SPC旅行通信

SPC旅行通信(まだまだ間に合う ゴールデンウィーク旅行)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

        SPC旅行通信(まだまだ間に合う ゴールデンウィーク旅行)
           海外自由旅行専門店SPCならではの旅行情報が満載!

                        2009年04月23日 VOL 325

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆




■まだまだ間に合う ゴールデンウィーク特集 
 燃油値下げ!円高!GWの予約を急げ!
http://www.spctour.jp/gw/

******************************************************
■海外ホテル365日24時間オンライン予約システム
http://www.spctour.jp/hotel

■海外旅行保険365日24時間オンライン加入システム
https://www2.ace-hoken.jp/travel/agent/18962/



Index
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

○  〜格安航空券&ツアー情報〜
○ シンガポール「1泊100円」キャンペーン
○ カナダ、観光列車ウィスラーマウンテニア号が5月から運行
○ ドバイ政観、日本向けのパンフレットを作成

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


○  〜格安航空券&ツアー情報〜

※今週のおすすめ格安航空券

●¥19,000〜【航空会社未定】関空発 直行ソウル 
http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=KIXSELSPTPI

●¥208,000【早割ビジネス】成田発 エア・カナダ ビジネスクラス バンクーバー
http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=6NRTACYVRAP14Z

●¥238,000【早割ビジネス】成田発 エア・カナダ ビジネスクラス トロント
http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=6NRTACYYZAP14Z

●関空発 大韓航空利用 シドニー/ブリスベン/メルボルン
http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=4KIXKEAUSV

●【2都市以上利用限定】カンタス航空利用シドニー他オーストラリア周遊
成田発:http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=4NRTQFPASS
大阪発:http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=4OSAQFPASS
中部発:http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=4NGOQFPASS
福岡発:http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=4FUKQFPASS
札幌発:http://www.spctour.jp/ticket/detail.php?ticket_cd=4SPKQFPASS


※今週のおすすめツアー

●【ぷらっと一人旅&選べるホテル】同日着で滞在時間たっぷり ヨーロッパ
パリ  :http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=KECPNPAR1UP
ロンドン:http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=KECPNLON1UP

●関空発 人気のヨーロッパ1都市滞在 6日間プラン
ロンドン  :http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4KIXKLLON06
パリ    :http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4KIXKLPAR06
ブリュッセル:http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4KIXKLBRU06
バルセロナ :http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4KIXKLBCN06
プラハ   :http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4KIXKLPRG06
ローマ   :http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4KIXKLROM06
ウィーン  :http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4KIXKLVIE06

●フィンランド航空&大型客船利用ストックホルム&タリン&ヘルシンキ8日間
関空発:http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4KIXAYTLL08
成田発:http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4NRTAYTLL08
中部発:http://www.spctour.jp/tour/detail.php?course_cd=4NGOAYTLL08


○ シンガポール「1泊100円」キャンペーン

 シンガポール政府観光局はシンガポール航空、シンガポール民間航空局、ト
レードウインズなどと共同で、ホテルの宿泊料金を割引するキャンペーン「シ
ンガポール・ストップオーバー・ホリデイ」を実施します。名前の通り、シン
ガポール経由旅行の往路か復路いずれかで対象ホテルに宿泊した人が対象とな
ります。4月15日から5月15日までの期間に予約し、9月30日までに宿泊すると、
2名1室利用の1名分、1泊目の料金が100円になります。

<対象ホテル>
オールソン・ホテル、ホテル・ロイヤル、ホテル・ロイヤル・アット・クイーンズ
ホテル・リー・アット・パールズ・ヒル、パラマウント・ホテル、ペニンシュラ・
エクセルシオール・ホテル


○ カナダ 観光列車ウィスラーマウンテニア号が5月から運行

 バンクーバーとウィスラーを結ぶ観光列車、ウィスラーマウンテニア号の今
シーズンの運行は5月12日から10月6日までとなります。ノースバンクーバー発
は、住宅街、スタンレー公園、ダウンタウンなどを通ってホーシューベイへと
進み、美しいフィヨルドのハウ海峡やコースト山脈を見ることができます。復
路のウィスラー発は逆の流れになり、ノースバンクーバー着は18時頃なので、
秋にはハウ海峡の辺りで美しい夕日を眺めることができるでしょう。往路は朝
食、復路はアフタヌーンティーが付き、ゆったりと美しい景観を楽しめます。

<運行スケジュール>
 ノースバンクーバー発(08:30) ⇒ ウィスラー着(11:30)
 ウィスラー発(15:00) ⇒ ノースバンクーバー着(18:00)


○ ドバイ政観 日本向けのパンフレットを作成

 ドバイ政府観光・商務局はこのほど、日本人旅行者向けのパンフレット「魔
法のランプ〜アラビアン・リゾート〜ドバイ」の配布を開始しました。7年ぶ
りの刷新となる今回は、「新・旧の対比」をテーマにモダンな新市街とエキゾ
チックな旧市街、さらにオアシスと砂漠で体験できるアクティビティを紹介し
ています。贅沢さだけでなく、アラビア文化と最先端都市の融合といったドバ
イならではの魅力がわかりやすくまとめられています。


編集後記
★☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★
今週は、大阪のローカルな話です。
大阪のナンバの近くにある南堀江にある会社に訪問することになりました。

