日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

天皇陛下を「おじさん」 韓国議長、もう一つの侮辱発言

┠──────────────────────────────────
┃THE STANDARD JOURNAL~アメリカ通信~┃ http://www.realist.jp
┠──────────────────────────────────
├ 2019年2月15日 天皇陛下を「おじさん」 韓国議長、もう一つの侮辱発言
──────────────────────────────────
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【2月18日(月)20時~放送】
|※20時スタート※
|AJCN代表:山岡鉄秀&OTB代表:和田憲治のTSJ1

★ちなみに、今回のテーマは・・・内緒ですw
 お楽しみにw

https://youtu.be/7efPzE0pNpQ
http://live.nicovideo.jp/gate/lv318533783
https://freshlive.tv/otb

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

全世界のアメ通読者の皆さん、山岡鉄秀です。

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長による
天皇陛下に対する「非礼発言」には、驚き呆れましたね。

誤魔化そうとして失敗すると逆ギレする。
いつも同じパターンの反応を示すことがよくわかります。

私達は静かに無視すべきなのでしょうか?

実は文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、
一般に報道されている以上に無礼だったことがわかりました。

BTS騒ぎの際にお話した、一次資料に当たることの大切さです。

今回も、文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が
実際に何を言ったのか、精査しました。
すると浮かびあがったのは
日本の皇室をどんなことをしても侮辱したい
暗い暗い恨のメンタリティ-:「ハンタリティ」でした。

こちらをお読みください。

■■天皇陛下を「おじさん」 韓国議長、もう一つの侮辱発言■■

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長による
天皇陛下に対する「非礼発言」には、
日本国民も「また韓国か」とウンザリしていることだろう。
このような度し難い無礼が
次々と飛び出してくる原因は二つある。

一つは、北朝鮮と一緒になって核兵器保有の
「強国」になれると信じて突っ走る
文在寅(ムン・ジェイン)政権にとって、
日本に対する敵意を隠す必要がないからだ。

もう一つは、常に対立を避けようとする
日本政府の弱腰姿勢にある。

空虚な「遺憾砲」を撃つだけで、
何ら具体的な制裁措置も取れない。
だから韓国になめられる。
言葉で謝罪を要求しても無駄である。

中には「静観するのがよい」
などという意見も出ているが、
そのような主張をする人は
韓国人の気質が分かっていない。

拙書『日本よ、情報戦はこう戦え!』
(育鵬社)でも説明したが、
韓国人は相手が強いと見たら敬意を払い、
弱いとみたらとことん攻撃してくる。
日本が静観する、
つまり「抵抗を示さない」態度でいる限り、
嫌がらせはどこまでもエスカレートする。

そもそも「天皇陛下を侮辱されても静観しよう」
と言うのであれば、日本人をやめることをお勧めする。
そんな国は世界から尊敬されるはずがない。

とはいえ、激高する必要はなく、淡々と「制裁」すればいい。

確かに、韓国は遠からず自滅するかもしれないが、
放置すれば必ず実害が発生する。

ところで、多くの日本人は、
まだ文議長の本当の「無礼さ」を知らない。
配信されている日本語のニュースしか見ていないからだ。

しかも、文議長のインタビューを掲載した
米ブルームバーグ通信が後日、音声データを公表し、
「侮辱発言」が誤報ではないことがはっきりした。
メディアによって若干異なるが、
文議長の発言はだいたい次のように訳されている。

---
日本を代表する王(天皇)が
(元慰安婦に謝罪)するのが望ましい。
その方は近く退位されるというので。
その方は戦犯の主犯の息子ではないですか。
その方が元慰安婦のおばあさんらの手を握り、
謝罪の言葉を伝えればすっきりと解決する。
---

ただ、こういう時は、
常に原文にあたってチェックすることが大切だ。

今回の問題でも、
私は韓国語ができるスタッフに
文議長の発言音声を
そのまま文字通りに訳してもらい、
その上で韓国語の
ネイティブスピーカーにチェックしてもらった。

すると、次のような訳になった。

■■■
一言でいいんです。日本を代表する首相とか…
私は日本を代表する王(天皇陛下)がいいと思います。
彼は間もなく退任するといいますし。
彼は戦争犯罪の主犯の息子さんですし。
だから、そんなおじさんが一度、
(元慰安婦の)おばあさんの手を握って
『本当にすまなかった』と言えば、
その一言でちょうど解き放たれるのです。
(訳:西川こまつ)
■■■

