。

 このほか、スキル、マインドを伝えたいアスリートと、
アスリートの知識や経験に触れたい人々を結ぶマッチン
グサイトの運営も手掛ける。これらソリューションを顧
客ニーズに合わせて複合的に組み合わせて提供している。

 今後はさらなる成長を目指し、事業開発事業やアジア
を中心にブランディングサービスを行う海外事業など周
辺事業に積極展開していく。


事業内容=セールスプロモーションやPR、クリエイテ
ィブなどの企画・制作・実施運営を行うブランディング
事業
本社=東京都渋谷区渋谷2―16―1
代表者=伊達晃洋代表取締役社長
設立=2012年7月
上場前資本金=5983万8000円
発行済み株式数=231万9000株(上場時)
筆頭株主=伊達晃洋(上場前61.02%)
公募株式数=55万株
売出株式数=5万株(このほかOAで9万株)
仮条件=3月11日に決定
ブックビル期間=3月12日から18日まで
引受証券=みずほ(主幹事)、SMBC日興、SBI、
エース、いちよし、マネックス、岡三、岩井コスモ


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
□6、来週の展望 幕あいつなぎの資金流入
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

■来週の新興市場は、内需株、テーマ株、材料株に幕あ
いつなぎの資金が流入しやすい局面とみる。

 IPO銘柄でのサヤ抜き指向も強まろう。3月第2週
にIPOする4銘柄は、「成長期待株」のカオナビ(4
435・東マ)とサーバーワークス(4434・東マ)、
「高配当利回り株」のエヌ・シー・エヌ(7057・J
Q)とダイコー通産(7673・2部)と、タイプが2
つに分かれる。

 一番人気はカオナビ。「社員の離職防止」「働き方改
革」といったテーマに乗る。赤字だが値ごろ感がある。
サーバーワークスはカオナビに値ごろ感の面で見劣りす
るため2番人気のようだ。
 エヌ・シー・エヌ、ダイコー通産は資金吸収額(10
億円以下)、配当利回り(3%前後)の面で同水準だが、
前者は3月期企業で権利取り妙味の観点から3番人気に。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

最後まで読んでいただきありがとうございました。
◎ご注意◎
日本証券新聞が提供する情報は、証券投資判断の参考と
なる情報の提供を目的としたもので、投資勧誘を目的と
して作成されたものではありません。
最終的な投資判断は投資家自身の判断でなさるようお願
いいたします。
また、掲載されている情報の正確性については万全を期
しておりますが、何らかの理由により間違いのある可能
性があります。
さらに、これらの情報に起因する損害に関し、当社は一
切責任を負いません。
このメールマガジンに掲載されている記事の無断転載を
禁じます。
すべての内容の著作権は(株)日本証券新聞社、情報提
供社に帰属し、日本の著作権法並びに国際条約により保
護されています。

=========================
発行元 (株)日本証券新聞社
http://www.nsjournal.jp/

NSJ-IPO情報局

発行周期: 週刊+不定期 最新号:  2019/03/09 部数:  5,237部

ついでに読みたい

NSJ-IPO情報局

発行周期:  週刊+不定期 最新号:  2019/03/09 部数:  5,237部

他のメルマガを読む