南堀江と言えば20年位前に1回行ったきりです。
その時の記憶というか、イメージは、立花通りという家具屋街があって
少しさびれたような、倉庫が立ち並ぶようなあいまいな記憶しかありません。

今回、地下鉄ナンバ駅を降りて、地上に出て変わり様にビックリしました。
まず、目の前に「湊町リバープレイス」という複合施設の近代的な建物に
ビックリ!さらに、そばを流れる道頓堀川に遊覧船が行き来していて、船着場も
整備されていて、川沿いには、おしゃれなショップやレストランが並んでいます。
すばらしいウォーターフロントゾーンとして再開発されています。

そして、訪問先の会社に着いて、話を聞くと、この辺りは、ちょっと前まで
倉庫街で、お店やレストランも少ないさびしい所だったそうです。

数年前から「湊町リバープレイス」の出現や以前、家具屋街だった
「立花通り」に洗練されたファションショップやデザイン家具を扱う店が
アメリカ村の延長線上に進出してきて、にぎわってきたそうでう。
若者の街、アメリカ村を卒業したハイセンスなOLや学生が南堀江に
流れてきて、買い物や食事を楽しんでいるとのことでした。

私もその会社を出て、南堀江とやらをブラつきましたが、平日にもかかわらず
人通りも多く、おしゃれな店にたくさんの若者が入っていました。

ぜひ、大阪以外の人も、大阪に来る機会があったら南堀江をのぞいてみる価値
ありです!当社の「旅のリンク集」にもある大阪の注目スポットを紹介している
メディックウェブさんのホームページに「堀江エリア」の特集がありました。
http://www.medic-web.jp/page/area/horie.html

*********************************************************************

当社社員が「イタリア ローマ&フィレンツェの旅」に行ってきました。
今週から、イタリア旅行記を掲載しますので、ぜひ、イタリア旅行を
計画されている方は、ご参考にして下さい。

「イタリア ローマ&フィレンツェ旅行記」第2話

ローマは地図で見ると観光箇所も多くとても広く感じるのですが、実 
際はそうでもなく、主要の観光箇所は、頑張ったら歩いてまわれます。

最初にバチカンまで地下鉄で行き、サンピエトロ大聖堂で厳かな気持 
ちになり、そこからサンタンジェロ城、ナヴォーナ広場、パンテノ 
ン、トレビの泉でコインを投げて、ヴィツトリオエマヌエーレ2世記 
念堂をながめつつ、真実の口にかみつかれながら、カラカラ浴場まで 
一気に駆け抜けました!さすがにぐったりです。

ヴィットリオエマヌエーレ2世記念堂と真実の口の間くらいにコロッ
セオがあるのですが、最初にローマに1泊した際の朝の散歩の途中に
行っていたので、はしょりました。

イタリアはこの時期は観光客が一番少なく静かな時期ということで、
どこに行っても待ち時間がないのがすばらしかったです!美術館など
をゆっくり見て回るのもこの時期が最適ではないでしょうか。私は歩
いてまわりましたが観光地の近くにはだいだい地下鉄駅がありますの
で疲れたら地下鉄を使っても便利だと思います。

初日のローマはテルミニ駅近くのウニベルソに泊まりました。駅から 
近く、事前に地図を確認しておけば迷わず行けます。最近改装したと 
いうこともあり、お部屋の中はモダンであまりヨーロピアンな雰囲気 
ではありませんが、バスルームもきれいで日本人の宿泊客も多く、安 
心して泊まれるホテルだと感じました。テルミニ駅付近には庶民的な 
食べ物屋さんも多く、駅の中には大きなスーパーもあるので、旅行者 
にはとても便利です。(次週へ続く) 

「イタリア旅行記」を写真付でアップしました。↓
http://www.spctour.jp/travel/2009/2009rom/

********************************************************************
「河内娘メルマガ」4月20日号が届きました。 河内娘!香港で大暴れ?!
http://www.spctour.jp/travel/kawachi-musume.htm
★☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★


★☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★
会社名:総合ツアーシステム株式会社
ブランド名:SPC(エスピーシー)
〒530-0057 大阪市北区曽根崎2-2-1 梅新21ビル7階
TEL:06-6364-9393 FAX:06-6364-9366
メール:spc@sogotour.co.jp URL:http://www.spctour.jp
★☆∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞☆★

-【SPCからのおすすめ】------------------------------------------
旅先でお友達・ご家族との連絡、出張先でのやり取りに大変便利な携帯電話。
もはや海外旅行の必需品となりつつあります。海外携帯電話レンタルは↓
http://www.globalcellular.jp/agency/spctour/

海外にノートパソコンを持って行ってデータ通信をするなら↓
http://www.globaldata.jp/index.php?agent=0984
-----------------------------------------------------------------
関空で外貨両替するなら、泉州銀行がおトクです!!
http://www.spctour.jp/menu/bank.html
-----------------------------------------------------------------
ガイドブック・旅行用品が365日24時間オンラインで購入できます。
http://www.spctour.jp/book.htm
----------------------------------------------------------------- 

SPC旅行通信

発行周期: 週刊 最新号:  2018/12/07 部数:  322部

ついでに読みたい

SPC旅行通信

発行周期:  週刊 最新号:  2018/12/07 部数:  322部

他のメルマガを読む