各メディアは、天皇を指す言葉として、
文議長が「彼」「その方」
などを使ったように報じているが、
実は一度「両班(ヤンバン)」という言葉を用いている。

両班とは、前近代朝鮮の貴族階級を指す言葉だが、
現代の韓国語ではスラング(俗語)になっている。

この場合「おじさん」と訳されるが、
敬意を省いた意味であり、
韓国社会では年長者や上位者には
絶対に使ってはいけない表現なのである。
ましてや、外国の元首に使用するなどあり得ない。

文議長はこういう言葉を
わざと天皇陛下に用いることで、
さらに侮辱したのである。

このあくどさは想像を絶する。

それでも、こういう局面で
日本側が「無礼だ」「遺憾だ」「撤回して謝罪しろ」
などと、ただ騒いでも意味はない。

日本政府がいい加減に気付かなくてはならないのは、
そもそも韓国人を彼らが大好きな
「被害者ポジション」に就かせてはならない、
ということである。

韓国人は日本の被害者ではない。
特に、慰安婦問題に関しては間違いなく加害者だ。
「韓国人=被害者」という偽りの前提で
彼らに接してはいけない。

日本の施政下で、大勢の朝鮮人男性が
旧帝国陸軍に入ろうと入隊試験に殺到し、
倍率は10倍をはるかに超えたという記録が残っている。
そして最終的には、24万人強の
朝鮮軍人と軍属が日本軍に所属していた。
もちろん、彼らも慰安所を利用していたのである。

荒唐無稽な韓流(はんりゅう)
プロパガンダ映画である『軍艦島』にも、
朝鮮人のヤクザの親分が客として
朝鮮人慰安婦の元を訪れるシーンがある。
端島(軍艦島)には朝鮮人向けの遊郭があった。

ということは、朝鮮人労働者は
遊郭で遊べる給与を得ていたわけだ。

つまり、朝鮮人は客としての利用はもとより、
慰安所をビジネスチャンスと捉えて
女衒(ぜげん)として女性の売買を行い、
慰安所経営にも乗り出していたのである。

これを裏付けるような証言も、
米国立公文書館には残っている。
先の大戦末期の1945年4月、
米軍に捕らえられた朝鮮人捕虜の尋問調書である。
原文のまま紹介したい。

---
All Korean prostitutes that PoW have seen in the Pacific
 were volunteers or had been sold 
by their parents into prostitution.
 This is proper in the Korean way of thinking
 but direct conscription of women by the Japanese
 would be an outrage that the old and young folks alike
 would not tolerate. Men would rise up in a rage,
 killing Japanese no matter what consequence they might suffer.

Composite report on three Korean navy civilians, List no.78
---

太平洋で出会った朝鮮人売春婦は
全員自発的に売春をしているか、
親に売られた者だった。
これは朝鮮では通常のことだったが、
もし日本人が直接朝鮮人女性を徴用したら
朝鮮人は激高し、老いも若きも看過しなかっただろう。
男は怒りに駆られて決起し、
どんな犠牲を払おうとも日本人を殺しただろう。
(筆者訳)
---

韓国人の気質を考えれば、実に納得のいく回答であり、
この回答がすべてを表していると言っていいだろう。

活動家たちは戦争中の性犯罪のケースを
一つひとつ拾っては「慰安婦は性奴隷だった」と主張する。

確かに性犯罪はあった。

終戦直後のインドネシアで、武器の引き渡しなどをめぐって
旧日本軍とインドネシア人が武力衝突した事件と
同じ駐屯地で起きた「スラマン事件」はその代表例だ。

しかし、性犯罪は大戦当時においても
明らかな戦争犯罪であり、戦時下の性犯罪を
防止するために慰安婦制度が考案されたのである。

慰安婦制度自体は、民間で行われる売春を
可能な限り管理しようとするものだから、
その制度が機能する限りは給与もちゃんと支払われていた。

前述のように、朝鮮人も制度を理解していたから、
暴動がただの一度も起きなかった。
その代わり、同胞の女性が
無理やり連行されるようなことがあれば、
死を賭して抵抗する覚悟もあったのである。

このように、慰安婦制度は
朝鮮人の「協業」なしに成り立つことはなかった。
それどころか、朝鮮戦争中も韓国軍や米軍、
国連軍向けの慰安所を積極的に運営し、
女性を「慰安婦」「洋公主(ヤンコンジュ)」
などと呼んで酷使したのである。

日本としては、慰安婦制度を作ることによって
需要を生み出したことに対する道義的責任と、
貧困ゆえに身売りされて慰安婦に
ならざるをえなかった女性たちへの深い同情を感じ、
そして日本兵を慰安してくれたことに感謝する必要がある。

だからこそ、これまで何度も謝罪し、賠償も行ってきた。

しかし、韓国人、特に韓国人男性に
日本を非難する権利など微塵(みじん)もない。
他国の国家元首に謝罪を要求するなど
言語道断であろう。

日本の政治家は「遺憾砲」という名の
空砲を無駄撃ちするのではなく、
文議長のような考えの韓国人男性を、
しがみつく「被害者席」から
引きずり降ろさなければならない。

そのために特別な処置は何もいらない。

ただ検証された事実をもって、
慰安婦制度が「韓国人の協業なし」には
成り立たなかったことを証明すればいいのである。

( 山岡 鉄秀 :Twitter:https://twitter.com/jcn92977110 )
----------------------------------------------------------------

▼山岡鉄秀▼
AJCN Inc.代表・公益財団法人モラロジー研究所研究員
 1965年、東京都生まれ。中央大学卒業後、シドニー大学大学院、
ニューサウスウェールズ大学大学院修士課程修了。
 2014年、豪州ストラスフィールド市において、
中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像設置計画に遭遇。
子供を持つ母親ら現地日系人を率いてAJCNを結成。
「コミュニティの平和と融和の大切さ」を説いて
非日系住民の支持を広げ、圧倒的劣勢を挽回。
 2015年8月、同市での「慰安婦像設置」阻止に成功した。
著書に、国連の欺瞞と朝日の英字新聞など
英語宣伝戦の陥穽を追及した『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)

---

▼日本を貶め続ける朝日新聞との対決 全記録
ケント・ギルバート (著), 山岡鉄秀 (著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4864106592/

▼『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)
https://goo.gl/KfjLem

★『日本よ、情報戦はこう戦え!』(育鵬社)
https://www.amazon.co.jp/dp/4594080219/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

【2月18日(月)20時~放送】
|※20時スタート※
|AJCN代表:山岡鉄秀&OTB代表:和田憲治のTSJ1

★ちなみに、今回のテーマは・・・内緒ですw
 お楽しみにw

https://youtu.be/7efPzE0pNpQ
http://live.nicovideo.jp/gate/lv318533783
https://freshlive.tv/otb

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□

▼THE REALISTs リアリスト入門▼

なぜ、日本にリアリズムが必要なのか?
これまでニコニコ動画やYoutubeで展開してきた
The Standard Journalアメリカ通信でのメインテーマは、

『地政学』 『プロパガンダ』 『リアリズム』
の3つです。

これらの3つが足りない、理解できないから、
日本の危機を晴らすことができない...

「日本にはリアリズムが必要だ!」ということをずっと強調してきました。
でも、なぜ必要なのか?そもそもリアリズムって何なのか?
奥山博士に「リアリズム」についてじっくりたっぷりと解説して頂きました。

http://www.realist.jp/8realists.html

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
※このメルマガは転送自由です。(ただし出典を残して下さい)

★オンザボード「LINE@」登録QRコードはこちら★
→ https://line.me/R/ti/p/%40gor8025e

▼Youtube THE STANDARD JOURNAL1
https://www.youtube.com/c/OTB/live

▼ニコニコ動画 THE STANDARD JOURNAL1
http://ch.nicovideo.jp/strategy

□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□□
株式会社 オンザボード(http://www.on-the-board.co.jp/)
和田憲治Twitter:https://twitter.com/media_otb

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

発行周期: 週刊、不定期 最新号:  2019/03/18 部数:  13,777部

ついでに読みたい

日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信

発行周期:  週刊、不定期 最新号:  2019/03/18 部数:  13,777部

他のメルマガを読む